高校野球・夏の大阪予選 寺島成輝の履正社か高山優希の大阪桐蔭か 組み合わせにも注目【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権大阪大会。昨年は大阪偕星学園が優勝し初の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

大阪大会注目校へ
大阪大会組み合わせへ

2015年秋季大阪大会

ベスト8に進出したのは汎愛、大阪桐蔭、履正社、東大阪大柏原、桜塚、阪南大高、大商大堺、大体大浪商。汎愛−大阪桐蔭は、初回に3点を先制した大阪桐蔭が2回裏にも1点を追加。3回以降は両チーム無得点で迎えた8回裏に2点を追加した大阪桐蔭が汎愛打線を9回表の1点に抑え6-1で快勝。履正社−東大阪大柏原は、1回表に2点を先制した履正社が3回に9得点を挙げるなど毎回得点の16-0の5回コールドで圧勝。

桜塚−阪南大高は、2回裏に2点を先制した阪南大高が3回以降も追加点を重ね7-0の7回コールド勝ち。大商大堺−大体大浪商は、2回表に2点を先制した大商大堺が7回表にも2点を追加。大体大浪商にスキを与えなかった大商大堺が4-0で完封勝ちしました。

準決勝の大阪桐蔭−履正社は、1回裏に履正社が1点を先制。リードを許した大阪桐蔭は3回表に2点を返し逆転。その後は両エースの投げ合いとなり両チーム無得点のまま試合終了。2-1で逃げ切った大阪桐蔭が決勝進出を決めました。大商大堺−阪南大高は、7回まで0-0の投手戦。大商大堺は8回表に2点を奪い均衡を破ると9回表にも1点を追加。阪南大高も9回裏に1点を返しましたが3-1で大商大堺が勝ちました。

大商大堺−大阪桐蔭の決勝戦は、初回に1点を先制した大阪桐蔭が3回にも3点を加えて4-0とリード。両チームとも1点ずつ挙げて迎えた7回表、大商大堺は一気に4点を奪い試合を振り出しに戻すと延長13回表に1点を勝ち越し、この試合初のリードを奪う。13回裏の大阪桐蔭の攻撃を0でしのいだ大商大堺が6-5で勝ち、優勝しました。

大商大堺と大阪桐蔭、3位決定戦で履正社に勝った阪南大高は近畿大会に出場。大商大堺は残念ながら初戦敗退。阪南大高は初戦は突破しましたが準々決勝で龍谷大平安(京都)にコールド負け。大阪桐蔭は決勝まで勝ち進み、滋賀学園(滋賀)を3-2で下して近畿大会を制覇しました。大阪桐蔭はセンバツ出場の切符を手にしました。

2016年春季大阪大会

ベスト8に進出したのは関西創価、大阪桐蔭、東大阪大柏原、関大北陽、履正社、大体大浪商、上宮太子、汎愛。関西創価−大阪桐蔭は、1回裏に2点、3回裏に3点を挙げた大阪桐蔭が7回裏にも1点を追加。関西創価は9回表に1点を返しましたが6-1で大阪桐蔭が勝ちました。東大阪大柏原−関大北陽は、4回裏に関大北陽が2点を先制。8回裏にも1点を追加した関大北陽が東大阪大柏原打線を抑え3-0の完封勝ち。

履正社−大体大浪商は、7回表までに4点を奪った履正社が、終盤の大体大浪商の反撃を振り切り4-2で逃げ切り勝ち。上宮太子−汎愛は、2回裏に1点を先制した汎愛が4回裏にも1点を追加。反撃したい上宮太子でしたが最後までホームが遠く、2-0の完封で汎愛が勝ちました。

準決勝の関大北陽−大阪桐蔭は、初回に1点を先制した大阪桐蔭が3回裏にも3点を追加し関大北陽を突き放すと、6回裏にダメ押しとなる1点を追加。関大北陽も1点は返しましたが5-1で大阪桐蔭が勝ちました。汎愛−履正社は、1点をリードした履正社が5回裏に3点、6回裏に2点、8回裏に1点を挙げ7-0の8回コールドで汎愛を下しました。

履正社−大阪桐蔭の決勝戦は、1回表に1点を先制した履正社が6回までに5-0とリード。大阪桐蔭も7回裏に1点を返しますが、8回表に1点を追加した履正社が6-1で勝ち、優勝しました。履正社は近畿大会に出場。1回戦では有田中央(和歌山)に10-0の5回コールド勝ち。準決勝は智弁和歌山(和歌山)に9-2の7回コールド。決勝はセンバツを制した智弁学園(奈良)に6-0と快勝し近畿大会優勝を決めました。

大阪偕星学園(私立・大阪市)

昨年代表校。昨秋は5回戦で大体大浪商に4-10、今春は4回戦で大阪桐蔭に2-14でいずれも大敗。それでも昨夏の甲子園を経験した岸頼大選手や的場優斗選手が引っ張る打線は強力。勝った5試合のうち3試合で二桁得点を記録しましたが、好投手をどう攻略するかと投手陣の立て直しが課題となりそう。前評判は決して高くないですが昨年のような快進撃で2年連続2回目の甲子園を狙います。

履正社(私立・豊中市)

昨秋は準決勝で大阪桐蔭に敗れてベスト4、今春は決勝で大阪桐蔭を破って優勝し近畿大会も制覇。特に春は近畿大会も含めて11試合で102得点7失点と圧巻の強さ。ドラフト候補で注目のエース寺島成輝や山口裕次郎、大畑理暉投手など好投手揃いの投手陣は全国トップクラス。最強投手陣と高い攻撃力で6年ぶり3回目の甲子園を目指します。

大阪桐蔭(私立・大東市)

昨秋は府大会準優勝から近畿大会制覇。今春は決勝で履正社に敗れて準優勝。150キロの速球を武器としドラフト候補に名前の挙がっているエースの高山優希投手に野手では永廣知紀、吉澤一翔、中山遥斗、栗林佑磨選手と注目選手がズラリと並ぶ豪華な打線。この強力打線が魅力ではあるが好投手と対戦した時、淡泊に終わってしまう一面も。多少不安な部分もありますが2年ぶり9回目の甲子園を狙います。

大体大浪商(私立・熊取町)

昨秋、今春ともベスト8。春の準々決勝では履正社に2-4で敗れましたが西田光汰投手を中心とする投手陣は安定しており大量失点を許さないのが強み。得点力も高く、好投手相手にもその打力を発揮できれば履正社と大阪桐蔭の2強に割り込むことも十分可能。昨夏の決勝で敗れた悔しさをバネに浪商時代以来、37年ぶり14回目の甲子園を目指します。

大商大堺(私立・堺市)

昨秋は大阪桐蔭を延長13回の末に破り優勝。今春は4回戦敗退。春の4回戦では東大阪大柏原に12-13と打ち負けましたが、1回戦から4回戦までの4試合で61得点と猛打爆発。打線の強さが目立ちますが、注目選手として名前の挙がる神田大雅投手もおり、他チームから見ても怖い存在になりそう。強力打線で悲願の甲子園初出場なるか。

阪南大高(私立・松原市)

昨秋は準決勝敗退も3位決定戦で履正社を1-0の完封で破り近畿大会に出場。今春は1回戦で敗退してしまいましたが上位に進出するだけの力はありそう。派手さはないが一戦一戦コツコツと勝ち上がっていく印象のチーム。優勝すれば大鉄時代以来、39年ぶり3回目の甲子園出場です。

関大北陽(私立・大阪市)

昨秋は大体大浪商に敗れて3回戦敗退も今春はベスト4。春の大会では二桁得点が3試合、完封勝ちが3試合と投打ともレベルは高い。先制して試合を有利に進めることが出来れば春のベスト4超えも。注目選手などはいませんがチーム力で北陽時代以来、17年ぶり7回目の甲子園を目指します。

汎愛(公立・大阪市)

昨秋ベスト8、今春はベスト4。公立校としては唯一の2季連続8強以上。秋は大阪桐蔭に、春は履正社に敗れましたが、昨夏も準々決勝まで進出しており侮れない存在になりそう。強豪私立校との間に大きな壁がありそうですが期待したい。優勝すれば春夏通じて初の甲子園出場です。

東大阪大柏原(私立・柏原市)

昨秋、今春ともベスト8。秋は履正社に0-16と大敗。春は関大北陽に0-3で敗戦。毎年のように上位まで進出はしてきますが相手が強くなるとなかなか得点を挙げれていないので好投手にどう対応していくかが課題になりそう。藤浪晋太郎の大阪桐蔭を破った時のような勢いで5年ぶり2回目の甲子園を狙いたい。

大冠(公立・高槻市)

昨秋、今春ともに3回戦敗退。目立った成績は残せませんでしたが、秋の3回戦では履正社の寺島投手から7点を奪うなど打力があり不気味な存在になりそう。試合は惜しくも7-8で敗れましたが注目したいチームです。優勝すれば春夏通じて初の甲子園。

大教大池田(国立・池田市)

昨秋は3回戦、今春は5回戦敗退。近年メキメキと力をつけてきた国立の高校。春の5回戦では0-4で上宮太子に敗れましたが大敗しておらず、春から夏にかけてさらに成長すれば8強入りの可能性も秘めてそうです。優勝までは厳しいと思いますが楽しみにしたい。優勝すれば春夏通じて初の甲子園です。

PL学園(私立・富田林市)

部員の募集停止に伴い3年生12人で挑む最後の夏。昨秋は1回戦で汎愛にサヨナラ負け、今春も初戦となる2回戦で太成学院大高にコールド負け。甲子園を狙える状態ではなさそうだが、過去に数々のドラマを起こしてきたPL学園のユニフォーム姿を1試合でも長く見ていたい人も多いのではないでしょうか。7年ぶり18回目の奇跡の甲子園出場は夢になるかもしれませんが、悔いのないように最後まで諦めずに戦ってもらいたいです。

ノーシード方式の組み合わせにも注目

寺島成輝投手の履正社と高山優希投手の大阪桐蔭の2強が頭一つリード。大阪以外だと順調に勝ち上がれば決勝戦で直接対決となりそうだが、大阪はシード制なしのフリー抽選。昨年は初戦でこの2チームが激突し、話題を集めたように今年も何が起きるか分からない。強豪校がバラける可能性もあるし、同じブロックに集中する可能性も。この予想できない組み合わせ次第では上位に進出するチームの顔ぶれも大きく変わりそう。履正社と大阪桐蔭はもちろん、優勝を狙う大体大浪商、大商大堺、関大北陽、最後の夏を迎えるPL学園などの組み合わせにも注目です。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権大阪大会 組み合わせ

【抽選日】6月24日(金)
【使用球場】京セラドーム大阪・万博記念公園野球場・南港中央野球場・花園中央公園野球場・豊中ローズ球場・舞洲ベースボールスタジアム・久宝寺緑地野球場

【1回戦】
7/10 島本 3-12 大産大付
7/10 桜宮 3-2 摂津
7/14 成城 1-14 池田
7/14 柴島 3-8 吹田
7/15 関西創価 8-1 旭
7/9 大阪 12-4 千里
7/14 大手前 13-6 千里青雲
7/14 南 0-17 高槻
7/15 福井 4-10 星翔
7/15 西 2-12 大商学園
7/16 箕面東 0-5 都島工
7/16 大阪青凌 2-12 常翔学園
7/10 扇町総合 3-13 東
7/10 交野 4-2 阿武野
7/10 豊中 4-11 豊島
7/14 槻の木 3-0 渋谷
7/14 淀商 6-5 英真学園
7/15 東淀川 1-8 関西大倉
7/15 枚方津田 2-1 大教大池田
7/15 門真西 0-1 北摂つばさ
7/15 早稲田摂陵 12-0 府大高専
7/16 寝屋川 5-3 北野
7/16 履正社 18-1 関大一
7/10 夕陽丘 4-13 大塚
7/10 阿倍野 7-0 成美・福泉・勝山・咲州・西成・野崎(連合)
7/10 登美丘 7-4 久米田
7/14 天王寺 1-8 上宮太子
7/14 東住吉総合 0-5 東住吉
7/15 長野 5-6 山本
7/15 大阪学芸 10-0 布施北
7/16 佐野工科 0-8 河南
7/9 堺西 8-1 高石
7/10 岸和田 18-0 農芸
7/10 興国 9-0 布施工科
7/10 上宮 9-2 堺工科
7/14 布施 7-0 貝塚南
7/14 高津 5-6 城東工科
7/15 泉大津 6-1 大教大天王寺
7/10 貝塚 2-10 大体大浪商
7/10 泉鳥取 7-6 住吉商
7/10 かわち野 14-1 岬
7/14 初芝立命館 7-0 花園
7/14 金剛 5-6 精華
7/14 富田林 15-1 長野北
7/16 和泉 4-5 八尾翠翔
7/15 清水谷 12-1 泉尾
7/15 大商大高 7-0 八尾
7/16 柏原東 0-6 日新
7/16 懐風館 5-2 金光八尾
【2回戦】
7/15 三島 7-4 箕面学園
7/16 守口東 0-10 大産大付
7/16 咲くやこの花 4-7 枚方なぎさ
7/17 大冠 3-6 桜宮
7/17 西野田工科 0-1 電通大高
7/18 太成学院大高 8-2 池田
7/18 港 2-5 桜塚
7/19 常翔啓光学園 0-3 吹田
7/19 東淀工 1-12 追手門学院
7/19 四條畷 0-5 関西創価
7/16 北かわち皐ヶ丘 0-7 刀根山
7/17 高槻北 2-1 大阪
7/17 牧野 0-9 東海大仰星
7/17 門真なみはや 7-13 大手前
7/18 大阪市立 0-7 大阪学院大高
7/18 春日丘 5-6 高槻
7/18 香里丘 4-1 星翔
7/19 淀川工科 6-7 大商学園
7/19 茨木工科 3-4 都島工
7/19 緑風冠 9-1 常翔学園
7/16 北淀・池田北・能勢・茨田・西淀川・藍野(連合) 0-11 関大北陽
7/17 大阪桐蔭 13-2 東
7/17 大阪国際大和田 1-8 交野
7/17 市岡 3-7 豊島
7/18 金光大阪 7-3 槻の木
7/18 同志社香里 6-1 淀商
7/18 山田 9-3 関西大倉
7/18 園芸 0-11 枚方津田
7/18 箕面自由学園 1-2 北摂つばさ
7/18 開明 0-22 早稲田摂陵
7/19 茨木 4-3 寝屋川
7/19 汎愛 0-7 履正社
7/16 今宮工科 7-3 泉尾工
7/16 堺上 0-10 大塚
7/17 三国丘 11-1 松原・平野(連合)
7/17 狭山 6-3 阿倍野
7/17 鳳 4-3 登美丘
7/18 今宮 2-11 上宮太子
7/18 生野工 5-6 東住吉
7/18 浪速 11-0 山本
7/19 佐野 1-8 大阪学芸
7/19 阪南 4-13 河南
7/15 PL学園 6-7 東大阪大柏原
7/16 星光学院 2-5 堺西
7/16 堺東 1-8 近大泉州
7/16 清教学園 1-6 岸和田
7/17 藤井寺 6-9 桃山学院
7/17 大商大堺 9-0 興国
7/17 近大付 5-10 上宮
7/18 堺 5-9 布施
7/18 生野 5-3 城東工科
7/18 信太 2-4 泉大津
7/16 岸和田産 23-0 りんくう翔南
7/16 藤井寺工科 0-7 大体大浪商
7/16 大阪ビジネスフロンティア 12-3 泉鳥取
7/16 住吉 5-10 かわち野
7/17 阪南大高 0-6 初芝立命館
7/17 大阪偕星学園 10-0 精華
7/17 美原 0-7 富田林
7/18 明星 5-2 八尾翠翔
7/18 八尾北 0-22 清水谷
7/18 泉陽 0-20 大商大高
7/19 みどり清朋 1-7 日新
7/19 教育センター付 3-0 懐風館
【3回戦】
7/21 三島 6-5 大産大付
7/21 枚方なぎさ 10-11 桜宮
7/21 電通大高 0-7 太成学院大高
7/22 桜塚 4-5 吹田
7/22 追手門学院 1-8 関西創価
7/21 刀根山 3-5 高槻北
7/21 東海大仰星 8-1 大手前
7/21 大阪学院大高 7-1 高槻
7/22 香里丘 9-2 大商学園
7/22 都島工 10-0 緑風冠
7/21 関大北陽 2-1 大阪桐蔭
7/21 交野 5-2 豊島
7/21 金光大阪 8-0 同志社香里
7/22 山田 1-0 枚方津田
7/22 北摂つばさ 8-7 早稲田摂陵
7/22 茨木 0-10 履正社
7/21 今宮工科 0-7 大塚
7/21 三国丘 9-1 狭山
7/21 鳳 2-5 上宮太子
7/22 東住吉 0-7 浪速
7/22 大阪学芸 11-2 河南
7/21 東大阪大柏原 5-4 堺西
7/21 近大泉州 4-0 岸和田
7/21 桃山学院 9-8 大商大堺
7/22 上宮 2-1 布施
7/22 生野 5-3 泉大津
7/21 岸和田産 1-2 大体大浪商
7/21 大阪ビジネスフロンティア 6-11 かわち野
7/21 初芝立命館 5-9 大阪偕星学園
7/21 富田林 0-3 明星
7/21 清水谷 1-12 大商大高
7/21 日新 2-1 教育センター付
【4回戦】
7/23 かわち野 3-6 桜宮
7/23 交野 3-1 香里丘
7/23 三国丘 0-8 大阪学芸
7/23 北摂つばさ 10-9 桃山学院
7/23 大阪学院大高 2-9 太成学院大高
7/23 東海大仰星 7-0 高槻北
7/23 上宮 2-3 近大泉州
7/23 生野 2-3 吹田
7/24 履正社 11-1 東大阪大柏原
7/24 都島工 2-11 大阪偕星学園
7/24 大商大高 6-4 三島
7/24 大体大浪商 6-0 山田
7/24 日新 2-11 上宮太子
7/24 関大北陽 0-1 金光大阪
7/24 大塚 0-9 関西創価
7/24 明星 2-6 浪速
【5回戦】
7/27 桜宮 7-4 太成学院大高
7/27 交野 4-2 大阪学芸
7/27 東海大仰星 0-5 近大泉州
7/27 北摂つばさ 4-10 吹田
7/27 上宮太子 0-3 浪速
7/27 大阪偕星学園 1-5 金光大阪
7/27 大商大高 0-7 関西創価
7/27 履正社 2-0 大体大浪商
【準々決勝】
7/28 近大泉州 2-7 金光大阪
7/28 関西創価 9-0 吹田
7/28 浪速 1-8 履正社
7/28 桜宮 7-0 交野
【準決勝】
7/30 金光大阪 3-2 関西創価
7/30 履正社 11-1 桜宮
【決勝】
7/31 金光大阪 0-12 履正社
※履正社は6年ぶり3回目


◆近畿地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【滋賀】本命不在で秋春準優勝の近江兄弟社や春優勝の光泉はチャンスか
⇒【京都】選抜4強の龍谷大平安を京都翔英、塔南などが追いかける展開か
⇒【兵庫】吉高壮擁する明石商が本命 報徳、育英、神港学園が追う展開か
⇒【和歌山】智弁和歌山と市和歌山に紀央館や和歌山東などが挑む展開か

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク