高校野球・夏の和歌山予選 智弁和歌山と市和歌山に紀央館や和歌山東などが挑む展開か【2016年】

2016年7月13日(水)から開幕する高校野球選手権和歌山大会。昨年は智弁和歌山が優勝し3年ぶり21回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

和歌山大会注目校へ
和歌山大会組み合わせへ

2015年秋季和歌山大会

ベスト8(二次予選)に進出したのは智弁和歌山、高野山、和歌山商、日高中津、和歌山北、和歌山東、田辺工、市和歌山。智弁和歌山−高野山は、両チーム3点ずつ取り合って迎えた8回表、智弁和歌山が1点を勝ち越しますが9回裏に高野山が2点を奪って5-4で逆転サヨナラ勝ち。和歌山商−日高中津は、初回に1点を先制した日高中津が2回裏にも2点を追加。4回表に和歌山商も1点を返しますが終盤にも追加点を挙げた日高中津が6-1で勝ちました。

和歌山北−和歌山東は、1回裏に和歌山東が2点を先制。和歌山北も4回表に1点を返し1点差としますが、5回裏に3点を追加した和歌山東が5-1で勝利。田辺工−市和歌山は、序盤から得点を重ねた市和歌山が一方的な展開で11-1の6回コールド勝ち。

準決勝の高野山−日高中津は、3-1とリードした高野山は9回表にダメ押しとなる3点を追加。最終回の日高中津の攻撃をゼロで抑えた高野山が6-1で勝ち、決勝進出を決めました。和歌山東−市和歌山は、6回表に市和歌山が1点を奪い均衡を破る。リードを許した和歌山東は8回表に2点を挙げ逆転しますが、土壇場の9回裏に2点を奪った市和歌山が3-2で逆転サヨナラ勝ち。

市和歌山−高野山の決勝戦は、初回に1点を先制した市和歌山が5回まで毎回の12得点を挙げ大量リード。高野山も3回と8回に1点ずつ返しましたが14-2の圧勝で市和歌山が優勝を決めました。市和歌山と高野山は近畿大会に出場。高野山は初戦で敗退。市和歌山は初戦を突破。準々決勝で明石商(兵庫)にコールド負けを喫しベスト8止まりでしたが、地域性も考慮され選抜出場校に選ばれました。

2016年春季和歌山大会

ベスト8に進出したのは有田中央、田辺工、南部龍神、紀央館、日高、智弁和歌山、市和歌山、日高中津。有田中央−田辺工は、初回に1点を先制した有田中央が、着々と点数を重ね7得点。田辺工に一度もホームを踏ますことなく7-0の8回コールドで完封勝ち。南部龍神−紀央館は、幸先よく初回に2点を先制した南部龍神でしたが、得点はこの2点のみ。2回裏に試合をひっくり返した紀央館が9-2の7回コールドで勝ちました。

日高−智弁和歌山は、2回裏に2点を先制した智弁和歌山が中盤にも追加点を挙げて5-1で快勝。市和歌山−日高中津は、6回まで0-0の投手戦。7回表に市和歌山がついに1点を先制しましたが、9回裏に2点を奪った日高中津が2-1の逆転サヨナラ勝ちで準決勝にコマを進めました。

準決勝の有田中央−紀央館は、3点のリードを許した有田中央が7回表に2点を返して1点差に。しかし紀央館もその裏、すぐさま2点を奪い再び3点差に。8回に両チームとも1点ずつ挙げましたが逃げ切った紀央館が6-3で勝ちました。智弁和歌山−日高中津は、2回表に智弁和歌山が2点を先制。日高中津も6回裏に1点を返しますが反撃もここまで。2-1で勝った智弁和歌山が決勝進出を決めました。

智弁和歌山−紀央館の決勝戦は、初回にいきなり智弁和歌山が4点を先制。紀央館も1回裏に1点を返しましたがペースを握った智弁和歌山がその後も追加点を挙げて8-2で勝ち、優勝しました。智弁和歌山と紀央館、3位決定戦で勝った有田中央は近畿大会に出場。紀央館と有田中央は初戦敗退でしたが智弁和歌山は初戦を突破。しかし準決勝では履正社(大阪)にコールド負けを喫してしまいました。

智弁和歌山(私立・和歌山市)

昨秋は高野山にサヨナラ負けを喫しベスト8止まりも今春は優勝。夏に向けてきっちりと仕上げてきている印象。高垣鋭次、野口春樹選手が注目選手にリストアップされていますが一時期の智弁和歌山に比べると小粒な感じも。春の大会も圧倒的な強さというわけではなかったが、夏に本領を発揮して2年連続22回目の甲子園出場なるか。

市和歌山(公立・和歌山市)

昨秋優勝で今春のセンバツにも出場。春の県大会はベスト8。春の準々決勝ではサヨナラ負けを喫してしまいましたが、秋春ともに県大会では失点が非常に少なく安定感抜群。打線も火がつけば、秋の新人戦で智弁和歌山から11点を奪ったように二桁得点を挙げる力があります。優勝すれば2年ぶり5回目の甲子園です。

日高中津(公立・日高町)

昨秋、今春ともにベスト4。特別目立った選手がいるわけではないが春は箕島や市和歌山に1点勝ち。智弁和歌山には1-2で敗れましたが、大量失点をすることも少なく粘り強く戦えるのが持ち味。派手さはないが接戦をモノにして初の甲子園出場を狙います。

和歌山東(公立・和歌山市)

昨秋ベスト4。春は3回戦で敗退しましたが近年、県大会では上位まで進出してくることも多く楽しみなチーム。秋の3位決定戦では日高中津相手に22-5とド派手な試合をするなど何か一発やらかしそうな雰囲気。強豪相手に勝利を挙げれば勢いが出そうなので期待したい。優勝すれば春夏通じて初の甲子園出場です。

紀央館(公立・御坊市)

今春の県大会準優勝。決勝では智弁和歌山に2-8で敗れ、力の差を見せつけられましたが近畿大会にも出場。その近畿大会では敗れはしましたが、センバツ優勝の智弁学園(奈良)相手に0-3と善戦。この自信を胸に初の甲子園出場を狙います。センバツは御坊商工時代に出場していますが、夏は出場していません。

田辺工(公立・田辺市)

昨秋、今春ともにベスト8。昨夏もベスト4まで勝ち上がりましたが、敗れた試合はいずれも大敗。強豪校を相手にした時の失点を少なくしていくことが出来ればさらなる上も目指せそう。現状では優勝までは厳しそうですが波乱を起こし甲子園を目指します。優勝すれば春夏通じて初の甲子園。

箕島(公立・有田市)

昨秋は新人戦、一次予選ともに敗退。今春も3回戦敗退で8強に入ることすらできませんでしたが、投手陣は安定しており、投打がしっかりとかみ合えば優勝候補の一角に食い込んできそう。夏の甲子園に久々に復活した2013年以来、3年ぶり9回目の優勝を狙います。

高野山(私立・高野町)

昨秋は智弁和歌山を逆転サヨナラで下すなど躍進し準優勝。今春は3回戦で敗退。秋は近畿大会も出場し全国レベルの龍谷大平安(京都)にコールド負けを喫してしまいましたが、この経験はプラスになるはず。秋の準優勝の原動力にもなった南中道脩人投手のピッチングにも注目です。優勝すれば28年ぶり2回目の甲子園です。

有田中央(公立・有田川町)

今春の県大会ベスト4。昨秋は一次予選で日高中津に敗れましたが春の3位決定戦では、その日高中津を破り近畿大会の出場権を手にしました。近畿大会ではドラフト候補の寺島成輝投手を擁する履正社(大阪)に0-10のコールド負けと完敗でしたが、この時期に全国レベルの投手と対戦できたのは大きい。この敗戦を活かして初の甲子園出場を目指します。

夏の甲子園初出場を狙う紀央館、和歌山東、有田中央の戦いに注目

一時期の智弁和歌山1強から戦国時代に突入した感じのある和歌山大会。2014年の選抜、2015年の夏に甲子園に出場した智弁和歌山と2014年夏、2016年センバツ出場の市和歌山が軸となりそうではあるが、秋春の県大会で上位まで進出し、夏の甲子園初出場を狙う紀央館、和歌山東、有田中央などの戦いにも期待したい。和歌山全体で見ても今年はドラフト候補に名前の挙がるような注目選手は少ないですが、予選で勢いに乗れば急成長を遂げる選手が現れる可能性も。目の離せない大会となりそうです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権和歌山大会 組み合わせ

【抽選日】6月25日(土)
【使用球場】紀三井寺球場

【1回戦】
7/13 向陽 4-6 箕島
7/13 粉河 1-6 紀北農芸
7/14 桐蔭 6-13 和歌山東
7/14 和歌山工 1-2 紀北工
7/14 近大新宮 3-7 新翔
7/15 新宮 5-4 和歌山北
7/15 串本古座 2-1 初芝橋本
【2回戦】
7/15 海南 8-6 田辺工
7/16 日高 4-7 日高中津
7/16 南部龍神 3-1 高野山
7/18 田辺 0-2 箕島
7/16 県和歌山 2-9 和歌山高専
7/18 貴志川 2-3 紀北農芸
7/16 和歌山商 2-4 有田中央
7/18 熊野 0-11 和歌山東
7/17 那賀 10-0 笠田
7/19 市和歌山 6-0 紀北工
7/17 和歌山南陵 2-7 智弁和歌山
7/19 星林 5-9 新翔
7/17 紀央館 6-5 神島
7/19 南部 11-1 新宮
7/17 耐久 9(没収試合)0 伊都
7/21 橋本 4-0 串本古座
【3回戦】
7/21 海南 6-2 日高中津
7/21 南部龍神 1-10 箕島
7/22 和歌山高専 10-9 紀北農芸
7/22 有田中央 5-7 和歌山東
7/22 那賀 0-8 市和歌山
7/23 智弁和歌山 12-2 新翔
7/23 紀央館 1-10 南部
7/23 耐久 1-6 橋本
【準々決勝】
7/24 海南 4-8 箕島
7/24 和歌山高専 1-8 和歌山東
7/25 市和歌山 10-5 智弁和歌山
7/25 南部 3-4 橋本
【準決勝】
7/27 和歌山東 1-7 箕島
7/27 市和歌山 3-2 橋本
【決勝】
7/28 箕島 0-2 市和歌山
※市和歌山は2年ぶり5回目


◆近畿地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【滋賀】本命不在で秋春準優勝の近江兄弟社や春優勝の光泉はチャンスか
⇒【京都】選抜4強の龍谷大平安を京都翔英、塔南などが追いかける展開か
⇒【大阪】寺島成輝の履正社か高山優希の大阪桐蔭か 組み合わせにも注目
⇒【兵庫】吉高壮擁する明石商が本命 報徳、育英、神港学園が追う展開か

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク