高校野球・夏の西東京予選 清宮幸太郎擁する早稲田実、2年連続の甲子園なるか【2016年】

2016年7月2日(木)から開幕する高校野球選手権西東京大会。昨年は早稲田実が優勝し5年ぶり29回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

西東京大会注目校へ
西東京大会組み合わせへ

2015年秋季東京大会

西東京からベスト8まで進出したのは佼成学園のただ1校のみ。その佼成学園は準々決勝で東海大高輪台と対戦。3回を終了して2-6とリードを許した佼成学園は、4回表に一挙5得点の猛攻を見せ7-6と逆転に成功。しかし6回裏、東海大高輪台に3点を奪われ逆転を許すと、7回裏にも1点を追加され7-10で試合終了。西東京からベスト8まで勝ち上がった唯一の佼成学園もここで姿を消してしまいました。

ちなみにベスト16で敗退した西東京のチームは早大学院、日大桜丘、日大三、東海大菅生の4校。いずれにせよ西東京勢にとってはなんとも寂しい秋季大会の結果となってしまいました。

2016年春季東京大会

西東京からベスト8まで進出したのは東海大菅生と八王子の2校。東海大菅生は準々決勝で帝京と対戦。2-2で迎えた4回裏に2点を失い2点を追いかける苦しい展開。それでも東海大菅生は7回表に同点に追いつくと、延長12回表に2点を奪い勝ち越しに成功。この2点を守り切って準決勝進出を決めました。

二松学舎大付と対戦した八王子は、5回表に1点を先制。しかし7回裏に同点とされると試合は延長戦に。二松学舎大付と互角の戦いを見せていた八王子でしたが、10回裏に1点を失ってしまいサヨナラ負け。惜しくも準々決勝敗退となってしまいました。

準決勝に進出した東海大菅生は二松学舎大付と対戦。一時はリードを奪っていた東海大菅生でしたが、中盤以降に失点を重ね8失点。終盤に2点は返しましたが4-8で敗れて決勝進出はなりませんでした。ベスト16で敗退した西東京のチームは東大和、聖パウロ学園、日野、日大三、創価の5校。昨秋に続き西東京勢にとっては残念な結果となりました

早稲田実(私立・国分寺市)

昨年代表校。昨秋、今春ともに都大会2回戦で敗退。夏に向けて不安の残る結果となってしまいましたが、清宮幸太郎選手や金子銀佑選手らの打線は強力。主軸が抑えられるような展開だけは避けたいところ。昨夏、甲子園を沸かせた清宮選手は6月12日現在、高校通算本塁打数は49。どこまで伸ばしてくるのかにも期待したい。今年の夏も清宮フィーバーが起きるのか。優勝すれば2年連続30回目の甲子園です。

日大三(私立・町田市)

昨秋は都大会3回戦、今春は4回戦で敗退しましたが敗れた相手はいずれも東東京の強豪校である二松学舎大付と関東一。関東一戦では投手陣が打ち込まれたのが気になりますが、注目選手に挙げられている坂倉将吾選手を中心とした打線が爆発すれば西東京大会を勝ち抜く力は十分ありそう。3年ぶり17回目の甲子園を狙います。

佼成学園(私立・杉並区)

昨秋の都大会では国士舘や東海大菅生を破り西東京勢唯一のベスト8進出。今春は都大会2回戦で姿を消しましたが、すべて逆転勝ちで勝ち上がった秋の都大会のような粘り強い戦いができれば優勝争いに絡んでくる可能性もありそう。あとは失点をどれだけ少なく抑えられるか。優勝すれば42年ぶり2回目の甲子園です。

東海大菅生(私立・あきる野市)

昨秋は都大会3回戦敗退でしたが、今春の都大会は西東京のチームでは最高成績のベスト4まで進出。得点力は高いですが春の準々決勝は4失点、準決勝は8失点を喫した投手陣がやや不安要素か。昨春のセンバツにも出場したエースで主軸を打つ伊藤壮汰選手を中心に16年ぶり3回目の甲子園を目指します。

八王子(私立・八王子市)

昨秋は一次予選敗退も今春は都大会でベスト8まで進出。準々決勝では東東京の二松学舎大付に1-2で惜しくも敗れましたが延長戦まで持ち込むなどしぶとさを見せました。甲子園の出場経験もなく未知数な部分もありますが、投手陣は安定していそうなので夏までこの好調を持続することができれば楽しみな存在になりそうです。

日野(公立・日野市)

昨秋は都大会2回戦、今春は4回戦で敗退。毎年のように上位までは進出してきますが、分厚い壁に跳ね返され続けている印象。近年の戦いを見ても強豪私立校をいかにして倒すかが課題となりそう。敗れはしましたが春の4回戦で二松学舎大付(東東京)に2点しか許さなかったような試合展開に持ち込むことができれば跳ね返されてきた壁を破ることができるかも。悲願の甲子園初出場を狙います。

早大学院(私立・練馬区)

昨秋は都大会3回戦、今春は2回戦敗退でしたが、注目選手として名前の挙がる最速143キロ右腕の柴田迅投手が好投し、他チームから見て厄介な存在になることができれば楽しみなチーム。優勝すれば春夏通じて初の甲子園です。

日大桜丘(私立・世田谷区)

昨秋、今春とも都大会3回戦敗退。大量得点を奪う攻撃力はあるものの点を多く取れば失点も多く、得点が少なければ失点も少ないといったチグハグな試合が目立つ。現状では優勝までは厳しいかもしれませんが、投手陣が安定すれば一気に上位進出の可能性も秘めてそうです。優勝すれば44年ぶり2回目の甲子園。

聖パウロ学園(私立・八王子市)

今春の都大会ではベスト8目前の4回戦敗退。それでも2回戦では佼成学園に6-1で快勝しており力はありそう。1次予選から通じて得点が多く、好投手相手でもある程度、得点を挙げられるようなら面白い存在になるかもしれません。少し注目したいチームです。優勝すれば春夏通じて初の甲子園。

混戦模様もやはり注目は清宮の早稲田実か

秋の都大会ではベスト8進出が1校、春も2校と低迷気味の西東京勢。逆にどのチームにも甲子園出場の可能性がある混戦模様の西東京予選になりそうですが、やはり注目を集めそうなのが清宮幸太郎選手を擁する早稲田実になると思われます。秋春の都大会では上位進出はなりませんでしたが、注目されると力を発揮する清宮選手が大活躍するようだとチームも波に乗ってくる可能性がありそうです。早稲田実以外では実力のある日大三、秋ベスト8の佼成学園、春ベスト8以上の東海大菅生、八王子、公立校の日野、打撃が好調の聖パウロ学園、評価の高い谷井怜央投手擁する創価などにも注目したいです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権西東京大会 組み合わせ

【抽選日】6月18日(土)
【使用球場】神宮球場・ダイワハウススタジアム八王子・府中市民球場・ネッツ多摩昭島スタジアム・多摩市一本杉公園野球場・市営立川球場・八王子市上柚木公園野球場・町田市小野路球場

【1回戦】
7/2 日大二 12-1 筑波大駒場
7/3 佼成学園 9-1 立川国際
7/3 田無工 9-2 調布南
7/3 八王子北 7-0 学芸大付
7/3 桜美林 9-2 南多摩中等
7/3 杉並工 0-28 国士舘
7/3 国分寺 3-6 田無
【2回戦】
7/10 日大二 5-1 拝島
7/3 杉並 13-2 大泉
7/3 八王子実践 5-3 東村山
7/3 日大鶴ヶ丘 23-0 五商
7/3 上水 15-1 山崎
7/10 拓大一 14-2 芦花
7/10 昭和 13-0 学芸大国際
7/3 調布北 4-14 日野台
7/3 松が谷 2-9 豊多摩
7/11 多摩工 1-8 聖徳学園
7/3 国学院久我山 12-2 三鷹中等
7/11 翔陽 23-4 八王子桑志
7/11 松原 0-12 日本学園
7/11 久留米西 10-1 練馬工
7/3 玉川学園 6-5 都市大等々力
7/11 佼成学園 9-0 帝京大高
7/10 中大杉並 8-1 帝京八王子
7/11 保谷 7-4 府中
7/12 都市大付 10-4 青梅総合
7/12 松蔭 6-11 大成
7/12 昭和一学園 4-5 明星
7/12 小平西 4-0 神代・東京農(連合)
7/12 府中東 1-8 駒場学園
7/12 光丘 16-6 東京高専
7/10 工学院大付 8-0 町田工
7/12 東村山西 7-1 国立
7/12 桜町 12-2 明星学園
7/11 小平南 2-5 世田谷学園
7/10 千歳丘 2-0 田無工
7/10 八王子北 11-8 福生
7/11 和光 3-10 狛江
7/10 府中工 7-3 武蔵野北
7/10 明学東村山 10-1 五日市・大東学園・瑞穂農芸(連合)
7/10 日大桜丘 4-11 片倉
7/10 永山 0-1 専大付
7/10 小川 1-3 成城学園
7/12 多摩大聖ヶ丘 6-5 清瀬
7/12 都武蔵 9-7 羽村
7/11 武蔵村山 4-5 成蹊
7/12 西 1-12 石神井
7/10 早大学院 8-0 多摩
7/12 成瀬 6-0 中大付
7/11 桐朋 8-3 桜美林
7/10 国士舘 12-2 練馬
7/11 法政 10-3 四商
7/10 南平 2-6 府中西
7/10 早稲田実 11-1 啓明学園
7/10 秋留台 4-2 穎明館
7/12 明大明治 11-1 ICU
7/11 立川 8-1 深沢
7/11 私武蔵 2-12 明大中野八王子
7/11 井草 1-2 総合工科
7/11 小平 1-6 東大和南
7/11 富士森 4-3 東農大一
7/10 町田 7-6 錦城
7/11 明法 2-3 電機大高
7/11 駒大高 2-6 田無
【3回戦】
7/13 東海大菅生 4-1 日大二
7/13 杉並 5-12 八王子実践
7/13 日大鶴ヶ丘 7-0 上水
7/13 拓大一 2-6 昭和
7/13 日野台 4-1 豊多摩
7/13 聖徳学園 0-6 国学院久我山
7/13 翔陽 1-14 日本学園
7/13 久留米西 1-5 玉川学園
7/14 日大三 10-9 佼成学園
7/14 中大杉並 3-2 保谷
7/15 都市大付 4-1 大成
7/16 明星 4-1 小平西
7/15 駒場学園 14-0 光丘
7/16 工学院大付 1-5 東村山西
7/14 桜町 1-10 世田谷学園
7/14 千歳丘 2-5 聖パウロ学園
7/14 創価 8-1 八王子北
7/14 狛江 6-4 府中工
7/14 明学東村山 0-7 片倉
7/14 専大付 8-1 成城学園
7/14 多摩大聖ヶ丘 1-0 都武蔵
7/14 成蹊 7-0 石神井
7/14 早大学院 4-3 成瀬
7/14 桐朋 0-3 東大和
7/13 日野 1-4 国士舘
7/13 法政 10-0 府中西
7/14 早稲田実 24-0 秋留台
7/14 明大明治 3-2 立川
7/13 明大中野八王子 7-5 総合工科
7/13 東大和南 6-1 富士森
7/13 町田 7-0 電機大高
7/13 田無 1-8 八王子
【4回戦】
7/16 東海大菅生 7-0 八王子実践
7/16 日大鶴ヶ丘 6-2 昭和
7/16 日野台 3-5 国学院久我山
7/16 日本学園 4-1 玉川学園
7/17 日大三 11-4 中大杉並
7/17 都市大付 7-9 明星
7/17 駒場学園 4-3 東村山西
7/17 世田谷学園 3-10 聖パウロ学園
7/17 創価 9-1 狛江
7/17 片倉 3-3 専大付
7/18 片倉 0-1 専大付
7/17 多摩大聖ヶ丘 7-8 成蹊
7/17 早大学院 6-3 東大和
7/16 国士舘 8-3 法政
7/16 早稲田実 6-2 明大明治
7/16 明大中野八王子 5-1 東大和南
7/16 町田 0-8 八王子
【5回戦】
7/18 東海大菅生 5-2 日大鶴ヶ丘
7/18 国学院久我山 11-1 日本学園
7/19 日大三 2-0 明星
7/19 駒場学園 3-4 聖パウロ学園
7/19 創価 4-2 専大付
7/19 成蹊 1-11 早大学院
7/18 国士舘 0-4 早稲田実
7/18 明大中野八王子 1-10 八王子
【準々決勝】
7/23 東海大菅生 14-3 国学院久我山
7/23 日大三 13-3 聖パウロ学園
7/23 創価 3-1 早大学院
7/23 早稲田実 4-6 八王子
【準決勝】
7/25 東海大菅生 4-2 日大三
7/25 創価 6-8 八王子
【決勝】
7/27 東海大菅生 3-5 八王子
※八王子は初出場


◆関東地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【茨城】優勝争いに名乗りを上げてきた石岡一の戦いに注目
⇒【栃木】上位チームの力は拮抗。真岡工や矢板中央もチャンスか
⇒【群馬】桐生第一、前橋育英、健大高崎、樹徳が4強か
⇒【埼玉】急成長の山村学園の戦いに注目!花咲徳栄と浦和学院が軸か
⇒【千葉】選抜出場の木更津総合が最有力。成田や習志野も不気味な存在
⇒【東東京】秋春の都大会優勝の関東一と準優勝の二松学舎大付がリードか
⇒【神奈川】藤平尚真、石川達也を擁する横浜が一歩リードか
⇒【山梨】◎本命は東海大甲府〇対抗は日本航空

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク