高校野球・夏の岡山予選 150キロ右腕、高田萌生(創志学園)のピッチングに注目【2016年】

2016年7月10日(日)から開幕する高校野球選手権岡山大会。昨年は岡山学芸館が優勝し初の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

岡山大会注目校へ
岡山大会組み合わせへ

2015年秋季岡山大会

ベスト8に進出したのは興譲館、玉島商、倉敷古城池、金光学園、おかやま山陽、創志学園、倉敷商、倉敷工。興譲館−玉島商は、初回に興譲館が4点を先制。玉島商も1回裏と2回裏に1点ずつ返しますが、6回以降にも追加点を挙げた興譲館が8-4で勝ちました。倉敷古城池−金光学園は、1回裏に金光学園が1点を先制。1-0のまま迎えた7回裏に2点を追加した金光学園が3-0の完封勝ち。

おかやま山陽−創志学園は、3回表に1点を先制したおかやま山陽が5回表に1点を追加。創志学園は8回裏に2点を返して同点にすると延長10回裏に1点を奪って3-2でサヨナラ勝ち。倉敷商−倉敷工は、5回までに6点を奪った倉敷工が倉敷商の反撃をかわして6-3で勝ちました。

準決勝の金光学園−興譲館は、3回表に金光学園が1点を先制。その後は投手戦となり、1点を守り切った金光学園が1-0で辛くも逃げきりました。倉敷工−創志学園は、1回表に倉敷工が1点を先制。1-0のまま迎えた9回表に貴重な1点を追加した倉敷工が2-0の完封で勝ちました。

金光学園−倉敷工の決勝戦は、2回表に3点を先制した金光学園が3回表に2点を追加。さらに7回表に1点を追加した金光学園は、倉敷工に1点も与えることなく6-0で勝ち、優勝しました。金光学園と倉敷工、3位決定戦で勝った創志学園は中国大会に出場。金光学園と倉敷工は初戦はともに完封勝ちしましたが、準々決勝で姿を消してしまいました。創志学園は決勝戦まで勝ち上がり、南陽工(山口)を12-1の大差で破って県大会3位から中国大会を制覇しました。

2016年春季岡山大会

ベスト8に進出したのは倉敷工、岡山学芸館、倉敷商、関西、創志学園、玉島商、玉野光南、おかやま山陽。倉敷工−岡山学芸館は、5-1と倉敷工が4点リードで迎えた7回裏、岡山学芸館は一気に4点を返して同点としますが、8回表に1点を勝ち越した倉敷工が9回にも追加点を挙げ9-5で勝ちました。

倉敷商−関西は、3回表に倉敷商が1点を先制。さらに4回表にも3点を追加しますが、5回裏に関西が4点を奪い同点に。4-4で迎えた9回表に倉敷商が1点を勝ち越しますが、関西も9回裏に1点を返して再び同点で延長戦に。そして10回裏に1点を奪った関西が6-5でサヨナラ勝ちを収めました。

創志学園−玉島商は、3点を追いかける展開となった玉島商が7回裏に3点を奪って4-4の同点にすると9回にも1点を奪い5-4のサヨナラ勝ち。玉野光南−おかやま山陽は、2-2で迎えた8回表に玉野光南が2点を勝ち越しますが、おかやま山陽もその裏に2点を返し同点。延長10回裏に1点を挙げたおかやま山陽が5-4でサヨナラ勝ちを決めました。

準決勝の関西−倉敷工は、2回裏に1点を先制した倉敷工が3回に2点を追加。6回以降も得点を重ねた倉敷工が8-1の8回コールド勝ちで決勝戦へとコマを進めました。おかやま山陽−玉島商は、3-1とリードを奪ったおかやま山陽が6回表に2点、9回表にも4点を追加し9-1で快勝しました。

倉敷工−おかやま山陽の決勝戦は、1回表に倉敷工が1点を先制。3回裏に1点を返して同点としたおかやま山陽は7回裏に4点を奪い勝ち越し。8回裏にも1点を追加したおかやま山陽が6-2で倉敷工を下して優勝しました。おかやま山陽は中国大会に出場しましたが、初戦で倉吉東(鳥取)に残念ながら1-4で敗れてしまいました。

岡山学芸館(私立・岡山市)

昨年代表校。昨秋は1回戦で金光学園に敗れましたが、今春はベスト8。チームには昨夏の甲子園で先発した大北悠介投手や中軸を打った後泰希選手らが残っていて経験値は高いが、多少不安定な投手陣のデキがポイントとなりそう。昨夏の決勝戦で見せた終盤の粘り強さで2年連続2回目の甲子園を目指します。

創志学園(私立・岡山市)

昨秋は準決勝で敗れるも3位決定戦で勝ち中国大会に出場。その中国大会で優勝しセンバツに出場。今春はベスト8。注目はなんといっても最速150キロの速球を投げ、ドラフト候補にも名前の挙がっている高田萌生投手。選抜の2回戦では高松商(香川)に5失点を喫しましたが、まだまだ進化を続けるエースの投球に期待がかかる。2年生で中軸を打つ難波侑平選手も期待値の高い選手。昨夏の決勝戦、8回までリードしながら逆転負けを食らった悔しさを晴らすことができるか。優勝すれば夏は初の甲子園です。

倉敷工(公立・倉敷市)

昨秋、今春とも準優勝。秋は玉野光南、関西、倉敷商、創志学園に勝ち、春も岡山理大付、岡山学芸館、関西を破っており実力はトップクラス。投手陣は安定していますので攻撃陣がどれだけ得点を奪えるかがカギとなりそうです。優勝すれば13年ぶり10回目の甲子園。

おかやま山陽(私立・浅口市)

昨秋はベスト8。今春は優勝で中国大会にも出場。秋は準々決勝で創志学園に2-3で惜しくも敗れましたが、延長戦まで持ち込むなど簡単に負けない強さも。チームとしての得点力も高いが、県ナンバーワン左腕とも言われ高い評価を得ている坂田宗也投手の投球にも注目したい。春を制した勢いで春夏通じて初の甲子園出場を狙います。

関西(私立・岡山市)

昨秋は1回戦敗退。今春はベスト4。秋に3-6で敗れた倉敷工と春の準決勝で再び対戦も1-8でコールド負けと悔しい敗戦。それでも小郷賢人投手や本千尾聖人選手、寺尾陸選手など注目選手も多く選手層は厚い。打線が爆発して勢いに乗れば優勝も射程圏内。2年ぶり10回目の甲子園を目指します。

金光学園(私立・浅口市)

昨秋優勝、今春は2回戦敗退。春は玉野光南に敗れて2回戦敗退でしたが、秋は県大会準々決勝から中国大会1回戦まで4試合連続完封勝ちで投手陣の安定感は抜群。得点力はあまり高くはありませんが投手陣を中心にしっかりと守り抜く野球ができれば秋の再現も。優勝すれば春夏通じて初の甲子園です。

倉敷商(公立・倉敷市)

昨秋、今春ともにベスト8。秋春ともに完封勝ちの次の試合で6失点で敗戦と少し安定しない投手陣が不安要素か。ただ、攻撃力は高いだけに夏までに投手陣が整備されれば優勝争いに食い込んでくる可能性も。優勝すれば4年ぶり11回目の甲子園。

玉島商(公立・倉敷市)

昨秋ベスト8、今春ベスト4。春はおかやま山陽に1-9で大敗を喫してベスト4止まりでしたが、準々決勝では創志学園に5-4の逆転勝ちをしており侮れない存在になりそう。昨春の県大会でも準優勝しており注目したいチームの一つ。優勝すれば42年ぶり4回目の甲子園出場です。

高田萌生投手擁する創志学園が夏は初の甲子園なるか。春王者のおかやま山陽にも注目

昨秋は金光学園、今春はおかやま山陽が県大会を制覇。春夏通じて初の甲子園を狙う両校が優勝し、楽しみな夏の大会になりそうですが、創志学園のエース・高田萌生投手のピッチングが最大の注目ポイントとなりそう。今春のセンバツでも好投を見せた松坂二世がどこまで進化しているのか期待したい。創志学園は過去2度の決勝戦で2敗。今年こそこの壁を破れるかは高田投手のピッチングにかかってきそうです。優勝争いは創志学園に加え、倉敷工、倉敷商、関西、玉島商、それに昨年優勝の岡山学芸館、秋春王者の金光学園、おかやま山陽あたりが絡んできて激戦になる可能性も。興譲館や玉野光南も侮れない。初の甲子園を狙う県北勢では作陽と岡山共生が力では上位か。県北勢も上位に進出してくるとさらに盛り上がる大会になりそう。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権岡山大会 組み合わせ

【抽選日】6月25日(土)
【使用球場】マスカットスタジアム・倉敷市営球場・エイコンスタジアム
【入場料金】大人500円・中高生100円

【1回戦】
7/10 倉敷南 4-2 岡山
7/11 岡山御津 0-15 美作
7/11 玉野 0-12 岡山理大付
7/11 就実 0-4 岡山東商
7/11 西大寺 3-5 玉野商
7/11 津山 5-2 林野
7/11 津山東 0-8 創志学園
7/11 岡山学芸館 7-4 倉敷
7/12 高梁日新 1-0 総社南
7/12 興譲館 9-0 高梁
7/12 倉敷翠松 0-16 作陽
7/12 津山商 4-2 倉敷天城
7/12 興陽 1-6 岡山城東
7/12 東岡山工 3-4 岡山芳泉
7/12 吉備高原 0-10 岡山南
7/12 岡山一宮 0-6 備前緑陽
7/14 岡山白陵 1-9 金光学園
7/14 水島工 5-3 瀬戸
7/14 岡山商大付 2-9 倉敷古城池
7/14 岡山操山 2-5 岡山朝日
7/11 津山高専 1-8 玉野光南
7/14 明誠学院 6-0 邑久
7/15 勝山 13-0 岡山大安寺
7/15 倉敷鷲羽 7-0 岡山工
7/15 津山工 4-11 岡山共生
7/15 笠岡工 1-7 笠岡商
7/10 和気閑谷 2-4 倉敷青陵
【2回戦】
7/16 倉敷工 8-0 倉敷南
7/16 美作 0-7 岡山理大付
7/16 岡山東商 5-1 玉野商
7/16 津山 0-10 創志学園
7/16 岡山学芸館 2-0 高梁日新
7/16 興譲館 5-3 作陽
7/16 津山商 1-7 岡山城東
7/16 岡山芳泉 7-8 おかやま山陽
7/17 玉島商 3-0 岡山南
7/17 備前緑陽 1-8 金光学園
7/17 水島工 1-9 倉敷古城池
7/17 岡山朝日 0-1 玉野光南
7/17 倉敷商 4-0 明誠学院
7/17 勝山 5-6 倉敷鷲羽
7/17 岡山共生 3-2 笠岡商
7/17 倉敷青陵 0-7 関西
【3回戦】
7/18 倉敷工 2-3 岡山理大付
7/18 岡山東商 1-5 創志学園
7/18 岡山学芸館 6-7 興譲館
7/18 岡山城東 4-7 おかやま山陽
7/20 玉島商 3-4 金光学園
7/20 倉敷古城池 1-3 玉野光南
7/20 倉敷商 4-1 倉敷鷲羽
7/20 岡山共生 0-11 関西
【準々決勝】
7/21 岡山理大付 0-6 創志学園
7/21 興譲館 1-4 おかやま山陽
7/22 金光学園 3-5 玉野光南
7/22 倉敷商 5-1 関西
【準決勝】
7/24 創志学園 7-1 おかやま山陽
7/24 玉野光南 5-0 倉敷商
【決勝】
7/25 創志学園 4-1 玉野光南
※創志学園は初出場


◆中国地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【広島】投手力のある広島新庄、崇徳が一歩リードか
⇒【鳥取】県3連覇中の鳥取城北にスキあり?鳥取西や倉吉東はチャンスか
⇒【島根】春の県大会準優勝の大東、悲願達成なるか
⇒【山口】秋春王者の早鞆とセンバツ出場の南陽工が実力上位か

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク