高校野球・夏の新潟予選 北越や五泉が旋風を巻き起こすかにも注目【2016年】

2016年7月8日(金)から開幕する高校野球選手権新潟大会。昨年は中越が優勝し12年ぶり9回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

新潟大会注目校へ
新潟大会組み合わせへ

2015年秋季新潟大会

ベスト8に進出したのは新潟県央工、村上桜ヶ丘、糸魚川、東京学館新潟、新潟明訓、五泉、新潟商、日本文理。新潟県央工−村上桜ヶ丘は、3回裏に一挙6点を先制した村上桜ヶ丘が4回裏にも2点を追加。新潟県央工を0点で抑えた村上桜ヶ丘が8-0の7回コールド勝ち。糸魚川−東京学館新潟は、5回裏に2点を先制した東京学館新潟が6回裏にも3点を追加。そのまま逃げ切った東京学館新潟が5-0の完封で勝ちました。

新潟明訓−五泉は、3回裏に1点を先制した五泉は4回表に同点とされますが、その裏に3点を勝ち越し。新潟明訓も9回表に1点を返しましたが反撃及ばず、4-2で五泉が勝ちました。新潟商−日本文理は、初回に2点を先制した日本文理が5回以降も得点を重ね7-0の8回コールド勝ち。

準決勝の村上桜ヶ丘−東京学館新潟は、0-0で迎えた6回表に村上桜ヶ丘が4点を先制。さらに9回表にも2点を追加した村上桜ヶ丘が6-0の完封勝利で東京学館新潟を下しました。五泉−日本文理は、初回に2点を先制した日本文理が五泉打線を完璧に抑え7-0の7回コールドで圧勝しました。

日本文理−村上桜ヶ丘の決勝戦は、3回表に2点を先制した日本文理が6回までに6-0とリード。村上桜ヶ丘も7回裏と9回裏に1点ずつを返しますが追いつくことができず試合終了。6-2で勝った日本文理が優勝しました。日本文理と村上桜ヶ丘、3位決定戦で勝った東京学館新潟は北信越大会に出場。村上桜ヶ丘と東京学館新潟は残念ながら初戦敗退。日本文理は準々決勝まで勝ち進みましたが佐久長聖(長野)に延長戦の末、1-2で惜しくも敗れてしまいました。

2016年春季新潟大会

ベスト8に進出したのは加茂暁星、長岡大手、北越、新発田南、帝京長岡、新潟明訓、新津、長岡工。加茂暁星−長岡大手は、3回表までは加茂暁星が3-1とリード。しかし3回裏に3点を奪って逆転に成功した長岡大手は4回裏に2点、5回裏にも7点と猛打爆発。13-3の5回コールドで長岡大手が圧勝しました。

北越−新発田南は、3-3の同点で迎えた8回表、北越が一挙6得点のビッグイニング。このリードを守った北越が9-3で勝ちました。帝京長岡−新潟明訓は、5回裏に新潟明訓が3点を先制。帝京長岡も9回表に2点を返し粘りを見せますが逃げ切った新潟明訓が3-2で勝利。新津−長岡工は、3回裏に長岡工が2点を先制。新津も4回表に1点を返しますが、5回裏に1点を追加した長岡工が3-1で勝ちました。

準決勝の長岡大手−北越は、1回裏に北越が7点を先制。一方的な展開になるかと思われましたが、長岡大手は徐々に反撃し4-8で迎えた7回表に3点を奪いついに1点差に。しかしあと1点が遠く、ギリギリで逃げ切った北越が8-7で勝ち、決勝へコマを進めました。長岡工−新潟明訓は、4回裏に1点を先制した新潟明訓が5回裏にも1点を追加。長岡工に1点も与えなかった新潟明訓が2-0の完封で勝ちました。

北越−新潟明訓の決勝戦は、初回に3点を先制した北越が7回表までに10-3と大きくリード。それでも粘る新潟明訓は7回裏に3点を返すと8回裏にも1点を追加。そして3点差で迎えた9回裏、一気に4点を奪い7点差をひっくり返した新潟明訓が11-10の大逆転勝ちで優勝しました。新潟明訓と北越は北信越大会に出場。北越は初戦敗退でしたが、新潟明訓は初戦となる準々決勝で啓新(福井)にコールドで勝ち、準決勝まで進出しました。

中越(私立・長岡市)

昨年代表校。昨秋は1回戦、今春は4回戦敗退。連続出場を狙う中越ですが、秋の五泉戦と春の北越戦はいずれも完封負け。得点力は決して低いわけではないが、昨夏に比べると多少物足りない感じも。投手力はそこそこ安定しているだけに得点力アップで2年連続10回目の甲子園を狙います。

新潟明訓(私立・新潟市)

昨秋ベスト4、今春優勝で北信越大会ベスト4。春の決勝戦では10失点しましたが、それ以外の試合ではほとんど3失点以内と安定した投手陣が強み。10点を失った北越との決勝戦では3-10と7点差をつけられながら、終盤の3イニングだけで試合をひっくり返した粘り強さとチーム力は魅力。春の勢いそのままに4年ぶり8回目の甲子園を目指します。

日本文理(私立・新潟市)

昨春優勝、今春は3回戦敗退。秋の大会で高打率を残し、注目選手に名前の挙がっている荒木陵太選手らの野手陣とコントロールのいい藤塚光二郎投手らの投手陣はともにレベルが高く、優勝候補の筆頭か。昨夏の決勝で敗れた悔しさを胸に今年の夏に挑みます。優勝すれば2年ぶり9回目の甲子園。

北越(私立・新潟市)

今春の県大会では日本文理、中越を破り準優勝。決勝では惜しくも新潟明訓に10-11で敗れてしまいましたが終盤まで10-3とリードを奪うなど優勝目前までいきました。準優勝によって北信越大会を経験できたことも夏に向けてプラスになりそう。春夏通じて甲子園出場経験はありませんが旋風を巻き起こす可能性があり非常に楽しみなチームです。

村上桜ヶ丘(公立・村上市)

昨春準優勝。近年は毎年のように優勝候補に名前が挙がるもののいまだに大きな壁を破ることはできていない。昨秋は中軸を打ち、評価の高い西野護選手をケガで欠きながら準優勝。西野選手が万全の状態まで回復していれば、さらに打線の厚みは増しそうです。あとは投手陣がどれだけ踏ん張れるかがポイントとなりそう。今年こそ悲願達成できるかに注目したい。

五泉(公立・五泉市)

江村伊吹投手を中心とする投手陣が安定し、昨秋は中越、新潟明訓を破りベスト4まで進出。ただ敗れた秋の準決勝の中越戦、3位決定戦の日本文理戦、春4回戦の長岡大手戦の3試合の合計得点はわずか1点と好投手と対峙した時の得点力に課題を残す。夏までに打線が進化しているかも楽しみにしたい。優勝すれば春夏通じて初の甲子園です。

帝京長岡(私立・長岡市)

昨秋は1回戦敗退、今春はベスト8。春の準々決勝は惜しくも1点差で新潟明訓に敗れてしまいましたが再び上位に進出してくる可能性はありそう。投げては130キロ後半のストレート、打っては一発のある長距離砲として評価の高いバンゴーゼム・ゲレック・高選手に注目したい。優勝すれば春夏通じて初の甲子園。

日本文理など甲子園常連校に初出場を狙う北越などが挑む

昨年代表校の中越をはじめ日本文理、新潟明訓などの甲子園常連校が優勝候補に名前が上がる一方、甲子園初出場を狙う北越、五泉、村上桜ヶ丘、帝京長岡、長岡大手など楽しみなチームも多く面白い大会となりそう。戦力的には日本文理、新潟明訓が優位に立ちそうだが勢いのある北越、五泉といったところも目が離せない。また、甲子園に手が届きそうで届かない村上桜ヶ丘の戦いぶりにも注目したいです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権新潟大会 組み合わせ

【抽選日】6月24日(金)
【使用球場】ハードオフエコスタジアム新潟・新潟市鳥屋野運動公園野球場・新発田市五十公野公園野球場・新潟市みどりと森の運動公園野球場・長岡市悠久山野球場・柏崎市佐藤池球場・上越市高田公園野球場

【1回戦】
7/8 新潟西 8-1 羽茂
7/10 上越 10-0 分水
7/10 佐渡 2-0 新潟江南
7/11 高田農 7-2 小千谷
7/11 新発田商 2-8 加茂
7/11 新潟商 6-5 新潟第一
7/10 新潟産大付 5-9 三条東
7/10 新潟東 3-5 佐渡総合
7/10 関根学園 9-7 吉田
7/10 新発田 4-5 新津南
7/9 柏崎工 3-2 高田商
7/10 有恒 1-5 小千谷西
7/10 阿賀黎明 0-10 東京学館新潟
7/10 塩沢商工 10-0 栃尾
7/10 松代 8-1 新井
7/11 村松 3-8 白根
7/11 海洋 0-10 小出
7/10 長岡 10-0 長岡農
7/11 万代 2-1 中条
7/10 正徳館 0-45 上越総合技術
7/10 新潟南 12-1 新潟北
7/10 阿賀野 0-10 新潟工
【2回戦】
7/12 新潟明訓 9-6 新潟西
7/12 堀之内 2-14 三条商
7/12 十日町 1-0 上越
7/12 佐渡 11-1 開志学園
7/14 長岡商 10-6 高田農
7/14 新潟青陵 8-1 新潟向陽
7/13 柏崎 9-0 十日町総合
7/13 加茂 0-9 新津
7/13 新発田南 1-0 新潟商
7/13 六日町 3-1 長岡向陵
7/13 糸魚川白嶺 1-6 三条東
7/13 佐渡総合 8-9 巻
7/12 新潟県央工 0-4 関根学園
7/12 新津南 2-7 村上
7/12 新発田農 2-3 新津工
7/12 柏崎工 4-6 長岡工
7/12 長岡大手 9-2 小千谷西
7/12 巻総合 1-11 村上桜ヶ丘
7/12 日本文理 10-0 東京学館新潟
7/12 塩沢商工 9-8 見附
7/14 糸魚川 7-0 松代
7/14 新潟 9-2 豊栄
7/14 高田 2-3 高田北城
7/13 白根 0-5 加茂暁星
7/14 帝京長岡 10-0 小出
7/14 新発田中央 13-3 敬和学園
7/14 三条 3-5 長岡
7/14 万代 2-14 五泉
7/12 中越 5-2 上越総合技術
7/12 新潟南 8-0 加茂農林
7/12 柏崎常盤・柏崎総合・川西・久比岐(連合) 6-2 長岡高専
7/12 新潟工 1-14 北越
【3回戦】
7/16 新潟明訓 9-2 三条商
7/16 十日町 3-1 佐渡
7/17 長岡商 9-3 新潟青陵
7/17 柏崎 5-4 新津
7/17 新発田南 2-5 六日町
7/17 三条東 2-4 巻
7/16 関根学園 0-4 村上
7/16 新津工 2-3 長岡工
7/16 長岡大手 6-5 村上桜ヶ丘
7/16 日本文理 7-0 塩沢商工
7/17 糸魚川 2-1 新潟
7/17 高田北城 5-6 加茂暁星
7/17 帝京長岡 6-5 新発田中央
7/17 長岡 1-7 五泉
7/16 中越 3-0 新潟南
7/16 柏崎常盤柏崎総合川西久比岐(連合) 0-7 北越
【4回戦】
7/18 新潟明訓 7-0 十日町
7/18 長岡商 3-2 柏崎
7/18 六日町 0-10 巻
7/18 村上 2-11 長岡工
7/18 長岡大手 2-1 日本文理
7/18 糸魚川 2-3 加茂暁星
7/18 帝京長岡 10-3 五泉
7/18 中越 13-2 北越
【準々決勝】
7/21 新潟明訓 1-0 長岡商
7/21 巻 4-1 長岡工
7/21 長岡大手 0-2 加茂暁星
7/21 帝京長岡 1-10 中越
【準決勝】
7/23 新潟明訓 6-4 巻
7/23 加茂暁星 3-6 中越
【決勝】
7/24 新潟明訓 2-10 中越
※中越は2年連続10回目


◆北信越地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【長野】秋春の県大会を制した長野商と松本第一の戦いに注目

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク