高校野球・夏の福島予選 10連覇を狙う絶対王者の聖光学院VS全チームか【2016年】

2016年7月8日(金)から開幕する高校野球選手権福島大会。昨年は聖光学院が優勝し9年連続12回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

福島大会注目校へ
福島大会組み合わせへ

2015年秋季福島大会

ベスト8に進出したのは聖光学院、小高工、いわき光洋、光南、東日大昌平、福島商、会津工、学法石川。聖光学院−小高工は、2回裏に小高工が1点を先制しますが、4回表に3点を奪い逆転した聖光学院が徐々に小高工を突き放し7-2で快勝。いわき光洋−光南は、8回表を終了して6-0でいわき光洋がリード。光南も8回裏と9回裏に2点ずつ返しましたが逃げ切ったいわき光洋が6-4で勝ちました。

東日大昌平−福島商は、2-2の同点で迎えた6回表に東日大昌平が1点を勝ち越し。7回表にも2点を追加しましたが7回裏、福島商は一気に4点を奪って試合をひっくり返すとそのまま逃げ切って6-5の逆転勝ち。会津工−学法石川は、学法石川が5回裏に2点を先制。その後は両チームとも無得点のまま試合終了。学法石川が2-0の完封で勝ちました。

準決勝のいわき光洋−聖光学院は、1回表にいわき光洋が1点を先制。1回裏に3点を返した聖光学院が逆転しますが、いわき光洋も2回表に3点を奪い再逆転。それでも聖光学院は3回裏に3点を取り返しまたまた逆転。7回にも追加点を挙げた聖光学院が8-4で勝ちました。学法石川−福島商は、4点をリードした学法石川が7回表に1点、8回表に5点を奪い11-1の8回コールド勝ち。

学法石川−聖光学院の決勝戦は、両チームとも得点を挙げることが出来ずに0-0のまま6回終了。7回裏についに1点を奪い均衡を破った聖光学院は8回裏に5点を追加。学法石川に1点も与えなかった聖光学院が6-0の完封で優勝を決めました。聖光学院と学法石川、3位決定戦で勝った福島商が東北大会に出場。聖光学院と福島商は初戦敗退でしたが、学法石川は1勝して準々決勝に進出しましたが盛岡大付(岩手)にコールド負けを喫してしまいました。

2016年春季福島大会

ベスト8に進出したのは光南、小高工、船引、日大東北、聖光学院、学法石川、磐城、相馬。光南−小高工は、2回裏に小高工が1点を先制するも3回表に光南が2点を奪い逆転。さらに4回表にも1点を追加した光南が3-1で勝ちました。船引−日大東北は、2回裏に1点を先制した日大東北が3回裏、4回裏にも1点ずつ追加。船引も5回表に1点を返しますが、8回裏にダメ押しとなる1点を追加した日大東北が4-1で勝利。

聖光学院−学法石川は、3点をリードされた学法石川が2回裏に3点を返し同点。しかし3回表に3点を奪って勝ち越した聖光学院がその後も得点を重ね14-5の7回コールド勝ち。磐城−相馬は、初回に1点を先制した磐城が小刻みに点数を加えて5-1で快勝しました。

準決勝の日大東北−光南は、2回裏に1点を先制した光南が3回裏にも2点を追加。日大東北も4回表と6回表に1点を返して1点差としますが、8回裏に1点を奪って突き放した光南が9回表の日大東北の反撃を1点に抑え4-3で勝ちました。磐城−聖光学院は、序盤から点を取り合い4回を終了して7-4で聖光学院がリード。追いかける磐城は5回以降ジワジワと追い上げ、8回表の2得点で9-8とついに逆転。聖光学院も9回裏に1点を返し延長戦に持ち込みますが10回表に1点を勝ち越した磐城が10-9で聖光学院を下しました。

磐城−光南の決勝戦は、初回に磐城が1点を先制しますが2回裏、光南が一気に5点を奪い逆転。6回終了時で10-3とリードした光南は終盤の磐城の追い上げをしのいで10-7で勝ち、優勝を決めました。光南と磐城、3位決定戦で勝った聖光学院は東北大会に出場。光南と磐城は初戦敗退となってしまいましたが、聖光学院は初戦を突破。続く準々決勝で花巻東(岩手)に2-3で惜しくも負けてしまいました。

聖光学院(私立・伊達市)

昨年代表校で昨秋の県大会優勝。今春は準決勝で磐城に敗れましたが優勝候補筆頭であることに変わりはありません。選手層も厚く、総合力でも他校を圧倒。その厚い選手層の中でも140キロ超えのストレートと多彩な変化球を武器とするエースの鈴木拓人投手は注目選手として名前が挙がっており、その投球に注目したい。圧倒的な戦力で10年連続13回目の甲子園を狙います。

磐城(公立・いわき市)

昨秋は学法石川に敗れて1回戦敗退も今春は準優勝。準決勝で聖光学院に勝ったことで一気に優勝候補に名乗りをあげてきました。聖光学院から10点を奪ったように、長打力のある草野隼人選手を中心とした攻撃は破壊力あり。春の再現で聖光学院を止められるかに注目です。優勝すれば21年ぶり8回目の甲子園です。

光南(公立・矢吹町)

昨秋ベスト8、今春は東日大昌平や日大東北、準決勝で聖光学院を倒した磐城に勝って優勝。ロースコアの接戦や打撃戦でも打ち勝っており、簡単には負けないしぶとさを持っている印象。春の県大会を制した勢いで聖光学院の首を狙い、10年ぶり2回目の甲子園出場を目指します。

学法石川(私立・石川町)

昨秋は準優勝で今春はベスト8。秋の決勝戦と春の準々決勝では聖光学院に0-6と5-14で完敗。秋の東北大会では準々決勝まで進出していて力はあると思われますが、夏までに聖光学院との差をどれだけ縮められるかが課題となりそう。優勝すれば17年ぶり10回目の甲子園。

日大東北(私立・郡山市)

昨秋は2回戦敗退も今春はベスト4。聖光学院とは秋の2回戦と春の3位決定戦で対戦しており、いずれも敗れはしましたが1-2(延長14回)と4-6で、大敗をしたわけではない。投手陣も安定しており対聖光学院だけ考えると勝機は十分にありそう。聖光学院と対戦するまで負けるわけにいかない。優勝すれば13年ぶり8回目の甲子園です。

須賀川(公立・須賀川市)

昨秋、今春とも2回戦敗退。春の2回戦では聖光学院相手に途中まで6-1とリード。一気に7点を奪われて最終的には7-8で敗れましたが、何かやってくれそうな雰囲気がある。昨春の1回戦では光南に勝っており大物食いで春夏通じて初の甲子園出場を目指します。

東日大昌平(私立・いわき市)

昨秋ベスト8、今春は2回戦で光南に逆転サヨナラ負けを喫しましたが上位に進出する力は十分にありそう。近年の県大会では聖光学院との対戦はなく未知数な部分もありますが、虎視眈々と優勝を狙っているはずです。優勝すれば春夏通じて初の甲子園出場。

聖光学院を止めるチームは現れるのか

昨年まで9年連続で福島大会を制覇し甲子園に出場。そして10年連続の甲子園を狙う聖光学院。この絶対王者への挑戦権を得るのはどのチームか?10連覇を阻止するチームが現れるのか?に注目が集まる大会になりそう。それだけ聖光学院の強さが目立っています。簡単に倒せる相手ではなさそうではあるが、春の準決勝で磐城が勝ったことにより聖光学院は嫌な印象が残ったはず。また他のチームは勝てるイメージを持って挑むことができるようになったかもしれません。春の敗戦で一段と強くなった聖光学院になるのか、それとも磐城に続くチームが出てくるのかに注目したいです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権福島大会 組み合わせ

【抽選日】6月21日(火)
【使用球場】開成山野球場・いわきグリーンスタジアム・平野球場・県営あづま球場・白河グリーンスタジアム・あいづ球場

【1回戦】
7/9 喜多方 6-1 田島
7/10 須賀川 2-3 尚志
7/9 平工 1-8 福島東
7/10 福島 5-1 福島成蹊
7/10 梁川 0-4 相馬
7/10 石川 3-1 岩瀬農
7/8 安積 6-0 葵
7/9 あさか開成 1-8 勿来工
7/9 橘 4-9 湯本
7/10 福島工 6-5 須賀川桐陽
7/10 白河 2-6 清陵情報
7/10 修明 3-4 原町
7/9 安達東・川俣・湖南(連合) 0-10 会津学鳳
7/9 安達 5-0 相馬農・双葉・新地(連合)
【2回戦】
7/11 聖光学院 10-0 大沼
7/9 いわき総合 5-2 小野
7/12 喜多方桐桜 2-11 喜多方
7/10 福島南 5-7 相馬東
7/12 若松商 8-3 尚志
7/11 福島東 4-6 船引
7/11 福島明成 0-10 本宮
7/11 郡山東 2-12 小高工
7/10 日大東北 7-3 磐城桜が丘
7/10 白河実 1-4 只見
7/12 福島高専 3-4 福島
7/13 相馬 23-0 好間
7/13 会津工 7-1 石川
7/11 安積 9-5 郡山商
7/11 福島北 11-0 会津西連合
7/10 南会津 1-10 磐城
7/12 光南 8-3 白河旭
7/11 磐城農 4-0 小名浜・遠野・四倉(連合)
7/12 塙工 2-3 勿来工
7/11 保原 9-1 長沼
7/12 平商 4-3 湯本
7/12 福島工 0-6 田村
7/11 会津農林 4-3 郡山北工
7/11 会津 4-2 いわき光洋
7/12 福島商 6-7 福島西
7/10 帝京安積 3-0 二本松工
7/13 安積黎明 3-5 清陵情報
7/13 原町 0-8 学法福島
7/12 ザベリオ学園 4-13 会津学鳳
7/12 安達 6-0 いわき海星
7/10 郡山 5-4 東日大昌平
7/11 ふたば未来 0-5 学法石川
【3回戦】
7/16 聖光学院 4-0 いわき総合
7/16 喜多方 12-2 相馬東
7/16 若松商 5-0 船引
7/16 本宮 0-5 小高工
7/16 日大東北 14-4 只見
7/16 福島 4-5 相馬
7/16 会津工 1-4 安積
7/16 福島北 0-6 磐城
7/16 光南 7-0 磐城農
7/16 勿来工 10-2 保原
7/16 平商 1-2 田村
7/16 会津農林 6-8 会津
7/16 福島西 0-4 帝京安積
7/16 清陵情報 0-5 学法福島
7/16 会津学鳳 2-7 安達
7/16 郡山 1-4 学法石川
【4回戦】
7/18 聖光学院 6-5 喜多方
7/18 若松商 2-3 小高工
7/18 日大東北 8-0 相馬
7/18 安積 0-10 磐城
7/18 光南 6-2 勿来工
7/18 田村 2-3 会津
7/18 帝京安積 4-7 学法福島
7/18 安達 0-2 学法石川
【準々決勝】
7/21 聖光学院 6-2 小高工
7/21 日大東北 8-7 磐城
7/21 光南 8-6 会津
7/21 学法福島 7-0 学法石川
【準決勝】
7/23 聖光学院 7-3 日大東北
7/23 光南 5-1 学法福島
【決勝】
7/24 聖光学院 6-5 光南
※聖光学院は10年連続13回目


◆北海道・東北地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【北北海道】2連覇を狙う白樺学園が優勝候補筆頭か 旭川西も実力上位
⇒【南北海道】札幌第一、北海道栄、駒大苫小牧が優勝争いの軸か
⇒【青森】選抜出場組の光星と青森山田がリード。春優勝の八戸西も注目
⇒【岩手】盛岡大付・一関学院・花巻東が軸 選抜出場の釜石は少し厳しいか
⇒【秋田】能代、明桜、秋田が有力も本命不在の戦国大会か
⇒【山形】酒田南や鶴岡東など打撃力のあるチームが有利か
⇒【宮城】仙台育英、東北、東陵の三つ巴か

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク