高校野球・夏の兵庫予選 吉高壮擁する明石商が本命 報徳学園、育英、神港学園が追う展開か【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権兵庫大会。昨年は滝川二が優勝し3年ぶり4回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

兵庫大会注目校へ
兵庫大会組み合わせへ

2015年秋季兵庫大会

ベスト8に進出したのは報徳学園、育英、長田、神港学園、社、明石商、六甲アイランド、加古川東。報徳学園−育英は、報徳学園が2回表に2点を先制。育英も2回裏に1点を返しますが報徳学園は4回表に1点を追加。7回裏、育英は1点を返し1点差としますが逃げ切った報徳学園が3-2で勝ちました。長田−神港学園は、初回に1点を先制した長田が5回表に1点を追加して2-0。7回まで無得点に抑えられていた神港学園は8回裏、一気に3点を奪い逆転に成功。9回表の長田の攻撃を0で抑えた神港学園が3-2で勝利。

社−明石商は、1回裏に明石商が1点を先制。6回表に社が同点に追いつきますが、6回裏に明石商が4点を勝ち越し。終盤、社も追い上げますが届かず6-4で逃げ切った明石商が準決勝進出。六甲アイランド−加古川東は、初回に2点を先制した六甲アイランドが2回表にも2点を追加し4-0とリード。加古川東は5回裏に4点を返し同点とすると6回裏に1点を勝ち越し。さらに8回裏にも1点を追加した加古川東が6-4の逆転勝ちを収めました。

準決勝の神港学園−報徳学園は、1回裏に2点を先制した報徳学園が3回までに5-0とリード。神港学園も4回表に3点を返して2点差としますが5回以降は両チームとも無得点で試合終了。序盤のリードを守った報徳学園が5-3で勝ちました。明石商−加古川東は、初回に1点を先制した明石商が4回表に2点、8回表に1点を追加。最後まで加古川東に得点を与えなかった明石商が4-0の完封勝ち。

報徳学園−明石商の決勝戦は、4回裏に明石商が1点を先制。1-0のまま迎えた7回裏にも1点を追加した明石商が報徳学園をシャットアウト。2-0で勝った明石商が優勝しました。明石商と報徳学園、3位決定戦で勝った神港学園は近畿大会に出場。

神港学園は初戦敗退となってしまいましたが、明石商と報徳学園が初戦を突破。報徳学園は準々決勝で滋賀学園(滋賀)に延長14回の末、0-1で惜敗。明石商は準々決勝も突破し、準決勝に進出しましたが大阪桐蔭(大阪)に3-5で敗れ決勝進出はなりませんでした。ベスト4まで残った明石商は一般枠で、県大会ベスト8の長田は21世紀枠でのセンバツ出場が決まりました。

2016年春季兵庫大会

ベスト8に進出したのは北条、育英、市川、明石商、東洋大姫路、姫路南、報徳学園、神戸国際大付。北条−育英は、5回表に北条が1点を先制するも8回裏に育英も1点を返し同点に。試合はそのまま延長戦に入り、迎えた14回裏に1点を挙げた育英が2-1でサヨナラ勝ち。市川−明石商は、初回に2点を先制した明石商が2回裏に1点、4回裏に2点を追加。5回以降は両チームとも無得点で終わり5-0の完封で明石商が勝ちました。

東洋大姫路−姫路南は、1回表に2点を先制した東洋大姫路が2回表にも1点を追加。3点を追いかける展開となった姫路南は4回裏に1点、8回裏に1点を返し1点差まで追い上げますがあと1点が遠く、3-2で東洋大姫路が逃げ切りました。報徳学園−神戸国際大付は、1点を追いかける報徳学園が6回表に一挙6点を奪う猛攻で逆転。神戸国際大付も9回裏に2点を返しましたが、報徳学園が6-3で勝ちました。

準決勝の明石商−育英は、1点を先制した明石商が5回表に2点、7回表に1点を追加し4-0。育英打線に1点も許さなかった明石商が準々決勝に続き完封勝ち。東洋大姫路−報徳学園は、1回裏に報徳学園が2点を先制。2-0のまま迎えた6回裏に報徳学園が1点を追加すると7回裏にも1点を奪い4-0とリードを広げる。東洋大姫路も反撃したいところでしたが一度もホームベースを踏むことができず、4-0で報徳学園が勝ち、決勝にコマを進めました。

報徳学園−明石商の決勝戦は、1回裏に2点を先制した明石商が2回裏にも4点を奪い主導権を握ると5回裏にも2点を追加し報徳学園を圧倒。結局この試合も1点も奪われなかった明石商が3試合連続となる8-0の完封勝ちで優勝を決めました。明石商は近畿大会に出場。初戦は光泉(滋賀)に6-1で快勝しましたが、続く準決勝でセンバツを制覇した智弁学園(奈良)に0-6の完封負けを喫してしまいました。

滝川二(私立・神戸市)

昨年代表校。昨秋は3回戦敗退。今春は地区予選敗退も昨夏の甲子園のマウンドを経験したエースの友井寛人投手を中心とする投手陣は安定しており、秋の3回戦でも育英に0-1と1点しか許していない。ただ激戦の兵庫大会を勝ち上がり連続出場を狙うには打線が少し弱いか。夏までに打線を強化して2年連続5回目の甲子園を目指します。

明石商(公立・明石市)

昨秋、今春とも県大会を制覇。春夏通じて甲子園初出場となった今春のセンバツでは龍谷大平安(京都)に延長戦の末、惜しくも1-2で敗れましたが8強入り。2回戦の東邦戦で完封勝利を挙げたエースの吉高壮投手を中心とした投手陣は安定感は抜群で、春の県大会では準々決勝から決勝まで3試合連続完封勝利。打線もコンスタントに得点をたたき出し、現状では県内無敵状態。3季連続で県大会を制して夏は初の甲子園を狙います。

報徳学園(私立・西宮市)

昨秋、今春とも準優勝。秋春の決勝戦ではともに明石商に完封負けを喫して優勝を逃しましたが、安定感十分で優勝候補の一角。秋の近畿大会の滋賀学園戦で14回を1人で投げ抜き、5安打1失点と好投した主島大虎投手はドラフト候補にも名前の挙がる注目ピッチャー。打倒明石商で6年ぶり15回目の甲子園を目指します。

育英(私立・神戸市)

昨秋ベスト8、今春ベスト4。秋春の大会では地区予選も含めて敗れた相手は明石商と報徳学園の2季連続優勝、準優勝のチームのみ。ドラフト候補に挙がるような投手がいたり打線に爆発力があるわけではないですが、少ない得点でもしっかりと守り切る野球でチーム力は高い。優勝すれば16年ぶり7回目の甲子園です。

神港学園(私立・神戸市)

昨秋は県大会ベスト4で出場した近畿大会では今春のセンバツを制した智弁学園(奈良)相手に敗れはしたが1-4と善戦。今春は3回戦で明石商に5-9で敗れましたが、春の県大会で明石商から得点を奪ったのは神港学園だけ。秋よりも得点力がアップしており序盤から好投手に襲いかかることができれば13年ぶり4回目の甲子園も見えてきそうです。

神戸国際大付(私立・神戸市)

昨秋は3回戦敗退、今春はベスト8。選手層の厚さを考えると物足りない成績に終わった感じの秋春の県大会でしたが、総合力は県内上位クラスなので巻き返しをしたい。最速143キロエースの東郷太亮投手を中心とした投手陣の踏ん張りがカギとなりそうです。優勝すれば2年ぶり2回目の甲子園。

長田(公立・神戸市)

昨秋ベスト8。21世紀枠で出場した今春のセンバツでは初戦で海星(長崎)に惜しくも2-3で敗れましたが、注目のエース・園田涼輔投手は9回を投げ抜き被安打3と好投。今春の県大会は3回戦でサヨナラ負けを喫し、8強入りはなりませんでしたが、春夏連続出場と夏は初の甲子園を目指します。

加古川東(公立・加古川市)

昨秋は明石商に0-4で敗れましたが県大会ベスト4、今春は3回戦敗退でしたが優勝争いに割って入ってくる可能性もありそう。ドラフト候補など特別目立った選手はいませんが強豪相手でも大崩れしないのが強み。最後まで諦めない粘り強さで春夏通じて初の甲子園出場を狙います。

六甲アイランド(公立・神戸市)

昨秋は地区予選で長田に15-2で圧勝、県大会でも3回戦で神戸国際大付を破り8強入り。今春は地区予選で敗退でしたが大物食いの可能性を秘めており楽しみなチーム。甲子園出場までは少し厳しいかもしれませんが勢いがつくと侮れない存在になりそう。優勝すれば市神戸商時代以来、61年ぶり2回目の甲子園。

北条(公立・加西市)

昨秋は3回戦敗退、今春は準々決勝で育英に1-2で敗れベスト8止まりでしたが打線が魅力のチーム。春の地区予選決勝、県大会初戦となる2回戦、3回戦と3試合連続で二桁得点を記録。暑さで疲れが見え始めた相手投手からすると嫌な打線になりそう。優勝すれば春夏通じて初の甲子園です。

選抜8強で秋春の県大会を制した明石商が本命か

昨秋の県大会を制しセンバツでもベスト8、さらに今春の県大会も制した明石商が軸となりそう。エースの吉高壮投手を中心とした投手陣の安定感は抜群で夏の大会でも調子が落ちなければ簡単には打ち崩せる相手ではなさそう。その明石商を追いかけるのが秋春ともに準優勝の報徳学園と秋春の大会で明石商と報徳学園にしか負けていない育英と神港学園。今年の兵庫大会は好投手が多く投高打低の傾向になるかもしれないが、猛暑が予想される夏の暑さ次第では逆になるかもしれない。そうなれば加古川東や東洋大姫路、社、六甲アイランド、長田、北条、姫路南、西脇あたりにもチャンスが巡ってくるかもしれません。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権兵庫大会 組み合わせ

【抽選日】6月28日(火)
【使用球場】尼崎記念公園野球場・神戸総合運動公園野球場・神戸総合運動公園サブ球場・高砂市野球場・明石公園第一野球場・市営姫路球場・三田市立城山公園野球場・豊岡市スポーツセンター野球場・淡路佐野運動公園第一野球場

【1回戦】
7/9 兵庫県大付 0-3 尼崎小田
7/10 伊和 2-5 千種
7/10 伊丹西 2-4 松陽
7/10 神戸甲北 7-2 市伊丹
7/10 兵庫 2-1 三木東
7/10 宝塚西 0-1 兵庫農
7/10 吉川 0-13 武庫荘総合
7/10 洲本 6-4 淡路
7/10 須磨翔風 6-2 尼崎稲園
7/10 県西宮 4-3 龍野
7/10 佐用 0-10 六甲アイランド
7/10 夢前 12-4 神戸
7/10 香寺 3-2 篠山産
7/10 出石 6-2 山崎
7/10 甲南 10-9 神戸北
7/10 葺合 1-2 神戸高塚
7/10 明石 1-9 神戸弘陵
7/10 西宮甲山 3-10 加古川西
7/11 市神港・神港橘(連合) 11-2 生野
7/11 琴丘 7-3 姫路商
7/11 三田祥雲館 3-1 舞子
7/11 神戸学院大付 0-7 加古川北
7/11 淳心学院 4-5 須磨東
7/11 香住 0-8 市西宮
7/11 多可 4-8 西脇
7/12 明石城西 6-3 甲陽学院
7/12 科学技術 23-0 氷上西
7/12 雲雀丘学園 2-4 三田西陵
7/12 津名 5-2 柏原
7/12 明石清水 11-1 仁川学院
7/11 小野工 2-9 明石西
7/12 柳学園 0-13 西脇工
7/12 洲本実 4-6 氷上
7/12 猪名川 0-7 三田学園
【2回戦】
7/14 姫路南 4-3 尼崎小田
7/14 宝塚北 2-7 網干
7/14 星陵 2-3 千種
7/14 松陽 3-4 東播磨
7/14 三田松聖 4-0 神戸甲北
7/14 灘 0-2 伊川谷
7/13 市姫路 7-3 兵庫
7/14 兵庫農 7-6 尼崎西
7/14 滝川 5-4 武庫荘総合
7/14 尼崎工 7-0 明石北
7/14 兵庫工 2-0 姫路飾西
7/14 洲本 3-2 西宮南
7/14 報徳学園 5-1 須磨翔風
7/13 高砂南 2-1 姫路東
7/14 鳴尾 7-0 村岡
7/14 県西宮 4-10 豊岡
7/15 長田 2-1 六甲アイランド
7/14 須磨友が丘 3-4 宝塚東
7/15 福崎 9-2 相生
7/15 夢前 0-9 市尼崎
7/15 東洋大姫路 7-0 香寺
7/15 相生産 0-3 姫路西
7/15 伊丹北 5-2 有馬
7/15 出石 0-7 西宮今津
7/15 村野工 2-4 甲南
7/15 三木 2-16 淡路三原
7/14 明石南 8-0 自由ヶ丘
7/15 神戸高塚 2-5 尼崎双星
7/15 社 9-1 神戸弘陵
7/15 播磨南 0-5 北摂三田
7/15 宝塚 6-1 上郡
7/15 加古川西 3-4 須磨学園
7/16 明石商 9-1 市神港神港橘(連合)
7/16 西宮北 2-3 関西学院
7/16 神戸高専 5-4 飾磨
7/16 琴丘 1-11 高砂
7/16 神港学園 9-0 三田祥雲館
7/15 八鹿 1-3 豊岡総合
7/16 浜坂 0-5 伊川谷北
7/16 加古川北 2-1 飾磨工
7/16 県伊丹 5-1 須磨東
7/16 三木北 6-9 東播工
7/16 御影 10-3 姫路別所
7/16 市西宮 4-0 夢野台
7/16 北条 10-2 西脇
7/16 神戸鈴蘭台 1-5 川西緑台
7/15 尼崎北 3-10 神戸第一
7/16 明石城西 0-4 小野
7/16 育英 6-5 科学技術
7/17 和田山 1-12 滝川二
7/17 龍野北 1-0 川西明峰
7/17 三田西陵 3-4 川西北陵
7/17 加古川東 1-2 津名
7/17 神崎 2-1 神戸商
7/17 加古川南 3-10 赤穂
7/17 明石清水 1-2 兵庫商
7/17 神戸国際大付 5-1 明石西
7/16 県尼崎 6-4 県芦屋
7/17 北須磨 2-3 篠山鳳鳴
7/17 西脇工 5-0 姫路工
7/17 市川 5-1 氷上
7/17 太子 0-9 明石高専
7/17 西宮東 3-4 相生学院
7/17 三田学園 5-2 白陵
【3回戦】
7/18 姫路南 5-2 網干
7/18 千種 0-10 東播磨
7/18 三田松聖 3-2 伊川谷
7/18 市姫路 3-2 兵庫農
7/18 滝川 6-1 尼崎工
7/18 兵庫工 2-3 洲本
7/18 報徳学園 8-0 高砂南
7/18 鳴尾 3-8 豊岡
7/18 長田 7-0 宝塚東
7/18 福崎 0-3 市尼崎
7/18 東洋大姫路 4-0 姫路西
7/18 伊丹北 3-13 西宮今津
7/18 甲南 6-7 淡路三原
7/18 明石南 6-1 尼崎双星
7/18 社 6-1 北摂三田
7/18 宝塚 5-4 須磨学園
7/19 明石商 4-0 関西学院
7/19 神戸高専 1-2 高砂
7/19 神港学園 5-1 豊岡総合
7/19 伊川谷北 0-11 加古川北
7/19 県伊丹 4-3 東播工
7/19 御影 2-3 市西宮
7/19 北条 4-2 川西緑台
7/19 神戸第一 0-7 小野
7/19 育英 3-4 滝川二
7/19 龍野北 3-4 川西北陵
7/19 津名 5-2 神崎
7/19 赤穂 1-4 兵庫商
7/19 神戸国際大付 8-1 県尼崎
7/19 篠山鳳鳴 0-2 西脇工
7/19 市川 2-1 明石高専
7/19 相生学院 0-2 三田学園
【4回戦】
7/21 姫路南 2-6 東播磨
7/21 三田松聖 7-2 市姫路
7/21 滝川 7-1 洲本
7/21 報徳学園 7-0 豊岡
7/21 長田 3-7 市尼崎
7/21 東洋大姫路 2-3 西宮今津
7/21 淡路三原 0-9 明石南
7/21 社 6-4 宝塚
7/22 明石商 6-0 高砂
7/22 神港学園 1-0 加古川北
7/22 県伊丹 2-9 市西宮
7/22 北条 3-2 小野
7/22 滝川二 10-4 川西北陵
7/22 津名 7-10 兵庫商
7/22 神戸国際大付 5-4 西脇工
7/22 市川 10-1 三田学園
【5回戦】
7/23 報徳学園 3-0 東播磨
7/23 社 2-1 滝川
7/23 市尼崎 2-2 西宮今津
7/24 市尼崎 2-1 西宮今津
7/23 明石南 5-4 三田松聖
7/24 兵庫商 1-2 神戸国際大付
7/24 市川 5-3 市西宮
7/24 神港学園 3-1 滝川二
7/24 明石商 2-1 北条
【準々決勝】
7/25 社 7-0 明石南
7/25 市尼崎 1-0 報徳学園
7/25 明石商 5-4 神戸国際大付
7/25 市川 0-5 神港学園
【準決勝】
7/27 明石商 3-1 神港学園
7/27 市尼崎 5-3 社
【決勝】
7/28 明石商 2-3 市尼崎
※市尼崎は33年ぶり2回目


◆近畿地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【滋賀】本命不在で秋春準優勝の近江兄弟社や春優勝の光泉はチャンスか
⇒【京都】選抜4強の龍谷大平安を京都翔英、塔南などが追いかける展開か
⇒【大阪】寺島成輝の履正社か高山優希の大阪桐蔭か 組み合わせにも注目
⇒【和歌山】智弁和歌山と市和歌山に紀央館や和歌山東などが挑む展開か

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク