高校野球・夏の広島予選 投手力のある広島新庄、崇徳が一歩リードか【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権広島大会。昨年は広島新庄が優勝し初の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

広島大会注目校へ
広島大会組み合わせへ

2015年秋季広島大会

ベスト8に進出したのは宮島工、近大福山、如水館、尾道、広陵、広島新庄、広島国際学院、崇徳。宮島工−近大福山は、3回表に宮島工が6点を先制。両チーム1点ずつ挙げて宮島工が7-1とリードで迎えた5回裏、近大福山は3点を返し3点差に。8回裏にも近大福山が1点を返しましたが、逃げ切った宮島工が7-5で勝ちました。

如水館−尾道は、初回に如水館が4点を先制。追いかける尾道は7回裏に3点を返しますが4-3で如水館が勝利。広島新庄−広陵は、3回裏に2点を先制した広島新庄が広陵打線を封じ込んで3-0の完封勝ち。広島国際学院−崇徳は、初回に1点を先制した広島国際学院が4回と8回にも3点ずつ追加。崇徳も8回裏になんとか1点を返しますが7-1で広島国際学院が勝ちました。

準決勝の宮島工−如水館は、3回表に1点を先制した宮島工が6回表にも1点を追加。8回まで無得点だった如水館は9回裏、一気に3点を奪って逆転サヨナラ勝ち。広島国際学院−広島新庄は、広島新庄が1回裏に1点を先制すると6回表にも2点を追加し3-0。8回まで0行進で後がなくなった広島国際学院は9回表、一気に5点を奪い逆転に成功。9回裏の広島新庄の攻撃を0で抑えた広島国際学院が5-3で勝ちました。

如水館−広島国際学院の決勝戦は、1回裏に広島国際学院が2点を先制。リードされた如水館は5回表に1点を返すと6回表にも2点を挙げて逆転。しかし広島国際学院は7回裏に3点を奪って再逆転。如水館も9回表に1点を返しますが5-4で広島国際学院が勝ち、優勝しました。

広島国際学院と如水館、3位決定戦で勝った広島新庄は中国大会に出場。広島国際学院と広島新庄は残念ながら初戦敗退でしたが如水館は浜田(島根)、倉敷工(岡山)を破り準決勝進出。準決勝では南陽工(山口)に負けてしまいましたがベスト4の成績を残しました。

2016年春季広島大会

ベスト8に進出したのは広陵、尾道商、西条農、崇徳、如水館、広島新庄、広島商、大竹。広陵−尾道商は、初回に1点を先制した広陵が終始ペースを握り7-1で快勝。西条農−崇徳は、1回裏に1点を先制した崇徳が2回裏に2点、6回裏に1点を追加。西条農も7回表に1点を返しましたが4-1で崇徳が勝ちました。

如水館−広島新庄は、2-2の同点で迎えた7回裏に広島新庄が1点を勝ち越し。さらに8回裏にも1点を追加し突き放しますが、9回表に如水館は一気に4点を奪い逆転。そのまま逃げ切った如水館が6-4で勝利。大竹−広島商は、1回表に大竹が1点を先制しますが、3回裏に同点に追いついた広島商が4回裏に勝ち越し。さらに点差を広げた広島商が8-1の8回コールド勝ち。

準決勝の崇徳−広陵は、2-5とリードされた崇徳が4回表に2点、5回表に1点を奪い同点とすると7回表に1点を勝ち越し。8回表にも1点を追加した崇徳が7-5で広陵を下しました。如水館−広島商は、1点を先制された広島商が2回裏に2点を奪い逆転。如水館は4回表に同点に追いつくと5回表、6回表にも1点ずつ加え4-2。粘る広島商は8回裏に2点を返して同点としますが、延長10回表に1点を勝ち越した如水館が5-4で勝ちました。

如水館−崇徳の決勝戦は、如水館が4回表に1点を先制。崇徳も6回裏に1点を返し同点。その後、両チーム無得点で試合は延長戦に。1-1のままで迎えた13回裏に1点を奪った崇徳が2-1のサヨナラ勝ちで優勝を決めました。崇徳は中国大会に出場。鳥取西、倉吉東の鳥取勢を下し決勝に進出。決勝戦は早鞆(山口)に5-0の完封勝ち。見事に中国大会を制覇しました。

広島新庄(私立・北広島町)

昨年代表校で昨秋ベスト4、今春ベスト8。昨夏の甲子園でも好投した堀瑞輝投手はさらにパワーアップ。キレのある速球、変化球で三振を奪うことができ、今年のドラフト候補。野手も杉村泰嘉選手と北谷奨吾選手が注目選手として名前が挙がっており投打ともにレベルは高い。打線の爆発力に欠けるところはありますが、しっかりとした守りで2年連続2回目の甲子園を狙います。

崇徳(私立・広島市)

昨秋は準々決勝で広島国際学院に敗れてベスト8止まりでしたが、今春は優勝し中国大会も制覇しました。注目選手として名前の挙がる高原健大朗投手を中心とする投手陣は中国大会3試合でわずか1失点。秋春の県大会でもほとんどの試合で1失点以下と安定感はすごい。俊足強打の松本龍憲選手は50m5秒9。序盤から塁に出て足でかき回したい。最近は甲子園から遠ざかっていますが今年はチャンス十分。優勝すれば40年ぶり3回目の甲子園です。

如水館(私立・三原市)

昨秋、今春ともに準優勝。惜しくも優勝は逃しましたが、秋の広島国際学院戦も春の崇徳戦も1点差負けで力負けではない。多少失点が多めではありますが野球センス抜群の持田大和選手を中心とした攻撃陣が点数を取ってカバーしたい。大崩れをしない総合力で5年ぶり8回目の甲子園を目指します。

広島国際学院(私立・海田町)

昨秋の県大会を制して中国大会にも出場。今春は1回戦で盈進に1-2で敗れましたが、春は崇徳、広島新庄、如水館を連続で倒しておりチーム力は十分ありそう。夏の初戦で選手が硬くならないか少し心配ですが、秋の優勝は偶然ではなかったことを証明したい。秋の再現で春夏通じて初の甲子園出場を狙います。

広陵(私立・広島市)

昨秋ベスト8、今春はベスト4。優勝は逃がしたものの投打ともレベルは高く総合力は県内トップクラス。来年のドラフト候補として名前の挙がっている2年生の平元銀次郎投手は伸びしろも十分で楽しみなピッチャー。得点力のある攻撃陣が好投手を打ち崩せるかがポイントとなりそう。優勝すれば2年ぶり22回目の甲子園。

広島商(公立・広島市)

昨秋は県大会1回戦で西条農に4-5で敗れましたが、今春はベスト4まで進出。春は決して多いとは言えない得点を投手陣を中心にしっかりと守り抜いて勝ち上がってきました。近年は低迷気味ではありますが、広商野球復活で12年ぶり23回目の甲子園出場なるかに注目したい。

尾道(私立・尾道市)

昨秋ベスト8、今春は3回戦敗退。秋は如水館に3-4で、春は広島商に延長戦の末に2-4で敗れてしまいましたが、優勝を争うライバルとなりそうなチームとほぼ互角の戦いをしており非常に楽しみなチーム。春夏通じて甲子園の出場経験はありませんが、勢いに乗って一気に悲願を達成することができるか。

盈進(私立・福山市)

昨秋、今春はともに3回戦で如水館に敗れて敗退。秋はコールド負けを喫しましたが、春は1点差の逆転負けと成長を続けています。また春には秋の県大会を制した広島国際学院にも勝っており侮れないチームとなりそう。優勝すれば42年ぶり3回目の甲子園です。

投手力のある広島新庄と崇徳がリードか 広島国際学院は春の再現なるか

秋季大会は優勝した広島国際学院をはじめ宮島工、近大福山、尾道がベスト8入り。春季大会では尾道商、西条農、大竹がベスト8に入り、これらのチームがどこまで勝ち上がるのかも見どころの一つになりそう。秋春ともにベスト8以上の広島新庄、崇徳、如水館、広陵はチーム力も安定しており優勝争いの中心となりそうだが、その中でも投手力の高い広島新庄と崇徳が一歩リードか。春優勝で初の甲子園を目指す広島国際学院や宮島工、尾道などが躍進すれば混戦模様となり面白い展開になりそう。また、久しぶりの甲子園を狙う広島商の戦いぶりにも注目したい。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権広島大会 組み合わせ

【抽選日】6月25日(土)
【使用球場】マツダスタジアム・コカコーラウエスト野球場・呉二河球場・しまなみ球場・やまみ三原市民球場・三次きんさいスタジアム・福山市民球場・東広島アクアスタジアム

【1回戦】
7/10 千代田 0-10 三次
7/11 瀬戸内 10-0 戸手
7/10 呉三津田 11-0 加計
7/11 舟入 4-3 安佐北
7/11 宮島工 4-3 修道
7/9 五日市 0-5 広島工
7/11 観音 10-0 熊野
7/11 広島国際学院 6-5 庄原格致
7/11 井口 14-4 賀茂北
7/10 竹原 2-5 忠海
7/10 高陽東 1-9 広島国泰寺
7/11 武田 5-2 沼田
7/10 並木学院 2-9 吉田
7/10 加計芸北 9-2 明王台
7/11 世羅 5-1 因島
7/10 尾道 11-1 広島市工
7/11 山陽 7-0 油木
7/11 福山 1-2 祇園北
7/10 沼南 0-22 盈進
7/10 広 4-2 広島工大高
7/10 呉昭和・河内(連合) 1-4 呉商
7/10 日彰館 2-6 海田
7/11 上下 2-2 福山葦陽
7/12 上下 3-2 福山葦陽
7/10 福山商 0-15 呉宮原
7/10 城北 9-0 松永
7/11 市呉 6-5 福山工
7/10 神辺旭 1-0 三次青陵
7/10 安芸南 3-2 広島商船
【2回戦】
7/15 如水館 10-3 三次
7/15 瀬戸内 14-0 三原東
7/15 音戸・大柿(連合) 0-8 呉三津田
7/14 総合技術 6-3 尾道東
7/15 安芸府中 6-4 舟入
7/14 宮島工 9-7 美鈴が丘
7/14 向原 1-6 広島工
7/14 観音 6-1 尾道商
7/15 大竹 4-3 広島国際学院
7/15 井口 4-5 福山誠之館
7/15 湯来南 0-10 忠海
7/15 庄原実 10-0 可部
7/14 呉港 7-0 広島国泰寺
7/15 武田 13-0 黒瀬
7/15 基町 9-10 吉田
7/14 加計芸北 0-7 広陵
7/15 崇徳 7-0 世羅
7/14 尾道 10-0 神辺
7/14 呉工 3-4 山陽
7/14 大門 0-5 府中
7/15 府中東 2-1 祇園北
7/15 盈進 1-0 尾道北
7/15 廿日市 0-1 広
7/14 呉商 0-4 西条農
7/15 広島新庄 18-1 海田
7/15 上下 2-8 呉高専
7/14 近大福山 11-2 呉宮原
7/14 三原 5-8 廿日市西
7/14 賀茂 7-5 城北
7/15 市呉 4-7 安西
7/14 英数学館 8-6 神辺旭
7/14 安芸南 1-11 広島商
【3回戦】
7/17 如水館 5-2 瀬戸内
7/16 呉三津田 2-5 総合技術
7/17 安芸府中 0-3 宮島工
7/16 広島工 0-2 観音
7/17 大竹 0-3 福山誠之館
7/16 忠海 2-4 庄原実
7/17 呉港 2-1 武田
7/16 吉田 0-8 広陵
7/16 崇徳 2-1 尾道
7/17 山陽 5-4 府中
7/17 府中東 2-5 盈進
7/16 広 1-2 西条農
7/17 広島新庄 10-0 呉高専
7/16 近大福山 0-3 廿日市西
7/17 賀茂 0-2 安西
7/16 英数学館 0-9 広島商
【4回戦】
7/20 如水館 9-6 総合技術
7/20 宮島工 7-3 観音
7/20 福山誠之館 2-1 庄原実
7/20 呉港 0-7 広陵
7/20 崇徳 3-1 山陽
7/20 盈進 0-1 西条農
7/20 広島新庄 6-0 廿日市西
7/20 安西 4-11 広島商
【準々決勝】
7/23 如水館 9-5 宮島工
7/23 福山誠之館 1-11 広陵
7/23 崇徳 7-6 西条農
7/23 広島新庄 5-4 広島商
【準決勝】
7/24 如水館 10-0 広陵
7/24 崇徳 1-4 広島新庄
【決勝】
7/26 如水館 4-5 広島新庄
※広島新庄は2年連続2回目


◆中国地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【岡山】150キロ右腕、高田萌生(創志学園)のピッチングに注目
⇒【鳥取】県3連覇中の鳥取城北にスキあり?鳥取西や倉吉東はチャンスか
⇒【島根】春の県大会準優勝の大東、悲願達成なるか
⇒【山口】秋春王者の早鞆とセンバツ出場の南陽工が実力上位か

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク