高校野球・夏の静岡予選 常葉橘、日大三島などの上位陣に常葉菊川が割って入るのか【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権静岡大会。昨年は静岡が優勝し2年連続24回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

静岡大会注目校へ
静岡大会組み合わせへ

2015年秋季静岡大会

ベスト8に進出したのは浜名、浜松修学舎、浜松商、日大三島、掛川西、静岡、藤枝明誠、静清。浜名−浜松修学舎は、1-1の同点で迎えた7回裏、浜松修学舎が一気に6点を奪い勝ち越し。8回裏にも1点を追加した浜松修学舎が8-1の8回コールドで勝ちました。浜松商−日大三島は、4回表に浜松商が1点を先制。追いかける日大三島は7回裏に1点を返し同点にすると9回裏にも1点を奪い2-1でサヨナラ勝ち。

掛川西−静岡は、掛川西が初回に3点、2回表にも2点を追加。静岡も3回裏に2点を返しますが、9回表に2点を追加した掛川西が7-2で勝ちました。藤枝明誠−静清は、0-0で迎えた6回表、藤枝明誠が1点を先制。この1点を最後まで守りきった藤枝明誠が1-0の完封勝ち。

準決勝の日大三島−浜松修学舎は、3回表に2点を先制した日大三島が4回表、5回表にも2点ずつを追加。浜松修学舎は最後まで1点が遠く、7-0で日大三島が完封勝ちを収めました。藤枝明誠−掛川西は、1回表に藤枝明誠が1点を先制。掛川西は6回裏に2点を奪って逆転すると8回裏にも1点を追加。9回表の藤枝明誠の攻撃を0点で抑えた掛川西が3-1で勝ちました。

日大三島−掛川西の決勝戦は、1-1で迎えた4回表に日大三島が1点を勝ち越し。5回表にもさらに1点を追加し掛川西を突き放しますが、5回裏に掛川西が3点を奪い逆転。このまま逃げ切った掛川西が4-3で勝ち、優勝しました。掛川西と日大三島、3位決定戦で勝った藤枝明誠は東海大会に出場しましたが、3校とも初戦敗退という残念な結果に終わってしまいました。

2016年春季静岡大会

ベスト8に進出したのは東海大静岡翔洋、浜松修学舎、掛川西、日大三島、三島南、静岡、静清、常葉橘。東海大静岡翔洋−浜松修学舎は、5回表に1点を先制した東海大静岡翔洋が8回表にも1点を追加し2-0で浜松修学舎を下しました。掛川西−日大三島は、2回裏に日大三島が1点を先制。4回裏にも2点を追加した日大三島が4-1で勝ちました。

三島南−静岡は、1回裏に1点を先制した静岡が3回裏にも1点を追加。三島南も5回表に1点を返しますが、6回裏に1点を挙げた静岡が3-1で勝利。静清−常葉橘は、3回裏に常葉橘が1点を先制。静清も7回表に1点を奪い同点としますが、8回裏に5点を奪った常葉橘が6-1で勝ち、準決勝にコマを進めました。

日大三島−東海大静岡翔洋は、3-2と1点をリードした日大三島が4回表に1点を追加して東海大静岡翔洋を突き放すと、5回、6回、9回にも追加点を挙げ9-2で快勝しました。静岡−常葉橘は、2回裏に常葉橘が5点を先制。静岡も1点ずつ返していきますが最後まで追いつくことができず、7-3で常葉橘が勝ちました。

常葉橘−日大三島の決勝戦は、3回表に1点を先制した常葉橘が6回表にも2点を追加。日大三島も6回裏に1点を返しますが、9回表にダメ押しの1点を挙げた常葉橘が4-1で勝ち、優勝を決めました。常葉橘と日大三島は東海大会に出場。日大三島は初戦敗退でしたが常葉橘は美濃加茂(岐阜)、津田学園(三重)、県岐阜商(岐阜)をすべて1点差で下し、東海大会を制しました。

静岡(公立・静岡市)

昨年代表校で昨秋はベスト8、今春はベスト4。秋春ともに優勝には届かなかったものの140キロ後半の速球と落差のあるフォークを武器とするエースの村本文哉投手やドラフト候補で俊足の鈴木将平選手などを中心に巻き返せるだけの力は十分。打線がしっかりと機能すれば3年連続25回目の甲子園も見えてくるはずです。

常葉橘(私立・静岡市)

昨秋は県大会2回戦敗退でしたが今春は県大会で優勝。出場した東海大会では3試合とも1点差(うち2試合はサヨナラ)で勝ち、見事に優勝。圧倒的な勝ち方ではないが粘り強さを発揮。秋の県大会で13回を投げ22奪三振を記録した谷脇亮介投手のピッチングにも注目です。県No.1の勢いで4年ぶり4回目の甲子園を目指します。

日大三島(私立・三島市)

昨秋、今春ともに準優勝。秋の決勝戦は掛川西に3-4、春の決勝戦は常葉橘に1-4で敗れて惜しくも優勝は逃してしまいましたが、右腕・中川真杉投手と左腕・海野陽日投手を中心とした投手陣は安定感があり優勝争いに絡んできそう。2季連続で東海大会に出場した経験も活かして27年ぶり2回目の甲子園を狙います。

掛川西(公立・掛川市)

昨秋優勝、今春ベスト8。秋の県大会では常葉橘、静岡、日大三島など今夏のライバルとなりそうなチームを撃破して優勝。秋は少し失点が多く投手陣に不安がありましたが、春は失点も少なくなり安定感は増しています。あとは打線がどれだけカバーできるかがポイントとなってきそうです。優勝すれば18年ぶり6回目の甲子園です。

静清(私立・藤枝市)

昨秋、今春ともベスト8。注目選手として名前の挙がる最速145キロ右腕の横尾蓮太投手を中心とした投手陣は安定感があるだけに打線の奮起が課題となりそう。投打がしっかりとかみ合えば優勝争いに食い込んでくる可能性も十分あると思われます。優勝すれば静清工時代以来、11年ぶり2回目の甲子園。

常葉菊川(私立・菊川市)

昨秋は日大三島に、今春は常葉橘に敗れて2回戦敗退でしたが、注目のスラッガー・栗原健選手を軸とした打線は破壊力抜群。地区予選も含めた秋春の大会では二桁得点を連発。攻撃面に関しては心配なさそうだが、やはり一番の不安は投手陣か。今夏は相手打線を3、4点以内に抑えることができるかがポイントとなりそう。強力打線で3年ぶり5回目の甲子園を狙います。

浜松修学舎(私立・浜松市)

昨秋ベスト4、今春ベスト8と2期連続で8強以上の成績。ただ秋の準決勝の日大三島戦、3位決定戦の藤枝明誠戦、春の準々決勝の東海大静岡翔洋戦はいずれも完封負け。上位まで勝ち上がってきた時に対戦の可能性のありそうなチームの投手陣をどう攻略するかが課題となりそう。優勝すれば春夏通じて初の甲子園です。

藤枝明誠(私立・藤枝市)

昨秋ベスト4、今春は2回戦で敗退。負けた相手はともに掛川西で1-3と1-2で惜敗。188cmの長身から繰り出す速球を武器とする伊藤翼咲選手は打っても高校通算30本以上のホームランを放つスラッガーでチームの中心選手。伊藤選手の調子がイマイチでもそれをカバーできる選手が出てくれば春夏通じて初の甲子園も目指せそうです。

強力打線の常葉菊川の戦いに注目

昨秋と今春の大会を参考にすると秋優勝で春8強の掛川西、春優勝の常葉橘、秋春ともに準優勝の日大三島、秋8強で春4強の静岡あたりが軸となって優勝争いが展開されそうだが、秋春ともベスト8に進出できなかった常葉菊川の戦いに注目したい。投手陣こそ不安定であるが栗原健選手を中心とした打線は強力で勢いに乗れば秋春の上位陣と互角かそれ以上の力もありそうです。その他にも秋4強の藤枝明誠、春4強の東海大静岡翔洋、秋春ともに8強の静清と浜松修学舎、秋8強の古豪・浜松商、昨夏は決勝まで進出しながらあと一歩で甲子園に届かなかった飛龍など楽しみなチームが多いです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権静岡大会 組み合わせ

【抽選日】6月25日(土)
【使用球場】草薙球場・愛鷹球場・清水庵原球場・焼津球場・掛川球場・裾野球場・富士球場・島田球場・磐田球場・浜松球場

【1回戦】
7/16 相良 1-9 焼津水産
7/16 知徳 5-3 御殿場南
7/16 浜松市立 10-3 藤枝北
7/16 星陵 4-0 富士東
7/16 川根 3-11 浜松開誠館
7/16 藤枝西 7-0 沼津城北
7/16 下田 0-8 富士市立
7/16 伊東 2-7 韮山
7/16 袋井商 8-3 榛原
7/16 オイスカ 3-4 浜松北
7/16 清水東 1-8 磐田東
7/16 裾野 8-6 浜松湖南
7/16 浜松学院 8-1 吉原
7/16 加藤学園 7-3 三島北
7/16 飛龍 7-0 菊川南陵
7/16 清水西 7-0 富士宮東
7/16 市沼津 2-3 浜松湖北
7/10 聖隷クリストファー 4-6 沼津東
7/16 小山 9-1 浜松工
7/16 静岡西 1-0 焼津中央
7/16 浜松商 14-0 城南静岡
7/16 横須賀 4-3 浜松大平台
7/16 富士宮北 4-2 浜北西
7/16 藤枝明誠 3-1 誠恵
7/17 静岡市立 2-0 桐陽
7/17 伊豆中央 6-10 静岡学園
7/17 吉原工 4-3 科学技術
7/17 駿河総合 9-11 磐田南
7/17 小笠 5-1 御殿場
7/17 清流館 10-5 島田樟誠
7/17 金谷 9-8 遠江総合
7/17 島田工 1-10 浜松西
7/17 浜松江之島 1-2 伊東商
7/17 新居 2-4 掛川工
7/17 常葉菊川 10-0 磐田北
7/17 藤枝東 10-2 浜松湖東
7/17 島田商 6-5 静岡農
7/17 南伊豆 0-10 富士宮西
7/17 湖西 8-3 佐久間
7/17 浜松南 2-6 静岡商
7/17 伊豆総合 7-3 磐田農
7/17 池新田 3-10 富士
7/17 熱海 0-11 天竜
7/17 富岳館 2-14 浜名
7/17 浜松日体 7-0 島田
7/17 沼津商 3-1 掛川東
7/17 静岡東 3-2 清水桜が丘
7/17 沼津工 4-3 沼津高専
【2回戦】
7/18 日大三島 3-0 焼津水産
7/18 知徳 8-1 浜松市立
7/18 星陵 0-8 浜松開誠館
7/18 藤枝西 3-7 御殿場西
7/18 袋井 11-1 富士市立
7/18 韮山 2-3 袋井商
7/18 浜松北 2-7 磐田東
7/18 裾野 0-7 三島南
7/18 掛川西 1-1 浜松学院
7/20 掛川西 3-5 浜松学院
7/18 加藤学園 2-10 飛龍
7/18 清水西 4-3 浜松湖北
7/18 沼津東 12-3 浜松東
7/18 浜松城北工 6-9 小山
7/18 静岡西 2-9 浜松商
7/18 横須賀 9-5 富士宮北
7/18 藤枝明誠 4-10 静岡
7/20 東海大静岡翔洋 4-3 静岡市立
7/20 静岡学園 10-0 吉原工
7/20 磐田南 5-2 小笠
7/20 清流館 11-4 田方農
7/20 静岡北 2-19 金谷
7/20 浜松西 3-0 伊東商
7/20 掛川工 4-8 常葉菊川
7/20 藤枝東 2-10 浜松修学舎
7/20 静清 7-4 島田商
7/20 富士宮西 6-2 湖西
7/20 静岡商 5-1 伊豆総合
7/20 富士 6-2 磐田西
7/20 静岡大成 7-4 天竜
7/20 浜名 4-2 浜松日体
7/20 沼津商 12-3 静岡東
7/20 沼津工 1-3 常葉橘
【3回戦】
7/21 日大三島 9-0 知徳
7/21 浜松開誠館 1-0 御殿場西
7/21 袋井 3-0 袋井商
7/21 磐田東 4-1 三島南
7/21 浜松学院 4-0 飛龍
7/21 清水西 3-2 沼津東
7/21 小山 4-10 浜松商
7/21 横須賀 4-15 静岡
7/21 東海大静岡翔洋 7-3 静岡学園
7/21 磐田南 9-1 清流館
7/21 金谷 3-10 浜松西
7/21 常葉菊川 12-2 浜松修学舎
7/21 静清 5-3 富士宮西
7/21 静岡商 8-1 富士
7/21 静岡大成 4-8 浜名
7/21 沼津商 0-10 常葉橘
【4回戦】
7/23 日大三島 2-1 浜松開誠館
7/23 袋井 5-3 磐田東
7/23 浜松学院 8-3 清水西
7/23 浜松商 4-3 静岡
7/23 東海大静岡翔洋 8-7 磐田南
7/23 浜松西 0-14 常葉菊川
7/23 静清 8-0 静岡商
7/23 浜名 2-9 常葉橘
【準々決勝】
7/24 日大三島 0-1 袋井
7/24 浜松学院 5-6 浜松商
7/24 東海大静岡翔洋 2-5 常葉菊川
7/24 静清 7-8 常葉橘
【準決勝】
7/26 袋井 14-10 浜松商
7/26 常葉菊川 12-0 常葉橘
【決勝】
7/27 袋井 0-12 常葉菊川
※常葉菊川は3年ぶり5回目


◆東海地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【愛知】藤嶋健人の東邦を筆頭に享栄、中京大中京などが甲子園を狙う
⇒【岐阜】県岐阜商、大垣日大、中京が3強を形成か 美濃加茂も力は上位

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク