高校野球・夏の鳥取予選 県3連覇中の鳥取城北にスキあり?鳥取西や倉吉東はチャンスか【2016年】

2016年7月16日(土)から開幕する高校野球選手権鳥取大会。昨年は鳥取城北が優勝し2年ぶり4回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

鳥取大会注目校へ
鳥取大会組み合わせへ

2015年秋季鳥取大会

ベスト8に進出したのは鳥取城北、米子工、米子西、倉吉西、境、鳥取中央育英、倉吉北、鳥取西。鳥取城北−米子工は、2回表に1点を先制した鳥取城北が3回表に1点を追加。終盤にも追加点を挙げた鳥取城北が米子工に1点も与えることなく8-0の8回コールド勝ち。米子西−倉吉西は、3回までに3点を奪った米子西が7回表にも1点を追加。倉吉西も7回裏に1点を返しますが4-1で米子西が勝ちました。

境−鳥取中央育英は、3回表に境が2点を先制。鳥取中央育英も4回裏に1点、5回裏にも1点を返し同点にしましたが、8回表に1点を勝ち越した境が3-2で勝利。倉吉北−鳥取西は、初回に1点を先制した倉吉北が4回までに6得点。6点のリードを許した鳥取西は5回裏に4点を返すと土壇場の9回裏にも2点を奪いついに同点に。延長11回表に倉吉北が1点を勝ち越しましたが、粘る鳥取西は11回裏に2点を奪って8-7で逆転サヨナラ勝ち。

準決勝の米子西−鳥取城北は、0-0で迎えた7回裏に鳥取城北が一挙5得点のビッグイニング。この5点をしっかりと守った鳥取城北が5-0で完封勝ち。境−鳥取西は、1回表に境が一気に6点を先制。その後も攻撃の手を緩めなかった境が鳥取西打線を1点に抑えて11-1の6回コールド勝ち。

境−鳥取城北の決勝戦は、1回裏に鳥取城北が3点を先制。境も2回表に1点を返しますが最後まで主導権を握った鳥取城北が9-4で勝ち、優勝を決めました。鳥取城北と境、3位決定戦に勝った鳥取西は中国大会に出場しましたが、3校とも初戦敗退という残念な結果になってしまいました。

2016年春季鳥取大会

ベスト8に進出したのは倉吉東、米子高専、鳥取城北、鳥取商、鳥取西、八頭、倉吉総合産、境。倉吉東−米子高専は、3回表に4点を先制した倉吉東が6回表に1点を追加。米子高専も6回裏に1点、7回裏に2点を返し2点差まで詰め寄りますが、8回表に3点を奪い返した倉吉東が8-3で勝ちました。

鳥取城北−鳥取商は、1回表に鳥取城北が3点を先制。いきなり3点を追いかける展開になった鳥取商は1回裏に2点を返すと3回裏にも2点を挙げて逆転に成功。しかし5回表に3点を奪い試合をひっくり返した鳥取城北が7回以降も追加点を挙げて9-4で勝利。鳥取西−八頭は、2回表に5点を先制した鳥取西が7-0の7回コールド勝ち。倉吉総合産−境は、2回裏に1点を先制した境が3回裏にも1点を追加。倉吉総合産も5回表に1点を返しますが、6回裏に2点を追加した境が最後までリードを守り4-1で勝利。

準決勝の鳥取城北−倉吉東は、鳥取城北が2回表に2点を先制。リードされた倉吉東は3回裏に1点を返すと5回裏に1点、6回裏に4点を挙げ6-2と逆転。逆転を許した鳥取城北は7回表に1点を返し迎えた8回表、一挙6得点のビッグイニングを作り、再逆転に成功。9-6で勝った鳥取城北が決勝にコマを進めました。境−鳥取西は、1回表に1点を先制した境に対し、4回まで無得点だった鳥取西は5回裏に2点を奪い逆転。さらに6回以降にも追加点を挙げて境を突き放した鳥取西が5-1で勝ちました。

鳥取西−鳥取城北の決勝戦は、1回表に鳥取西が1点を先制しますが、鳥取城北は1回裏に3点を挙げて逆転すると3回裏に5点、4回裏に1点、5回裏に4点を奪い13-1と大量リード。しかし6回以降は鳥取西の猛攻が始まり、6回表に6点、7回表に1点、8回表に2点、9回表に1点を奪いましたが前半の大量失点が響き、なんとか逃げ切った鳥取城北が13-11で勝ち、優勝しました。

鳥取城北、鳥取西、境、倉吉東は中国大会に出場。鳥取城北、鳥取西、境は初戦敗退。唯一、初戦を突破した倉吉東でしたが、準決勝で崇徳(広島)に完封負け。鳥取勢にとっては秋の中国大会に続いて残念な結果となってしまいました。

鳥取城北(私立・鳥取市)

昨年代表校で昨秋、今春の県大会を制覇。昨夏から3季連続優勝を果たしており優勝候補の筆頭。秋は危なげなく優勝しましたが、春は準決勝、決勝では苦戦を強いられました。得点力は高く打線に爆発力がありますが、春は失点が多かった投手陣が唯一の不安要素か。投手陣が安定すれば県内無敵状態はしばらく続くかもしれません。優勝すれば2年連続5回目の甲子園です。

鳥取西(公立・鳥取市)

昨秋ベスト4、今春準優勝。秋の準決勝で1-11のコールド負けを喫した境に、春の準決勝でリベンジを果たし決勝に進出。決勝では序盤の大量失点が響き、負けはしましたが終盤の猛攻で鳥取城北から11点を奪うなど攻撃力は見せつけることができました。秋も7点差を逆転する試合をしており粘り強さはありますが、序盤からリードを奪う展開に持ち込みたいところ。打倒鳥取城北で8年ぶり24回目の甲子園を狙います。

境(公立・境港市)

昨秋準優勝、今春ベスト4。安定して上位進出の力はあるものの秋春の大会(3位決定戦を含む)でライバルとなりそうな鳥取城北、鳥取西、倉吉東に敗れているのが不安材料か。優勝するためにはこれらのチームとの対戦は避けて通れなさそう。秋に高打率を残した中軸の勝部浩平選手、塩田海斗選手の前にランナーを貯めて効率よく得点していきたい。優勝すれば9年ぶり8回目の甲子園。

倉吉東(公立・倉吉市)

昨秋は1回戦敗退も今春はベスト4まで進出。春の準決勝では鳥取城北に惜しくも敗れてしまいましたが終盤までリードするなど、あと一歩のところまで追い詰めました。鳥取から4校出場した春の中国大会では県勢唯一の白星を挙げ、優勝した崇徳(広島)にも3点しか許しませんでした。投打がかみ合えば優勝を狙える力はありそうです。21年ぶり2回目の甲子園を目指します。

米子西(公立・米子市)

昨秋ベスト4。今春は2回戦敗退でしたが、2014年秋から4季連続でベスト4以上とチーム力は安定。大敗もほとんどなく負け試合は僅差の試合が多い。いい試合をしているがワンパンチ足りない印象。この殻を破ることが出来れば初の甲子園出場が見えてくるかもしれません。

鳥取中央育英(公立・北栄町)

昨秋ベスト8。今春は2回戦敗退となってしまいましたが、鳥取西と延長11回までもつれる試合を展開し互角の力があることを示しました。投手陣も安定しており上位進出の可能性も十分ありそう。2012年夏、決勝で1点差負けして惜しくも甲子園を逃した先輩たちを越えることができるか。優勝すれば春夏通じて初の甲子園出場です。

米子北(私立・米子市)

昨秋は1回戦、今春は2回戦敗退。昨春のセンバツで常総学院(茨城)に13盗塁を許して悔しい思いをしたキャッチャーの林大智選手は中国地方の注目選手に名前が挙がるまで急成長。秋春の成績を見る限り、優勝までは苦しそうですが林選手の好リードで一発逆転を狙います。優勝すれば夏は初の甲子園です。

投手陣に不安を残す鳥取城北、鳥取西や倉吉東はチャンス

昨夏から3季連続で県大会を制している鳥取城北が、優勝候補筆頭で軸になる大会となりそうだが投手陣にやや不安を残す。昨秋の大会では相手を寄せつけない強さを見せていましたが、今春は準決勝、決勝で苦戦。鳥取城北を苦しめたのは終盤までリードを奪っていた倉吉東と終盤に猛攻を見せた鳥取西。倉吉東は6得点、鳥取西は11得点を挙げるなど鳥取城北投手陣を攻略。鳥取城北の投手陣が安定していると頭一つ抜け出している感じがありますが、投手陣が不安定なままだと鳥取西や倉吉東にチャンスが巡ってきそう。この3チームを中心とした戦いが今大会の見どころとなりそうです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権鳥取大会 組み合わせ

【抽選日】7月6日(水)
【使用球場】どらやきドラマチックパーク米子市民球場

【1回戦】
7/16 米子工 5-1 鳥取湖陵
7/16 鳥取東 8-1 米子西
7/17 米子北 12-1 倉吉農
7/18 岩美 2-12 米子東
7/17 米子高専 3-5 倉吉北
7/17 日野 3-4 倉吉総合産
7/18 鳥取工 8-12 米子松蔭
7/18 青谷 3-18 倉吉西
7/16 鳥取中央育英 0-10 鳥取商
【2回戦】
7/19 鳥取城北 10-0 米子工
7/19 鳥取東 2-5 米子北
7/21 米子 6-8 米子東
7/20 倉吉北 8-10 境
7/20 倉吉東 11-4 倉吉総合産
7/21 米子松蔭 8-3 境港総合技術
7/20 八頭 4-1 倉吉西
7/19 鳥取商 5-6 鳥取西
【準々決勝】
7/23 鳥取城北 13-4 米子北
7/24 米子東 5-7 境
7/24 倉吉東 2-6 米子松蔭
7/23 八頭 2-3 鳥取西
【準決勝】
7/26 鳥取城北 3-7 境
7/26 米子松陰 7-0 鳥取西
【決勝】
7/27 境 19-4 米子松陰
※境は9年ぶり8回目


◆中国地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【岡山】150キロ右腕、高田萌生(創志学園)のピッチングに注目
⇒【広島】投手力のある広島新庄、崇徳が一歩リードか
⇒【島根】春の県大会準優勝の大東、悲願達成なるか
⇒【山口】秋春王者の早鞆とセンバツ出場の南陽工が実力上位か

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク