J2プレーオフ(J1昇格プレーオフ)の出場条件とルールは?

2012年から開始されたJ2プレーオフ。正式名称はJ1昇格プレーオフ。名前の通りJ1昇格をかけた大事なプレーオフとなっています。J1昇格がかかっているため、このプレーオフの導入によってJ2も最後の最後まで目を離せなくなりました。

サッカーに限らず何事においてもそうですが、出場条件などのルールを前もって知っておくことでより楽しく観戦することができると思います。特にJ2はJ1に比べると注目度も低いですが非常に面白いリーグでもありますので知っておいて損はないと思います。

プレーオフが始まってからルールを知るより先に知っていた方が絶対に面白いはず!ということでJ1昇格プレーオフに出場するための条件やルールの説明をしていきたいと思います。

⇒続きを読む


清水エスパルスはJ2降格圏から脱出できるのか?J1に残留するために残された道は?

Jリーグが始まって23年目の2015年。23年間J1の座を守り続けてきた清水エスパルスのJ2降格が現実味を帯びてきてしまいました。

2015年9月27日現在、年間総合順位で最下位の18位に沈んでいる清水エスパルスがJ1に残留するための最低条件はどのようになっているのか見ていきたいと思います。

清水エスパルスは1993年のJリーグ初年度から参加している『オリジナル10』の1クラブでもあり鹿島、横浜F・マリノス、名古屋とともにJ2降格を経験したことのないクラブなので降格となれば話題にもなってしまうことでしょう。(2015年10月16日追記あり)

⇒続きを読む


J1の優勝ラインと降格ラインの勝ち点と勝数の目安は?

Jリーグも終盤が近づいてくると気になるのが優勝争いと降格・残留争いになってくるかと思います。

そこで優勝ラインと降格ラインを過去のシーズンの勝ち点と勝数から目安を見ていきたいと思います。

参考にするシーズンは2015年と同様に18チームでの2回戦総当りで勝ち点は勝利3、引分け1、敗戦0となった2005年以降ものとします。2005年〜2009年までは16位のチームはJ2との入れ替え戦がありましたが現在と同じく自動降格圏として見ていきます。

⇒続きを読む


アスルクラロ沼津が所属するJFLってどんなリーグ?リーグ方式や昇格・降格について【サッカー】

サッカー元日本代表のゴン中山こと中山雅史選手が、アスルクラロ沼津に加入し現役復帰することになりました。

アスルクラロ沼津はJFLに所属するチームの1つですが、JFLとはどんなリーグなのか簡単にではありますがまとめてみました。

JFLの試合はテレビ中継もなくニュースなどで取り上げられる機会も少ないですが、Jリーグのチームと対戦する可能性のある天皇杯の試合はテレビ中継されることもありますので、少し知っているだけでも楽しみ方が増えるのではないでしょうか。

⇒続きを読む


Jリーグ・昇格と降格の条件は?J1からJ3までまとめました【2015年版】

こちらは2015年度の情報となっています。2017年のJリーグに関するページは下記となっています。

【2017年版】J1リーグの降格などに関するルールは?
【2017年版】J2リーグの昇格や降格などに関するルールは?
【2017年版】J3リーグの昇格などに関するルールは?
J1・J2・J3の昇格と降格のパターン表【Jリーグ】

Jリーグはプロ野球と違い昇格・降格システムがあることはご存知でしょうが、その条件がよくわからない人も多いのではないでしょうか。

この仕組みを知っているだけで、昇格・降格の熾烈な争いを楽しく見れると思いJ1からJ3までの条件をまとめてみました。(2015年版)

⇒続きを読む


天皇杯に出場の松江シティFCってどんなチーム?2015年リーグ戦の成績や主な選手は?

サッカー天皇杯2015に出場中の松江シティFC(島根代表)が2015年9月5日(土)2回戦で川崎フロンターレ(J1)と対戦します。(NHK BS1で19:00から生中継予定)

天皇杯の魅力の1つと言えば格下チームが格上チームを倒すジャイアントキリング。2015年も1回戦でFC大阪(大阪代表)がセレッソ大阪(J2)に勝ってジャイアントキリングを起こしています。

松江シティFCも川崎フロンターレ相手にジャイアントキリングを狙っているでしょうが、松江シティFCってどんなチームなのでしょうか?2015年のリーグ戦成績、主な選手ともにまとめてみました。

⇒続きを読む


ACL2015準々決勝で全北現代と対戦するガンバ大阪 過去の韓国チームとの対戦成績

アジア最強クラブチーム決定戦でもあり優勝するとFIFAクラブワールドカップ2015の出場権も獲得できるACL(AFCチャンピオンズリーグ)の準々決勝に日本からはガンバ大阪と柏レイソルが出場します。

2008年にACLを制したガンバ大阪は全北現代(韓国)と8月26日、9月16日にホーム&アウェーで準決勝進出をかけて戦います。

⇒続きを読む