高校野球・夏の宮城予選 仙台育英、東北、東陵の三つ巴か【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権宮城大会。昨年は仙台育英が優勝し2年ぶり25回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

宮城大会注目校へ
宮城大会組み合わせへ

2015年秋季宮城大会

ベスト8に進出したのは利府、東北、古川工、仙台三、仙台育英、宮城農、東陵、石巻。利府−東北は、3回表に利府が1点を先制。東北は6回裏に1点を返し同点に追いつくと、8回裏にも1点を追加し勝ち越し。9回表を無得点で抑えた東北が2-1で勝ちました。古川工−仙台三は、初回に1点を先制した古川工が7回表と8回表に追加点。仙台三も8回裏に1点を返しますが、逃げ切った古川工が4-1で勝利。

仙台育英−宮城農は、1回表に4点を先制した仙台育英が、宮城農に1点も与えることなく9-0の7回コールドで完封勝ち。東陵−石巻は、2回裏に2点を先制した石巻が4回まで3-1とリードしていましたが、5回以降は東陵の打線が爆発。12-3の大差で東陵が8回コールド勝ちしました。

準決勝の古川工−東北は、初回に1点を先制した東北に対し古川工は2回表、一気に5点を奪い逆転に成功。しかし、東北は4回裏に2点を返すと5回裏に5点を挙げて再逆転。1点差にされた8回裏にダメ押しとなる5点を奪った東北が13-7で勝ちました。仙台育英−東陵は、1回表に5点を先制した仙台育英のワンサイドゲーム。12-0の7回コールドで東陵を下しました。

東北−仙台育英の決勝戦は、3回表に2点を先制した東北が7回表にも2点を追加し4-0。しかし、そこから粘りを見せた仙台育英は8回裏に3点を返して1点差とすると、9回裏に2点を奪い5-4の逆転サヨナラ勝ちで優勝を決めました。仙台育英と東北、3位決定戦で勝った東陵が東北大会に出場。3校とも準々決勝まで勝ち進みましたが、残念ながら3校ともここで姿を消す結果となってしまいました。

2016年春季宮城大会

ベスト8に進出したのは東北学院榴ケ岡、仙台育英、仙台三、東陵、仙台商、東北、柴田、富谷。東北学院榴ケ岡−仙台育英は、初回に1点を先制した仙台育英が2回裏に1点、3回裏に3点、4回裏に6点を追加し東北学院榴ケ岡を圧倒。11-0の5回コールドで仙台育英が勝ちました。仙台三−東陵は、2回までに東陵が6得点を挙げましたが、仙台三も3回表に1点、4回表に3点を返し2点差に。しかし7回裏に2点を追加した東陵が8-4で逃げ切りました。

仙台商−東北は、3-5と2点ビハインドで迎えた6回表、仙台商は3点を奪って逆転に成功。しかし東北も6回裏、すぐに同点に追いつくと延長10回裏に1点をもぎ取り7-6で東北がサヨナラ勝ち。柴田−富谷は、4回表に1点を先制した柴田が富谷に一度も追いつかれることなく4-2で勝ちました。

準決勝の東陵−仙台育英は、初回に1点を先制した東陵が6回まで3-0とリード。仙台育英も7回裏に2点を返しますが反撃及ばず3-2で東陵が勝ち、決勝進出を決めました。柴田−東北は、2点をリードされた東北が6回裏に一挙5得点を挙げ逆転に成功。柴田も9回表に1点を返しますが6-4で東北が勝ちました。

東北−東陵の決勝戦は、6回裏に東陵が1点を先制。1-0のまま迎えた9回表、東北はようやく1点を返して同点に。延長10回表に東北が1点を勝ち越しますが10回裏、東陵が2点を奪って3-2の逆転サヨナラ勝ちで優勝しました。

東陵と東北、仙台育英は東北大会に出場。見事に3校ともベスト4まで進出。仙台育英との同県対決を制した東北と花巻東をコールドで下した東陵が決勝進出。県大会決勝と同じカードとなった決勝戦は東北が7-6でサヨナラ勝ちし、県大会のリベンジを果たしました。

仙台育英(私立・仙台市)

昨年代表校で昨秋優勝、今春ベスト4。秋の大会ではライバルとなりそうな東陵と東北を撃破。しかし春は県大会の準決勝で東陵に、東北大会決勝で東北に黒星。身長192cmの鈴木俊介投手をはじめとする投手陣は安定しており、東陵、東北戦以外ではほとんど点を失っていない。やはりこの2チームとの対戦がカギになりそう。優勝すれば2年連続26回目の甲子園です。

東陵(私立・気仙沼市)

昨秋ベスト4、今春は優勝。不祥事による出場辞退があり3季ぶりに復帰した秋の県大会でベスト4まで進出。春は仙台育英と東北を破って優勝。秋は準決勝と3位決定戦の2試合で21失点するなど投手陣に不安があったが、春は秋に12失点を喫した仙台育英に2点しか許しておらず改善されているようです。打線は爆発力がありますので投手陣のデキがポイントとなりそう。優勝すれば28年ぶり2回目の甲子園。

東北(私立・仙台市)

昨秋、今春とも準優勝。春の東北大会では準決勝で仙台育英、決勝で東陵を破り東北王者に。チームとしての失点は決して少なくないが、勝負強さがあり簡単には負けない。リリーフ登板の多い熊谷航選手は中軸を任されることも多く投打の中心となりそう。粘り強さと勝負強さを発揮して7年ぶり22回目の甲子園を狙います。

仙台三(公立・仙台市)

昨秋、今春ともにベスト8。仙台育英、東北、東陵以外では唯一の2季連続8強入りとチーム力は安定。ただ失点が多いのが課題か。さらなる上を目指すためにはいかに失点を少なくできるかが重要となりそう。夏の大会に向けて投手陣がどれだけ成長してるかに期待したい。優勝すれば春夏通じて初の甲子園出場です。

利府(公立・利府町)

昨秋ベスト8。今春は東北に1-4で敗れて2回戦敗退。秋も東北に敗れましたが1-2の惜敗。秋春ともに地区大会から失点は非常に少なく投手陣は安定しており仙台育英、東北、東陵を追いかける1番手か。打線が機能すれば上位に割って入る可能性も十分秘めてそうです。守りの野球で2年ぶり2回目の甲子園を目指します。

仙台商(公立・仙台市)

今春ベスト8。春の地区予選では東北に7-1で勝ち、仙台育英とも延長戦までもつれ込む大熱戦。県大会では地区予選で勝った東北に敗れはしましたが延長戦の末のサヨナラ負けとあと一歩のところまで追い詰めました。強豪相手に力を発揮しているので、途中で取りこぼすことなく上位まで勝ち上がってくると面白い存在になりそうです。優勝すれば33年ぶり4回目の甲子園。

聖和学園(私立・仙台市)

昨秋は県大会1回戦、今春は2回戦で敗退しましたが注目選手として名前の挙がっている相沢英希投手のピッチングに注目したい。チームの成績としては安定感に欠けますが相沢投手のデキ次第では大物食いをする可能性も。優勝すれば春夏通じて初の甲子園出場です。

仙台育英、東北、東陵が実力でリード

順位は入れ替わったものの秋春の県大会は1位〜3位まで仙台育英、東北、東陵の3校で独占。しかも春の東北大会では3校ともベスト4まで進出しており、レベルの高い大会となりそう。逆に他のチームはこの3校と対戦した時にいかに失点を抑え、接戦に持ち込むことができるかがポイントになると思われます。現状では頭一つ抜け出している仙台育英、東北、東陵の3校ともベスト4まで進出した場合、準決勝の1試合は直接対決になりますので組み合わせにも注目したいです。この3強すべてが敗退することは考えにくいですが、利府や仙台商あたりもワンチャンスを狙ってくるでしょう。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権宮城大会 組み合わせ

【抽選日】6月23日(木)
【使用球場】楽天Koboスタジアム宮城・仙台市民球場・石巻市民球場・鹿島台中央野球場
【入場料金】一般500円・65歳以上200円・高校生以下無料

【1回戦】
7/10 迫桜 8-5 古川黎明
7/11 宮城県工 8-1 仙台東
7/11 白石 10-4 鹿島台商
7/11 東北生文大高 9-5 宮城県農
7/11 石巻好文館 8-5 気仙沼
7/11 柴田農林 0-3 佐沼
7/11 多賀城 8-9 一迫商
7/10 石巻西 5-10 仙台工
【2回戦】
7/13 東陵 10-0 迫桜
7/13 本吉響・気仙沼西(連合) 11-0 岩出山
7/13 泉松陵 1-0 築館
7/13 古川 4-1 仙台西
7/12 登米 2-0 大河原商
7/12 登米総合産 2-6 気仙沼向洋
7/14 塩釜 7-2 宮城広瀬
7/14 宮城県工 4-8 富谷
7/15 仙台商 7-4 白石
7/16 古川工 1-2 泉館山
7/12 仙台城南 3-4 利府
7/12 大崎中央 2-3 亘理
7/14 東北学院 16-0 石巻北
7/15 石巻工 10-0 村田
7/16 名取 3-3 小牛田農林
7/17 名取 2-6 小牛田農林
7/15 東北生文大高 4-7 柴田
7/15 仙台育英 15-0 石巻好文館
7/15 蔵王 1-13 仙台高専名取
7/12 古川学園 1-4 聖和学園
7/12 松島 1-4 名取北
7/12 石巻商 3-10 仙台一
7/12 仙台 7-1 加美農
7/15 宮城水産 1-8 涌谷
7/15 佐沼 4-0 仙台三
7/14 東北学院榴ケ岡 13-0 一迫商
7/15 仙台南 2-3 黒川
7/14 仙台二 3-2 中新田
7/14 岩ケ崎 2-6 泉
7/13 石巻 5-2 伊具
7/13 仙台向山 0-8 白石工
7/13 志津川 9-1 角田
7/13 仙台工 0-8 東北
【3回戦】
7/17 東陵 10-0 本吉響気仙沼西(連合)
7/17 泉松陵 7-1 古川
7/16 登米 8-1 気仙沼向洋
7/16 塩釜 4-2 富谷
7/18 仙台商 3-0 泉館山
7/17 利府 13-0 亘理
7/18 東北学院 5-6 石巻工
7/18 小牛田農林 0-5 柴田
7/18 仙台育英 10-0 仙台高専名取
7/18 聖和学園 8-0 名取北
7/17 仙台一 2-3 仙台
7/17 涌谷 5-6 佐沼
7/17 東北学院榴ケ岡 4-1 黒川
7/16 仙台二 3-10 泉
7/18 石巻 12-8 白石工
7/17 志津川 5-7 東北
【4回戦】
7/20 東陵 8-1 泉松陵
7/20 登米 7-5 塩釜
7/21 仙台商 2-5 利府
7/21 石巻工 3-7 柴田
7/21 仙台育英 2-0 聖和学園
7/21 仙台 1-2 佐沼
7/20 東北学院榴ケ岡 6-3 泉
7/20 石巻 3-6 東北
【準々決勝】
7/23 東陵 6-1 登米
7/24 利府 11-6 柴田
7/24 仙台育英 21-0 佐沼
7/23 東北学院榴ケ岡 0-8 東北
【準決勝】
7/26 東陵 1-3 利府
7/26 仙台育英 3-4 東北
【決勝】
7/28 利府 0-5 東北
※東北は7年ぶり22回目


◆北海道・東北地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【北北海道】2連覇を狙う白樺学園が優勝候補筆頭か 旭川西も実力上位
⇒【南北海道】札幌第一、北海道栄、駒大苫小牧が優勝争いの軸か
⇒【青森】選抜出場組の光星と青森山田がリード。春優勝の八戸西も注目
⇒【岩手】盛岡大付・一関学院・花巻東が軸 選抜出場の釜石は少し厳しいか
⇒【秋田】能代、明桜、秋田が有力も本命不在の戦国大会か
⇒【山形】酒田南や鶴岡東など打撃力のあるチームが有利か
⇒【福島】10連覇を狙う絶対王者の聖光学院VS全チームか

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク