【2017年版】J2リーグの昇格や降格などに関するルールは?

22チームが参加して行われる2017年のJ2リーグ。上位に入ればJ1リーグへ昇格、下位に沈んでしまうとJ3リーグへの降格の可能性があり観ている方としては非常に楽しみがあるJ2リーグ。そこで2017年のJ2リーグの簡単なルールのおさらいとJ1リーグへの昇格、J3リーグへの降格条件を中心に見ていきましょう。

2017年度のJ2リーグ参加チーム

まずは2017年のJ2リーグを戦う22チームを確認しておきますね。2016年もJ2リーグで戦った18チームとJ1リーグから降格してきた3チーム、J3リーグから昇格してきた1チームの計22チームとなりますが参加チームは下記の通りとなっています。※( )内は2016年の順位

名古屋グランパス(J1 16位)
湘南ベルマーレ(J1 17位)
アビスパ福岡(J1 18位)
松本山雅FC(J2 3位)
京都サンガF.C.(J2 5位)
ファジアーノ岡山(J2 6位)
FC町田ゼルビア(J2 7位)
横浜FC(J2 8位)
徳島ヴォルティス(J2 9位)
愛媛FC(J2 10位)
ジェフユナイテッド千葉(J2 11位)
レノファ山口FC(J2 12位)
水戸ホーリーホック(J2 13位)
モンテディオ山形(J2 14位)
V・ファーレン長崎(J2 15位)
ロアッソ熊本(J2 16位)
ザスパクサツ群馬(J2 17位)
東京ヴェルディ(J2 18位)
カマタマーレ讃岐(J2 19位)
FC岐阜(J2 20位)
ツエーゲン金沢(J2 21位)
大分トリニータ(J3 優勝)

2017年のJ2リーグにおける順位決定のルール

2017年のJ2リーグもJ1リーグへの昇格やJ3リーグへの降格をかけた熾烈な争いとなりますが覚えておきたいルールは以下の通りです。

・各チームがホームアンドアウェイ方式の総当たり戦で年間42試合を戦い合計勝ち点の多いチームが上位となる。
・試合は前後半45分の計90分で行い延長戦は行わない。
・勝ち点は勝利で3点、引き分けで1点、敗戦で0点が与えられる。
・勝ち点で並んだ場合は(1)得失点差(2)総得点数(3)当該チーム間の対戦成績(4)反則ポイント(5)抽選の順で順位が決定されます。

スポンサーリンク

J1リーグへ昇格するための条件は?

J2リーグは上位に入るとJ1リーグへの昇格の可能性があります。基本的には3チームがJ1リーグへ昇格することができますがどのような条件でJ1リーグに昇格できるのか見ていきましょう。

・J2リーグで1位、2位のチームは自動昇格

J2リーグで2位以内に入った2チームは自動的にJ1リーグに昇格することができます。しかし、これには1つだけ条件が付いてきます。

・J1ライセンスが付与されていない場合はJ1リーグに昇格できない

基本的にはJ2リーグの1位、2位のチームはJ1リーグへ昇格ことができますが、J1ライセンスを付与されていない場合はJ1リーグへの昇格はできなくなってしまいます。このJ1ライセンスは付与されたり剥奪されたり流動的なものではありますが2017年4月現在、J1ライセンスを付与されていないチームは町田、水戸、讃岐の3チームです。

この3チームのいずれかがJ2リーグで1位か2位になってもJ1リーグへの自動昇格はできません。(J1ライセンスが付与されれば自動昇格できます)また、

・J2リーグの1位、2位チームがJ1ライセンスを付与されていない場合、3位以下の繰り上げはない

となっています。これはJ1ライセンスを付与されていないチームが1位か2位、もしくは1位と2位に入った場合は3位以下のチームが繰り上げで自動昇格になるのではなく、J1リーグへ昇格できるチームが減るということを意味しています。

例えばJ1ライセンスを付与されていないチームが1位か2位のどちらかに入った場合はJ1リーグ昇格チームは1チーム減、1位と2位に入った場合は2チーム減となります。これに伴ってJ1リーグからJ2リーグに降格するチームも同じ数だけ減るということになります。

・J2リーグの3位〜6位のチームはJ1昇格プレーオフに出場し優勝チームがJ1リーグへ昇格

J2リーグでは3位〜6位に入るとJ1昇格プレーオフに出場する権利を獲得することができます。このJ1昇格プレーオフで優勝すればJ1リーグへ昇格することができます。なのでJ2リーグで6位以内に入ればJ1リーグへの昇格の可能性が残されるということになります。しかし、自動昇格の1位、2位と同様

J2リーグの3位〜6位のチームのうちJ1昇格ライセンスを付与されていないチームはJ1昇格プレーオフに参加できない

となっています。仮にJ2リーグ3位〜6位のチームのうち1チームがJ1ライセンスを付与されていない場合は3チームで、2チームが付与されていない場合は2チームでJ1昇格プレーオフを戦うことになります。

3チームが付与されていない場合は残りの1チームがJ1リーグに昇格できます。

・J2リーグ3位〜6位のチームすべてがJ1ライセンスを付与されていない場合はJ1昇格プレーオフは開催されずJ1リーグへの昇格が1チーム、J1リーグからJ2リーグへの降格が1チーム減る

とありますが2017年4月現在、J1ライセンスを付与されていないチームが3チームしかないので、この条件に該当することはありません。

J3リーグに降格してしまう条件は?

J2リーグでは下位に低迷してしまうとJ3リーグへの降格の可能性があります。どのような条件でJ3リーグに降格してしまうのか見ていきましょう。

J2リーグの21位〜22位のチームはJ3へ自動降格

J2リーグで21位か22位の下位2チームになってしまうとJ3リーグへ自動降格となってしまいます。(J3リーグの1位、2位チームと入れ替え)しかし、これも絶対に降格するというわけではなく、条件があります。

J3リーグの1位、2位チームのどちらかがJ2ライセンスを付与されていない場合はJ3リーグの3位以下の繰り上げはなくJ2リーグ21位の自動降格はなくなる

基本的にはJ2リーグの下位2チーム(21位、22位)とJ3リーグの上位2チーム(1位、2位)が入れ替わるということになるのですが、J3リーグの1位、2位のどちらかがJ2ライセンスを付与されていない場合はJ2リーグ21位の自動降格がなくなります。

ライセンスは流動的なものですが2017年4月現在、J3リーグでJ2ライセンスを保有していないのは盛岡、秋田、福島、Y.S.C.C.横浜、相模原、藤枝、沼津、鹿児島、琉球の9チームです。

・J3リーグの1位、2位のチームがともにJ2ライセンスを付与されていない場合はJ3リーグの3位以下の繰り上げはなくJ2リーグの21位、22位のチームの自動降格はなくなる

J3リーグの1位、2位のチームともにJ2ライセンスを付与されていない場合はJ2リーグからの降格とJ3リーグからの昇格チームはなしということになります。

ここまでは簡単なのですがJ3リーグにはFC東京、ガンバ大阪、セレッソ大阪のU-23のチームが存在しています。これらの3チームはJ2リーグ昇格の対象外となるのですがJ3リーグで1位、2位になった場合はどのようになるのでしょうか。

・U-23のチームがJ3リーグで1位もしくは2位(1位、2位ともにU-23のチームも含む)になった場合はU-23のチームを除く年間順位上位2チームが繰り上げでJ2リーグへ昇格

U-23のチームはJ2昇格の対象外の為、たとえJ3リーグの2位以内に入ってもU-23チームを除く年間順位の上位2チームがJ2リーグ昇格の対象となります。

・年間順位上位2チームがJ2ライセンスを付与されていない場合はJ2リーグからJ3リーグへの降格チーム、J3リーグからJ2リーグへの降格はなくなる

このように見ると複雑でややこしいですが、単純にU-23のチームを除いたJ3リーグの年間順位上位2チームがJ2リーグに昇格し、J2リーグの21位と22位の2チームがJ3リーグに降格。

J3リーグのU-23のチームを除く上位2チームのうちどちらかがJ2ライセンスを付与されていない場合はJ2リーグ21位の降格はなくなり22位のチームだけ降格でJ3リーグからJ2リーグに1チームが昇格。

J3リーグのU-23のチームを除く上位2チームのどちらもJ2ライセンスを付与されていない場合はJ2リーグからJ3リーグへの降格チームもJ3リーグからJ2リーグへの昇格チームもなしと覚えておいていいと思います。

J2リーグの昇格や降格に関してのルールはややこしいですが、現状(2017年4月の段階)ではJ2リーグからJ1リーグに昇格できる可能性のあるチームは1〜3チーム。J2リーグからJ3リーグに降格する可能性のあるチームは0〜2チームとなっています。解りにくい場合は『パターン表』も作りましたのでご覧になってくださいね。

【2017年版】J1リーグの降格などに関するルールは?
【2017年版】J3の昇格などに関するルールは?
J1・J2・J3の昇格と降格のパターン表【Jリーグ】



スポンサーリンク