高校野球・夏の滋賀予選 大本命不在で秋春準優勝の近江兄弟社や春優勝の光泉はチャンスか【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権滋賀大会。昨年は比叡山が優勝し16年ぶり8回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

滋賀大会注目校へ
滋賀大会組み合わせへ

2015年秋季滋賀大会

ベスト8に進出したのは近江、滋賀学園、大津商、北大津、近江兄弟社、甲西、長浜、彦根翔陽。近江−滋賀学園は、1-1で迎えた4回裏に滋賀学園が3点を勝ち越し。5回裏にも1点を追加して突き放しますが、近江も6回表に3点を返すと7回表にも1点を返して同点に。しかし追いつかれた滋賀学園は9回裏に1点を奪い6-5でサヨナラ勝ち。大津商−北大津は、初回に4点を先制した北大津が3回裏、5回裏にも1点ずつ追加。大津商も6回以降に3点を返しますが、7-3で逃げ切った北大津が勝ちました。

近江兄弟社−甲西は、3回裏に甲西が2点を先制しますが4回表に近江兄弟社が一気に6点を奪い逆転。6回表にも4点を追加した近江兄弟社が10-3の7回コールド勝ち。長浜−彦根翔陽は、0-0で迎えた7回裏に彦根翔陽が1点を先制。1点が遠かった長浜は9回表にようやく1点を奪い1-1の同点に追いつくと延長14回表、一気に4点を勝ち越し。彦根翔陽も14回裏に3点を返しますがあと1点届かず5-4で長浜が勝ちました。

準決勝の滋賀学園−北大津は、5回までに4-0と北大津がリード。リードされた滋賀学園は6回表に2点を返すと8回表に4点を奪い逆転に成功。しかしその裏に6点を奪った北大津が10-6で勝利。長浜−近江兄弟社は、1-1で迎えた4回表に長浜が1点を勝ち越しましたが6回裏に近江兄弟社が2点を返して逆転。8回裏にも1点を追加した近江兄弟社が4-2で勝って決勝進出を決めました。

近江兄弟社−北大津の決勝戦は、2回裏に2点を先制した北大津が近江兄弟社に1点も与えないまま迎えた8回裏に1点を追加。9回表の近江兄弟社の攻撃も0点で抑えた北大津が3-0で勝ち、優勝を決めました。北大津と近江兄弟社、3位決定戦で勝った滋賀学園は近畿大会に出場。北大津と近江兄弟社は初戦敗退となってしまいましたが、滋賀学園は3勝を挙げて決勝進出。決勝では大阪桐蔭(大阪)に2-3で惜しくも敗れて優勝はなりませんでしたが、センバツ出場の切符を手にしました。

2016年春季滋賀大会

ベスト8に進出したのは彦根東、北大津、光泉、膳所、守山、近江兄弟社、草津東、滋賀学園。彦根東−北大津は、1回裏に1点を先制した北大津が小刻みに得点を重ねて5-1で勝利。光泉−膳所は、1回裏に膳所が1点を先制しますが、3回表に光泉が同点に追いつく。さらに5回表に2点を勝ち越した光泉が7回表にも1点を追加して4-2で勝ちました。

守山−近江兄弟社は、1-1で迎えた7回裏に近江兄弟社が1点を勝ち越し。8回表に守山も1点を返して同点としましたが8回裏に一挙7点を奪った近江兄弟社が9-2の8回コールド勝ち。草津東−滋賀学園は、初回に1点ずつを取り合って1-1で迎えた3回表に2点を勝ち越した草津東が、徐々に滋賀学園を突き放し6-2で快勝しました。

準決勝の光泉−北大津は、0-0で迎えた6回表に2点を先制した光泉が、最後までこの2点を守り抜いて2-0の完封で北大津を下しました。近江兄弟社−草津東は、4回表に1点を先制した近江兄弟社が5回表にも3点を追加。9回表にもダメ押しの1点を加えた近江兄弟社が5-0で勝って決勝戦へコマを進めました。

近江兄弟社−光泉の決勝戦は、1点をリードされた近江兄弟社が3回表に1点を返して同点に追いつきましたが、3回裏に1点を勝ち越した光泉が4回裏にも1点を追加。近江兄弟社も9回表に1点を奪って1点差としましたが逃げ切った光泉が4-3で勝ち、優勝を決めました。光泉は近畿大会に出場しましたが初戦で明石商(兵庫)に1-6で敗れてしまいました。

比叡山(私立・大津市)

昨年代表校。昨秋は近江兄弟社に2-3で敗れて3回戦敗退、今春は彦根東に4-5で敗れて1回戦敗退。秋春ともに準々決勝までに姿を消しましたが、昨夏の甲子園を経験した大原昌樹投手らを中心とする投手陣は安定しているので打線さえ上向きになってくればもっと上位を狙えるはずです。2年連続9回目の甲子園を目指して夏の大会に挑みます。

北大津(公立・大津市)

昨秋は県大会制覇、今春ベスト4。2季連続優勝は逃しましたが春季大会では3位決定戦も含めた5試合の総失点は7。全試合2失点以下に抑えており投手陣の安定感は秋季大会よりもアップ。打線がしっかりと機能すれば4年ぶり4回目の甲子園も見えてきそうです。

滋賀学園(私立・東近江市)

昨秋ベスト4、今春ベスト8。昨秋の近畿大会では準優勝の好成績を収め、今春のセンバツに出場。センバツの1、2回戦ともに9得点を奪った打線は一度火が付くとなかなか止められないほど強力。春夏連続出場のカギはエース・神村月光投手のピッチングとなりそうです。優勝すれば7年ぶり2回目の甲子園です。

近江兄弟社(私立・近江八幡市)

昨秋、今春ともに準優勝でチーム力は県内上位クラス。得点力もあり投手陣も安定。ここ一番での勝負強さが出てくれば一気に優勝も狙えそう。エースで中軸を打つチームの大黒柱の阪部雄哉選手を中心としたチームワークで23年ぶり2回目の甲子園を目指します。

光泉(私立・草津市)

昨秋は1回戦で北大津に敗れてしまいましたが、今春は準決勝でその北大津に完封勝ち。決勝でも近江兄弟社に競り勝って優勝し近畿大会に出場。得点力は決して高いとは言えないだけにミスなくしっかりと守っていきたい。春に続いて頂点に立てるかに注目したい。優勝すれば14年ぶり2回目の甲子園。

近江(私立・彦根市)

昨秋ベスト8。今春は秋の準々決勝で敗れた滋賀学園に再び敗れて3回戦敗退でしたが、ドラフト候補として名前の挙がっている京山将弥投手など戦力は充実しており優勝争いに食い込んできそう。昨春のセンバツ出場時のメンバーも残っているだけに楽しみなチームです。優勝すれば2年ぶり12回目の甲子園。

彦根翔陽・彦根翔西館(公立・彦根市)

昨秋ベスト8、今春は3回戦敗退でしたが秋春ともに準優勝した近江兄弟社相手に1-2と善戦。急成長を遂げているチームだけに伸びしろはまだまだありそうで勢いに乗れば旋風を起こすかもしれません。春夏通じて初の甲子園出場を目指す戦いぶりに期待したいです。※2016年4月、彦根翔陽と彦根西の統合により彦根翔陽の同一地に彦根翔西館が開校。彦根翔陽の在校生は現在も彦根翔陽に在籍しているため彦根翔陽・彦根翔西館のチームで出場します。

滋賀学園や北大津が軸も決め手に欠け、大本命不在の大会か

今春のセンバツに出場した滋賀学園、秋優勝で春ベスト4の北大津、京山将弥投手を擁する近江などが優勝争いの軸となりそうですが圧倒的な強さがあるわけではなく、滋賀学園と近江はシード権を獲得できなかったこともあり混戦となる可能性も。そうなってくると春季大会の準決勝で北大津に勝っている光泉や秋春ともに準優勝の近江兄弟社など近年、甲子園から遠ざかっているチームにもチャンスはありそう。秋季大会でベスト8まで進出した彦根翔陽(今夏は彦根翔陽・彦根翔西館として出場)や同じく秋季大会でベスト4まで進出した長浜の公立勢も楽しみな存在となりそうです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権滋賀大会 組み合わせ

【抽選日】6月28日(火)
【使用球場】県立彦根球場・皇子山球場

【1回戦】
7/10 伊香 0-1 石山
7/10 日野 0-10 守山北
7/11 滋賀学園 18-0 石部・信楽(連合)
7/11 八幡工 5-3 堅田
7/12 栗東 0-9 虎姫
7/12 野洲 4-8 膳所
7/14 守山 0-1 伊吹
7/14 彦根工 1-4 水口東
7/15 米原 0-11 近江
7/15 彦根総合 6-1 湖南農
7/11 瀬田工 4-2 東大津
7/11 国際情報 4-6 八幡
7/14 八日市 5-2 新校長浜北・長浜北
7/14 長浜北星 9-2 能登川・長浜農(連合)
7/15 甲南 0-9 甲西
7/15 草津 0-1 滋賀短大付
7/16 河瀬 6-4 八幡商
7/16 綾羽 2-6 彦根翔陽・彦根翔西館
7/16 八日市南 0-1 水口
7/16 彦根東 7-0 大津
【2回戦】
7/16 光泉 10-1 大津商
7/17 石山 5-1 守山北
7/17 滋賀学園 10-0 八幡工
7/17 虎姫 0-3 比叡山
7/18 草津東 11-1 玉川
7/18 膳所 2-3 伊吹
7/18 水口東 0-14 近江
7/19 彦根総合 0-1 安曇川
7/16 近江兄弟社 3-4 高島
7/17 瀬田工 6-4 八幡
7/17 八日市 13-0 長浜北星
7/17 甲西 14-4 立命館守山
7/18 北大津 8-6 長浜
7/18 滋賀短大付 5-0 河瀬
7/18 彦根翔陽彦根翔西館 2-3 水口
7/19 彦根東 8-1 愛知
【3回戦】
7/21 光泉 3-2 石山
7/21 滋賀学園 11-1 比叡山
7/22 草津東 1-8 伊吹
7/22 近江 15-2 安曇川
7/21 高島 10-1 瀬田工
7/21 八日市 5-0 甲西
7/22 北大津 2-3 滋賀短大付
7/22 水口 5-4 彦根東
【準々決勝】
7/23 光泉 9-12 滋賀学園
7/23 伊吹 0-2 近江
7/23 高島 6-5 八日市
7/23 滋賀短大付 7-3 水口
【準決勝】
7/25 滋賀学園 2-7 近江
7/25 高島 3-1 滋賀短大付
【決勝】
7/27 近江 3-0 高島
※近江は2年ぶり12回目


◆近畿地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【京都】選抜4強の龍谷大平安を京都翔英、塔南などが追いかける展開か
⇒【大阪】寺島成輝の履正社か高山優希の大阪桐蔭か 組み合わせにも注目
⇒【兵庫】吉高壮擁する明石商が本命 報徳、育英、神港学園が追う展開か
⇒【和歌山】智弁和歌山と市和歌山に紀央館や和歌山東などが挑む展開か

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク