高校野球・夏の岩手予選 盛岡大付・一関学院・花巻東が軸 選抜出場の釜石は少し厳しいか【2016年】

2016年7月8日(金)から開幕する高校野球選手権岩手大会。昨年は花巻東が優勝し2年ぶり8回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

岩手大会注目校へ
岩手大会組み合わせへ

2015年秋季岩手大会

ベスト8に進出したのは専大北上、盛岡大付、一関学院、福岡、花巻南、花北青雲、釜石、宮古。専大北上−盛岡大付は、1点を先制された専大北上が4回表に2点を奪い逆転。盛岡大付は5回裏に同点に追いつくと6回裏に1点を勝ち越し。7回表に専大北上が再び追いつきますが、7回裏に2点を勝ち越した盛岡大付が5-3で勝ちました。

一関学院−福岡は、6回表に2点を先制した一関学院が7回以降も得点を重ね7-1で快勝。花巻南−花北青雲は、3-3の同点で迎えた7回表に1点を勝ち越した花巻南が4-3で逃げ切り勝ち。釜石−宮古は、4回裏に宮古が1点を先制。無得点が続いた釜石は9回表に1点を返し同点にすると延長10回表、3点を勝ち越し4-1で宮古を下しました。

準決勝の一関学院−盛岡大付は、6回裏に1点を先制した盛岡大付が7回裏にも4点を追加。一関学院に得点を許さなかった盛岡大付が5-0の完封で勝ちました。花巻南−釜石は、初回に釜石が2点を先制。花巻南も5回表に1点を返しますが、5回裏に1点を奪った釜石が3-1で勝ちました。

釜石−盛岡大付の決勝戦は、1点ビハインドの釜石が5回表に1点を奪い3-3の同点に。追いつかれた盛岡大付は5回裏に3点を挙げて勝ち越し。その後は両チームとも得点することができず6-3で勝った盛岡大付が優勝しました。盛岡大付と釜石、3位決定戦で勝った一関学院は東北大会に出場。釜石は初戦敗退となってしまいましたが、盛岡大付と一関学院は準決勝まで進出。ともに準決勝で敗れてしまいましたが好成績を残しました。

2016年春季岩手大会

ベスト8に進出したのは一関工、花巻南、一関学院、釜石商工、千厩、盛岡大付、高田、花巻東。一関工−花巻南は、初回に5点を先制した花巻南が3回裏にも1点を追加し6-0と大きくリード。リードを許した一関工は4回表に1点、5回表に4点を返し1点差まで詰め寄ると、7回表に2点を奪いついに逆転。9回表にも1点を追加した一関工が8-6の大逆転で勝ちました。

一関学院−釜石商工は、2回表に一挙6点を奪った一関学院が圧倒し、10-0の7回コールド勝ち。千厩−盛岡大付は、3回裏に盛岡大付が一気に7点を先制。6回裏にも1点を追加した盛岡大付が8-0の7回コールドで千厩を下しました。高田−花巻東は、3回表に高田が4点を先制。しかし3回裏に2点を返した花巻東は5回裏に同点に追いつくと6回裏に2点を勝ち越し。8回裏にもダメ押しとなる3点を奪った花巻東が9-4で勝ちました。

準決勝の一関工−一関学院は、3-2と1点をリードした一関学院が3回裏に2点を追加。4回裏と7回裏にも得点を挙げた一関学院が一関工に反撃のスキを与えず8-2で快勝。花巻東−盛岡大付は、1回裏に盛岡大付が2点を先制。2回裏にも1点を追加しましたが6回表、花巻東が一気に4点を奪い逆転。7回表、9回表にも追加点を挙げた花巻東が11-3で勝ちました。

一関学院−花巻東の決勝戦は、2回表に2点を先制した一関学院が7回を終えて3-1とリード。8回は両チームとも1点ずつ取り合いましたが、花巻東に1度もリードを許さなかった一関学院が4-2で勝ち、優勝を決めました。一関学院と花巻東、3位決定戦で勝った盛岡大付は東北大会に出場。一関学院と盛岡大付は初戦で敗退。花巻東は準決勝まで勝ち進みましたが東陵(宮城)に0-9の7回コールド負けを喫してしまいました。

花巻東(私立・花巻市)

昨年代表校。昨秋は盛岡大付に敗れ2回戦敗退、今春はその盛岡大付に準決勝で勝ち準優勝。決勝では一関学院に2-4で敗れて惜しくも優勝は逃しましたが投手陣は安定。昨夏の甲子園でも4番を打ち活躍した熊谷星南選手も残っており、投打のバランスもいい。秋春とも優勝はできませんでしたが巻き返して2年連続9回目の甲子園を目指します。

一関学院(私立・一関市)

昨秋ベスト4、今春は優勝。春の県大会では全試合2失点以内に抑えて安定感のある投手陣が強み。秋は県大会の準決勝と東北大会準決勝で完封負けを喫しましたが、春は完封負けもなく打線も上向き。投打がガッチリとかみ合えば6年ぶり7回目の甲子園も見えてきそうです。

盛岡大付(私立・盛岡市)

昨秋県大会優勝で東北大会ベスト4、今春は県大会ベスト4で東北大会は1回戦敗退。小柄ながら中軸を打つ植田拓選手らを中心とした打線は得点力も高いが春の花巻東戦で11失点、八戸工大一(青森)戦で9失点を喫した投手陣が少し心配。前評判の高い井上涼平投手を擁するだけに立て直したいところ。それでも優勝争いには絡んできそうです。優勝すれば2年ぶり9回目の甲子園です。

釜石(公立・釜石市)

昨秋は準優勝で東北大会にも出場し21世紀枠でセンバツにも選出。今春は一関工に敗れ1回戦敗退。強豪私立校とどう戦うかが県大会を勝ち抜くためのポイントとなりそう。滋賀学園(滋賀)に1-9で完敗した甲子園の舞台を思い出だけで終わらせるのか、忘れ物を取りに戻るのか、その戦いぶりに注目したい。優勝すれば夏は初めての甲子園。

花巻南(公立・花巻市)

昨秋ベスト4、今春はベスト8。なかなか8強以上まで勝ち残れなかったチームは昨秋から急成長を遂げ、2季連続でベスト8以上の好成績。秋はその後センバツ出場を決めた釜石に1-3とほぼ互角の展開。春の準々決勝では一関工に6-8で敗れはしましたが、途中まで6-0でリードを奪うなど面白い存在になりそう。甲子園経験校の壁はまだまだ厚いですが春夏通じて初の甲子園出場に向けて夏の大会に挑みます。

高田(公立・陸前高田市)

昨秋は2回戦敗退、今春はベスト8。春は1回戦で専大北上を破り、準々決勝では花巻東に敗れはしましたが4点を先制するなど私立校相手にもひるむところは見せない。投手陣さえ踏ん張ることが出来れば波乱を巻き起こす可能性もありそうです。優勝は容易ではありませんが公立校の意地を見せ28年ぶり2回目の甲子園を目指します。

安定した力を発揮した盛岡大付、一関学院と昨年王者の花巻東が軸か

優勝争いは秋優勝で春ベスト4の盛岡大付、秋ベスト4で春優勝の一関学院、そして昨夏優勝で春準優勝の花巻東を軸に展開されそう。この3校は選手層も厚く安定感があり総合力でも他チームを寄せつけない。21世紀枠でセンバツに出場した釜石にも期待したいが投手力も含め少し厳しそう。その他にも専大北上や一関工、高田、花巻南なども優勝を狙いますが上位陣とは差があるので、いかにして戦っていくかに注目したい。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権岩手大会 組み合わせ

【抽選日】6月24日(金)
【使用球場】岩手県営野球場・花巻球場・金ケ崎森山総合公園野球場

【1回戦】
7/8 遠野緑峰 1-10 釜石
7/8 盛岡市立 13-7 盛岡北
7/10 盛岡農 10-0 北上翔南
7/10 盛岡工 4-0 花巻農
【2回戦】
7/11 一関学院 2-1 釜石
7/11 岩谷堂 0-5 一関修紅
7/11 花北青雲 4-5 盛岡三
7/11 花巻北 6-5 盛岡一
7/10 前沢・宮古水産・沼宮内・大迫・雫石(連合) 0-10 大船渡
7/11 宮古 7-4 水沢
7/10 盛岡南 10-0 江南義塾
7/9 一関一 3-1 釜石商工
7/9 千厩 10-0 一関高専
7/10 宮古工 3-2 大船渡東
7/9 久慈 3-2 水沢工
7/10 平舘 13-0 西和賀
7/11 宮古商 5-11 久慈工
7/11 盛岡四 8-1 岩泉
7/11 水沢商 10-7 水沢一
7/11 盛岡市立 1-10 一関工
7/12 盛岡大付 16-1 盛岡農
7/12 福岡 3-0 葛巻
7/12 大槌 5-7 不来方
7/12 一関二 4-5 大東
7/13 金ケ崎 7-3 遠野
7/13 久慈東 3-2 岩手
7/13 盛岡商 2-5 伊保内
7/13 水沢農 0-13 高田
7/13 花巻南 5-4 盛岡中央
7/13 黒沢尻工 7-1 紫波総合
7/13 黒沢尻北 2-1 山田
7/13 福岡工 1-11 一戸
7/12 軽米 9-2 種市
7/12 専大北上 9-0 住田
7/12 花泉 1-8 大野
7/12 盛岡工 3-1 花巻東
【3回戦】
7/15 一関学院 13-3 一関修紅
7/15 盛岡三 8-1 花巻北
7/15 大船渡 2-7 宮古
7/15 盛岡南 5-2 一関一
7/15 千厩 6-3 宮古工
7/15 久慈 3-0 平舘
7/15 久慈工 1-2 盛岡四
7/15 水沢商 2-3 一関工
7/16 盛岡大付 7-0 福岡
7/16 不来方 5-1 大東
7/16 金ケ崎 11-0 久慈東
7/16 伊保内 2-9 高田
7/16 花巻南 7-8 黒沢尻工
7/16 黒沢尻北 7-8 一戸
7/16 軽米 2-9 専大北上
7/16 大野 3-5 盛岡工
【4回戦】
7/18 一関学院 4-1 盛岡三
7/18 宮古 4-1 盛岡南
7/18 千厩 4-1 久慈
7/18 盛岡四 1-2 一関工
7/19 盛岡大付 6-0 不来方
7/19 金ケ崎 2-2 高田
7/20 金ケ崎 1-8 高田
7/19 黒沢尻工 9-1 一戸
7/19 専大北上 5-2 盛岡工
【準々決勝】
7/21 一関学院 4-0 宮古
7/21 千厩 2-3 一関工
7/21 盛岡大付 14-0 高田
7/21 黒沢尻工 1-4 専大北上
【準決勝】
7/23 一関学院 5-2 一関工
7/23 盛岡大付 13-3 専大北上
【決勝】
7/24 一関学院 0−1 盛岡大付
※盛岡大付は2年ぶり9回目


◆北海道・東北地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【北北海道】2連覇を狙う白樺学園が優勝候補筆頭か 旭川西も実力上位
⇒【南北海道】札幌第一、北海道栄、駒大苫小牧が優勝争いの軸か
⇒【青森】選抜出場組の光星と青森山田がリード。春優勝の八戸西も注目
⇒【秋田】能代、明桜、秋田が有力も本命不在の戦国大会か
⇒【山形】酒田南や鶴岡東など打撃力のあるチームが有利か
⇒【宮城】仙台育英、東北、東陵の三つ巴か
⇒【福島】10連覇を狙う絶対王者の聖光学院VS全チームか

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク