高校野球・夏の京都予選 選抜4強の龍谷大平安を京都翔英、塔南などが追いかける展開か【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権京都大会。昨年は鳥羽が優勝し15年ぶり6回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

京都大会注目校へ
京都大会組み合わせへ

2015年秋季京都大会

ベスト8に進出したのは東山、福知山成美、鳥羽、京都翔英、龍谷大平安、大谷、日星、京都国際。東山−福知山成美は、1回表に1点を先制した東山が6回表まで6-0とリード。しかし6回裏に一挙7点を奪って逆転した福知山成美が7-6で勝ちました。鳥羽−京都翔英は、鳥羽がリードしては京都翔英が追いつく展開。5-5の同点で迎えた8回裏、京都翔英は1点を勝ち越し。これが決勝点となり6-5で京都翔英の勝利。

龍谷大平安−大谷は、1回表に1点を先制した龍谷大平安が猛攻を仕掛け、5回までに9得点。大谷も4点を返しましたが龍谷大平安が10-4で快勝しました。日星−京都国際は、1回裏に京都国際が1点を先制。日星も5回表に同点に追いつき試合は延長戦に。迎えた10回裏に1点を奪った京都国際が2-1でサヨナラ勝ち。

準決勝の福知山成美−京都翔英は、1回裏に京都翔英が1点を先制。しかし2回表に4点を奪って逆転した福知山成美が、6回表にも1点を追加し5-1で勝ちました。京都国際−龍谷大平安は、初回に4点を先制した龍谷大平安が京都国際を寄せつけず10-0の6回コールド勝ち。

福知山成美−龍谷大平安の決勝戦は、初回に幸先よく福知山成美が1点を先制するも龍谷大平安は2回裏に2点を奪って逆転。その後も追加点を挙げた龍谷大平安が9-3の大差で勝ち、優勝しました。龍谷大平安と福知山成美は近畿大会に出場。福知山成美は残念ながら初戦敗退となってしまいましたが、龍谷大平安は準決勝まで勝ち進みセンバツ出場の切符を手にしました。

2016年春季京都大会

ベスト8に進出したのは宮津、塔南、日星、京都国際、京都翔英、京都廣学館、京都外大西、龍谷大平安。宮津−塔南は、1回裏に塔南がいきなり6点を先制。2回裏にも1点を追加し7-0としますが7回表に塔南も反撃。3点を返すと8回表にも4点を追加。しかし7回裏、8回裏に追加点を挙げた塔南が10-7で逃げ切りました。日星−京都国際は、3回表まで日星が4-0とリードしましたが、3回裏に一気に4点を返し同点にした京都国際が4回以降にも追加点を挙げ、11-4の7回コールド勝ち。

京都翔英−京都廣学館は、3回裏に京都廣学館が2点を先制。リードされた京都翔英は4回表に1点を返すと5回表に3点を奪い逆転。さらにリードを広げた京都翔英が8-3で勝ちました。京都外大西−龍谷大平安は、3-3の同点で迎えた6回裏、龍谷大平安が1点を勝ち越しますが京都外大西も7回表に1点を奪い再び同点。そして延長10回裏に1点を挙げた龍谷大平安が5-4でサヨナラ勝ちしました。

準決勝の京都国際−塔南は、2-6と4点を追いかける塔南が7回裏に一気に5点を奪い逆転に成功。京都国際も9回表に1点を返し同点としますが9回裏に1点を奪った塔南が8-7でサヨナラ勝ち。京都翔英−龍谷大平安は、3回表に1点を先制した京都翔英が4回以降も小刻みに追加点を挙げ、龍谷大平安の反撃を許さず5-1で快勝しました。

京都翔英−塔南の決勝戦は、1回裏に塔南が1点を先制するも2回表に京都翔英がすぐに同点に追いつく。さらに3回表にも2点を追加した京都翔英が、8回裏に1点を失ったものの9回表に1点を追加し4-2で勝ち、優勝を決めました。京都翔英は近畿大会に出場しましたが、初戦で智弁和歌山(和歌山)にコールド負けを喫してしまいました。

鳥羽(公立・京都市)

昨年代表校。昨秋ベスト8。秋は今春準優勝の塔南を倒すなど力のあるところを見せましたが、春は1次戦で敗退しており、このままでは2連覇は少し厳しいかも。春の京都国際戦で10失点を喫した投手陣を夏までに整備できるかが課題となりそう。昨夏のような快進撃で2年連続7回目の甲子園出場を手にするのか注目したい。

龍谷大平安(私立・京都市)

昨秋優勝、今春ベスト4。出場した選抜でもベスト4まで進出しており優勝候補の筆頭となりそう。制球に多少の不安はあるものの注目選手に名前の挙がる市岡奏馬投手に橋本和樹、西川藍畝、岡田悠希選手とレベルの高い選手が揃っており実力通りだと優勝争いに絡んでくるのは確実か。圧倒的な戦力と総合力で2年ぶり34回目の甲子園を狙います。

京都翔英(私立・宇治市)

昨秋ベスト4、今春優勝。春の準決勝では龍谷大平安に5-1で快勝し県大会も制覇。投手陣は比較的安定していますが、もう少し点数を取りたい。強肩強打で中軸を打つ石原彪選手を中心とした打撃陣がパワーアップすればさらに安定した戦いができそうです。優勝すれば夏は初の甲子園です。

京都国際(私立・京都市)

昨秋、今春ともベスト4。秋は準決勝で龍谷大平安に敗れましたが、3位決定戦で京都翔英を下すなど上位に進出する力は十分備えています。ただ秋の龍谷大平安戦で10失点、春の塔南戦で8失点を喫した投手陣が少し気がかり。得点力が決して高いと言えないだけに投手陣のデキがポイントとなりそうです。優勝すれば春夏通じて初の甲子園出場です。

福知山成美(私立・福知山市)

昨秋は府大会準優勝で近畿大会に出場も、今春は1次戦で昨夏の2回戦で敗れた京都府工にまたしても敗戦。優勝争いをする力はあるだけに苦手な相手は作りたくないところ。投手陣は継投が中心なので打線がしっかりと得点を挙げてカバーしたい。3年ぶり5回目の甲子園を目指します。

塔南(公立・京都市)

今春準優勝。決勝戦では京都翔英に敗れて優勝はなりませんでしたが2-4の惜敗。準々決勝と準決勝では7失点するなど投手陣は安定しませんでしたが、注目選手として名前の挙がる140キロ右腕・西原大智と築山雄介の両投手が好投を続ければ春夏通じて初の甲子園出場も見えてきそうです。

日星(私立・舞鶴市)

昨秋、今春ともにベスト8。エースの波多野俊樹投手は最速130キロ台と決して速い球を投げるわけではないが制球力とキレで注目選手に名前が挙がるまで成長。波多野投手が安定したピッチングを見せ、上位まで勝ち上がってくると面白い存在となりそう。優勝すれば春夏通じて初の甲子園です。

京都外大西(私立・京都市)

今春ベスト8。秋は2回戦で福知山成美に、春は準々決勝で龍谷大平安に敗れはしましたがともに1点差負けで実力差はほとんどない。投手陣の失点は少し多めではありますが、得点力があり侮れないチームとなりそう。打線の爆発力で6年ぶり10回目の甲子園を狙います。

戦力的に龍谷大平安がリード、追いかける京都翔英や塔南の戦いにも注目

昨秋の府大会優勝でセンバツでも4強入りした龍谷大平安が選手層の厚さと総合力で頭一つ抜け出している状態。それを追いかけるのは春の府大会優勝の京都翔英、準優勝の塔南、そして秋準優勝の福知山成美、春8強の京都外大西あたりとなりそう。塔南は2010年の秋に優勝、2011年春も4強で期待された夏の大会は1回戦敗退だっただけに初戦をきっちりモノにできるかがポイントとなりそう。この他にも秋春ともに4強の京都国際や8強の日星、好投手の上野晃徳を擁する乙訓も楽しみなチーム。甲子園未経験組が上位に食い込んでくると非常に面白い大会となりそうです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権京都大会 組み合わせ

【抽選日】6月25日(土)
【使用球場】わかさスタジアム京都・太陽が丘球場・あやべ球場

【1回戦】
7/10 城陽 1-4 洛西
7/10 立命館 10-0 京都教大付
7/10 南陽 4-6 洛東
7/11 莵道 5-6 加悦谷
7/11 木津 1-8 西舞鶴
7/11 花園 3-10 峰山
7/11 東舞鶴 1-8 京都両洋
7/11 桂 9-0 西京
7/11 紫野 4-7 西乙訓
7/11 伏見工 0-2 洛陽工
7/11 大江 0-7 京都すばる
7/11 嵯峨野 6-0 亀岡
7/12 北稜 14-2 京都共栄
7/12 堀川 4-3 向陽
7/12 同志社 7-0 舞鶴高専
【2回戦】
7/12 北桑田 7-3 京都明徳
7/12 洛西 16-2 須知
7/12 京都工学院 5-4 朱雀
7/12 日星 7-5 綾部
7/12 日吉ヶ丘 0-11 同志社国際
7/12 立命館 6-0 西城陽
7/14 塔南 10-0 洛東
7/14 京都成章 4-3 福知山
7/14 田辺 4-9 東山
7/15 加悦谷 6-2 鴨沂
7/14 園部 0-1 西舞鶴
7/14 京都八幡 4-6 宮津
7/14 福知山成美 6-2 京都学園
7/14 峰山 5-0 京都海洋
7/14 南丹 1-4 京都両洋
7/15 龍谷大平安 10-0 農芸
7/15 京都廣学館 1-0 山城
7/15 桂 7-6 京産大付
7/15 洛北 10-3 西乙訓
7/15 乙訓 7-1 桃山
7/15 鳥羽 6-5 京都国際
7/15 洛陽工 4-6 網野
7/15 洛南 2-3 京都すばる
7/16 京都府工 0-1 立命館宇治
7/16 京都翔英 14-0 久御山
7/16 嵯峨野 5-6 洛星
7/16 久美浜 0-8 北稜
7/16 大谷 5-0 城南菱創
7/16 京都外大西 13-0 洛水
7/17 堀川 2-6 北嵯峨
7/16 東宇治 2-4 東稜
7/16 同志社 1-7 京都文教
【3回戦】
7/16 北桑田 4-1 洛西
7/17 京都工学院 0-7 日星
7/17 同志社国際 3-7 立命館
7/17 塔南 9-8 京都成章
7/17 東山 8-0 加悦谷
7/17 西舞鶴 3-1 宮津
7/17 福知山成美 3-2 峰山
7/17 京都両洋 4-10 龍谷大平安
7/17 京都廣学館 1-0 桂
7/18 洛北 5-9 乙訓
7/18 鳥羽 7-1 網野
7/18 京都すばる 2-12 立命館宇治
7/18 京都翔英 11-0 洛星
7/18 北稜 3-2 大谷
7/18 京都外大西 14-4 北嵯峨
7/18 東稜 0-3 京都文教
【4回戦】
7/19 北桑田 5-6 日星
7/19 立命館 4-6 塔南
7/19 東山 4-3 西舞鶴
7/20 福知山成美 3-2 龍谷大平安
7/20 京都廣学館 8-6 乙訓
7/20 鳥羽 0-3 立命館宇治
7/21 京都翔英 6-5 北稜
7/21 京都外大西 7-8 京都文教
【準々決勝】
7/22 日星 1-2 塔南
7/22 東山 2-8 福知山成美
7/22 京都廣学館 1-2 立命館宇治
7/22 京都翔英 9-0 京都文教
【準決勝】
7/24 塔南 0-4 福知山成美
7/24 立命館宇治 2-9 京都翔英
【決勝】
7/25 福知山成美 1-11 京都翔英
※京都翔英は初出場


◆近畿地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【滋賀】本命不在で秋春準優勝の近江兄弟社や春優勝の光泉はチャンスか
⇒【大阪】寺島成輝の履正社か高山優希の大阪桐蔭か 組み合わせにも注目
⇒【兵庫】吉高壮擁する明石商が本命 報徳、育英、神港学園が追う展開か
⇒【和歌山】智弁和歌山と市和歌山に紀央館や和歌山東などが挑む展開か

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク