高校野球・夏の青森予選 選抜出場組の八戸学院光星と青森山田がリード。春優勝の八戸西も注目【2016年】

2016年7月7日(木)から開幕する高校野球選手権青森大会。昨年は三沢商が優勝し29年ぶり2回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

青森大会注目校へ
青森大会組み合わせへ

2015年秋季青森大会

ベスト8に進出したのは弘前東、青森山田、八戸学院光星、弘前学院聖愛、八戸工大一、弘前、青森、青森北。弘前東−青森山田は、3回裏に青森山田が2点を先制。弘前東も6回表に1点を返しますが、6回裏、7回裏にも追加点を挙げた青森山田が4-1で勝ちました。八戸学院光星−弘前学院聖愛は、2回表に八戸学院光星が1点を先制。弘前学院聖愛も3回裏に1点を返して同点としますが、終盤に勝ち越した八戸学院光星が4-1で勝利。

八戸工大一−弘前は、1-1で迎えた5回表、1点を勝ち越した八戸工大一がその後も得点を重ね7-1で快勝しました。青森−青森北は、2回裏に1点を先制した青森北が3回裏に1点を追加。4回裏、7回裏にも得点を挙げた青森北が7-0の7回コールドで勝ちました。

準決勝の八戸学院光星−青森山田は、青森山田がリードしては八戸学院光星が追いつく展開で4回を終了して3-3の同点。その後、両チームとも無得点で迎えた9回表に2点を勝ち越した八戸学院光星が5-3で勝ち、決勝進出。青森北−八戸工大一は、3点をリードされた青森北が7回表に2点を返して1点差に。しかし7回裏に2点を追加して青森北を突き放した八戸工大一が5-2で勝ちました。

八戸学院光星−八戸工大一の決勝戦は、1点を追いかける八戸工大一が6回裏に1点を奪い3-3の同点に。追いつかれた八戸学院光星は、7回表に2点を勝ち越しすると9回表にも1点を追加。9回裏に八戸工大一も1点を返しましたが逃げ切った八戸学院光星が6-4で勝ち、優勝を決めました。

八戸学院光星と八戸工大一、3位決定戦で勝った青森山田は東北大会に出場。八戸工大一は初戦で仙台育英(宮城)に敗れてしまいましたが、八戸学院光星と青森山田は決勝に進出。県大会準決勝の再戦となった一戦は5-0の完封で青森山田が勝ち、リベンジを果たすとともに東北大会を制覇しました。この結果、青森山田と八戸学院光星はセンバツ出場の切符を手にしました。

2016年春季青森大会

ベスト8に進出したのは大湊、八戸工大一、八戸西、五所川原、黒石商、弘前学院聖愛、五所川原工、八戸商。大湊−八戸工大一は、2回表に大湊が1点を先制しますが、3回裏に八戸工大一が3点を返し逆転。その後の追加点を挙げた八戸工大一が6-1で快勝しました。八戸西−五所川原は、1回表に八戸西が3点を先制。五所川原は5回裏に3点を奪い5-4と逆転しますが、7回表に同点に追いついた八戸西が9回表に4点を勝ち越し9-5で勝ちました。

黒石商−弘前学院聖愛は、3回裏に4点を先制した弘前学院聖愛が4回、5回にも得点を奪い10-0の5回コールドで黒石商を下しました。五所川原工−八戸商は、0-0で迎えた8回表、五所川原工が3点を先制。9回表にも1点を追加した五所川原工が八戸商に1点も与えず4-0の完封勝ち。

準決勝の八戸西−八戸工大一は、2回表に1点を先制した八戸西が8回表終了時で5-0とリード。八戸工大一も8回裏に3点を返し粘りますが、9回表に1点を追加した八戸西が6-3で勝ちました。五所川原工−弘前学院聖愛は、初回に5点を先制した弘前学院聖愛が4回以外は毎回得点を挙げて8-0の6回コールド勝ち。

弘前学院聖愛−八戸西の決勝戦は、1回表に弘前学院聖愛が1点を先制。八戸西も4回裏に1点を返し同点としますが、6回表に弘前学院聖愛が2点を勝ち越し。さらに9回表にも1点を追加した弘前学院聖愛が優勝かと思われましたが、土壇場の9回裏に4点を奪った八戸西が5-4の逆転サヨナラ勝ちで優勝を決めました。

八戸西と弘前学院聖愛、3位決定戦で勝った八戸工大一は東北大会に出場。八戸西と弘前学院聖愛は残念ながら初戦敗退。八戸工大一は盛岡大付(岩手)と光南(福島)に勝って2勝を挙げましたが、準々決勝で東陵(宮城)に2-4で惜しくも敗れてしまいました。

三沢商(公立・三沢市)

昨年代表校。昨年の決勝戦は延長戦の末、八戸学院光星を破り甲子園出場を決めましたが昨秋は県大会2回戦でコールド負け。今春は地区予選で敗退と2年連続甲子園を狙うチームにとっては厳しい状況。コールドであっさり負けていることも多く、現状のままでは上位進出も苦しそう。選手たちの奮起に期待したい。優勝すれば2年連続3回目の甲子園。

八戸学院光星(私立・八戸市)

昨秋優勝、今春は2回戦敗退。秋の大会で高打率を残した田城飛翔選手、長打力のある益田敦成選手らを中心とした打線と今春のセンバツで好投した桜井一樹投手と中心とする投手陣は県内トップクラス。春の県大会は2回戦で弘前学院聖愛に5-6で負けましたが簡単に負けたわけではないので期待できそう。昨夏の悔しさを晴らして2年ぶり8回目の甲子園出場なるか。

八戸工大一(私立・八戸市)

昨秋準優勝、今春はベスト4。東北大会には2季連続で出場し春は2勝を挙げて準々決勝まで進出。145キロの速球を投げ、前評判も高い種市篤暉投手のピッチングも期待したいが、あまり登板していないのが気になるところ。チームとしてもう少し失点を抑えることが出来れば6年ぶり6回目の甲子園も見えてきそうです。

青森山田(私立・青森市)

昨秋は県大会ベスト4。出場した東北大会では、県大会で負けた八戸学院光星を決勝戦で破り優勝。今春は県大会2回戦で敗退しましたが優勝を狙える力は十分。センバツで敦賀気比(福井)打線を3安打1失点に抑えたエースの堀岡隼人投手。安打製造機の三森大貴選手、パンチ力のある1番バッターの内山昴思選手。来年のドラフト候補として名前が挙がっている2年生の三上世視滝投手がいるなど選手層は厚い。7年ぶり11回目の甲子園を狙います。

八戸西(公立・八戸市)

昨秋は1回戦で弘前学院聖愛にあと1点及ばず敗戦。しかし今春は準決勝で八戸工大一を破ると、決勝では秋に敗れた弘前学院聖愛を逆転サヨナラ勝ちで倒して優勝。東北大会では仙台育英(宮城)に負けてしまいましたが途中までリードを奪うなど可能性を感じさせる非常に楽しみなチーム。この勢いで春夏通じて初の甲子園出場を目指します。

弘前学院聖愛(私立・弘前市)

昨秋ベスト8、今春準優勝。春の決勝戦では優勝目前までいくも9回裏、八戸西に3点差をひっくり返されて悔しい敗戦で優勝ならず。それでも注目のピッチャー、伊藤瑠投手を中心とする投手陣は完封勝ちも多く安定しています。好投手を攻略して3年ぶり2回目の甲子園を狙いたいところです。

春の県大会を制した八戸西の戦いに注目

春の県大会はセンバツに出場した八戸学院光星と青森山田が8強までに姿を消すという意外な展開に。それでもこの2校は戦力的に見ても優勝候補であることは変わらない。2番手グループにつけるのは八戸工大一と弘前学院聖愛、それに春の県大会を制し急成長を遂げている八戸西。特に八戸西は昨夏の三沢商のように勢いがつけば一気に頂点まで駆け上がる可能性があり注目したい。春優勝のプレッシャーに負けず、初戦を突破すれば非常に楽しみです。昨年優勝の三沢商や秋4強の青森北、春4強の五所川原工などは上位陣とどう戦うかが課題となりそうです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権青森大会 組み合わせ

【抽選日】6月23日(木)
【使用球場】青森市営野球場・はるか夢球場・八戸市長根公園野球場・メイプルスタジアム

【1回戦】
7/7 八戸工 5-9 東奥義塾
【2回戦】
7/9 五所川原工 0-1 東奥義塾
7/8 三沢商 8-1 大間
7/8 三本木農 0-6 八戸学院光星
7/9 六戸 6-13 青森
7/10 弘前南 0-9 弘前東
7/10 松風塾 2-1 鯵ヶ沢・深浦(連合)
7/11 五戸 3-5 弘前実
7/11 田子 1-11 八戸商
7/11 黒石商 11-0 青森明の星
7/11 青森商 9-2 聖ウルスラ
7/10 柏木農 5-4 浪岡
7/10 十和田西 0-6 黒石
7/9 野辺地西 10-1 名久井農
7/8 十和田工 5-10 青森南
7/8 六ヶ所 2-1 むつ工
7/9 鶴田・金木(連合) 0-10 八戸西
7/9 弘前学院聖愛 9-0 三本木
7/8 八戸東 3-0 青森工
7/8 七戸 11-1 大湊川内
7/9 八戸高専 4-9 八戸工大二
7/10 青森西 3-9 木造
7/10 田名部 3-2 青森東
7/11 野辺地 1-9 弘前中央
7/11 弘前工 4-0 五所川原
7/11 大湊 7-1 東奥学園
7/11 三戸 1-8 青森北
7/10 五所川原農林 1-3 青森山田
7/10 青森中央 5-0 板柳
7/9 三沢 8-2 百石
7/8 八戸北 5-3 弘前
7/8 八戸水産 4-11 五所川原商
7/9 八戸 2-12 八戸工大一
【3回戦】
7/11 東奥義塾 9-7 三沢商
7/13 八戸学院光星 8-1 青森
7/13 弘前東 11-1 松風塾
7/13 弘前実 8-4 八戸商
7/13 黒石商 4-5 青森商
7/13 柏木農 5-2 黒石
7/13 野辺地西 13-1 青森南
7/11 六ヶ所 1-4 八戸西
7/11 弘前学院聖愛 5-1 八戸東
7/13 七戸 2-5 八戸工大二
7/13 木造 3-7 田名部
7/13 弘前中央 1-8 弘前工
7/13 大湊 7-3 青森北
7/13 青森山田 7-3 青森中央
7/13 三沢 11-4 八戸北
7/11 五所川原商 1-7 八戸工大一
【4回戦】
7/15 東奥義塾 0-7 八戸学院光星
7/15 弘前東 7-0 弘前実
7/15 青森商 3-2 柏木農
7/15 野辺地西 0-7 八戸西
7/15 弘前学院聖愛 12-5 八戸工大二
7/15 田名部 2-7 弘前工
7/15 大湊 3-2 青森山田
7/15 三沢 2-4 八戸工大一
【準々決勝】
7/17 八戸学院光星 12-8 弘前東
7/17 青森商 0-10 八戸西
7/18 弘前学院聖愛 10-8 弘前工
7/18 大湊 4-3 八戸工大一
【準決勝】
7/19 八戸学院光星 9-3 八戸西
7/19 弘前学院聖愛 4-8 大湊
【決勝】
7/21 八戸学院光星 11-0 大湊
※八戸学院光星は2年ぶり8回目


◆北海道・東北地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【北北海道】2連覇を狙う白樺学園が優勝候補筆頭か 旭川西も実力上位
⇒【南北海道】札幌第一、北海道栄、駒大苫小牧が優勝争いの軸か
⇒【岩手】盛岡大付・一関学院・花巻東が軸 選抜出場の釜石は少し厳しいか
⇒【秋田】能代、明桜、秋田が有力も本命不在の戦国大会か
⇒【山形】酒田南や鶴岡東など打撃力のあるチームが有利か
⇒【宮城】仙台育英、東北、東陵の三つ巴か
⇒【福島】10連覇を狙う絶対王者の聖光学院VS全チームか

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク