高校野球・夏の群馬予選 桐生第一、前橋育英、健大高崎、樹徳が4強か【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権群馬大会。昨年は健大高崎が優勝し2年連続3回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

群馬大会注目校へ
群馬大会組み合わせへ

2015年秋季群馬大会

ベスト8に進出したのは樹徳、前橋商、伊勢崎清明、健大高崎、前橋育英、前橋工、桐生南、桐生第一。樹徳−前橋商は、3回裏に前橋商が1点を先制。4回表に3点を返し逆転に成功した樹徳は7回表にも1点を追加。前橋商も7回裏に1点は返しましたが、4-2で樹徳が勝ちました。伊勢崎清明−健大高崎は、初回に2点を先制した健大高崎が、一度も伊勢崎清明にリードを許すことなく4-1で快勝。

前橋育英−前橋工は、2回裏に1点を先制した前橋工が、最後まで前橋育英にホームを踏ませることなく1-0の完封勝利。桐生南−桐生第一は、桐生南が4回表に1点を先制しますが、4回裏に桐生第一がすぐさま同点に追いつくと5回裏にも2点を奪い勝ち越し。9回表に桐生南も1点を返しましたが、3-2で逃げ切った桐生第一が勝ちました。

準決勝の健大高崎−樹徳は、初回に一挙5点を奪う猛攻を見せた樹徳が、その後も追加点を重ねて大量得点。健大高崎打線を1点に抑えた樹徳が11-1の5回コールド勝ちで決勝へコマを進めました。桐生第一−前橋工は、2回表に2点を先制した桐生第一が9回までに7得点。0点に抑えられていた前橋工も9回裏に2点を返しますが反撃もここまで。7-2で桐生第一が勝ちました。

樹徳−桐生第一の決勝戦は、3回裏に桐生第一が1点を先制。先制を許した樹徳は4回表に2点を奪い逆転しますが、4回裏に桐生第一も1点を返し同点に。2-2のまま迎えた8回表、樹徳が1点を勝ち越すと9回表にも1点を追加。このまま逃げ切った樹徳が4-2で勝ち、優勝しました。樹徳と桐生第一は関東大会に出場。樹徳は残念ながら初戦敗退でしたが桐生第一は準決勝まで勝ち進み、センバツ出場の切符を手にしました。

2016年春季群馬大会

ベスト8に進出したのは樹徳、前橋育英、桐生市商、前橋工、伊勢崎清明、健大高崎、高崎経大付、前橋。樹徳−前橋育英は、2回表に1点を先制した樹徳が4回表にも2点を追加し3-0。リードされた前橋育英は6回裏に1点を返すと7回裏に1点、8回裏に2点を返し逆転。9回表の樹徳の攻撃を0点でしのいだ前橋育英が4-3で勝ちました。

桐生市商−前橋工は、1回裏に前橋工が1点を先制。この初回の1点を最後まで守り切った前橋工が1-0で完封勝ち。伊勢崎清明−健大高崎は、3回表に伊勢崎清明が1点を先制。1点が遠かった健大高崎は追い詰められた9回裏に2点を奪い、2-1で逆転サヨナラ勝ち。高崎経大付−前橋は、2回表に高崎経大付が1点を先制しますが、3回裏に前橋も1点を返し同点。さらに4回裏に3点、5回裏にも1点を追加した前橋が6-2で勝ちました。

準決勝の前橋育英−前橋工は、4回までに2点のリードを許した前橋育英が5回表に1点を返すと6回表には2点を奪い3-2と逆転。7回、8回にも追加点を挙げた前橋育英が前橋工の反撃を振り切り6-4で勝って決勝進出を決めました。健大高崎−前橋は、初回に1点を先制した健大高崎が7回表に一気に5点を奪い6-0。9回にも追加点を挙げた健大高崎が9-1で勝ちました。

前橋育英−健大高崎の決勝戦は、4回表を終了して前橋育英が6-0と大量リード。しかし健大高崎は4回裏に4点を返して2点差とすると7回裏にも1点を返して1点差に。嫌なムードが漂う前橋育英でしたが、これ以上の反撃は許さず6-5で逃げ切り優勝しました。前橋育英、健大高崎、前橋工、前橋は関東大会に出場。健大高崎、前橋工、前橋は初戦で敗退してしまいましたが、前橋育英は決勝まで勝ち上がり横浜(神奈川)との決勝戦も5-1で快勝し見事に関東大会を制しました。

健大高崎(私立・高崎市)

昨年代表校で昨秋ベスト4、今春は準優勝。秋は準々決勝で樹徳に5回コールド負けという屈辱を味わいましたが、春は決勝で惜しくも敗れたものの準優勝という結果を残し、実力があることを見せつけました。関東大会では横浜(神奈川)に2-3で負けはしましたが、石毛力斗投手が13安打を打たれながらも3失点と粘り強いピッチングをしました。投手陣の出来がポイントとなりそうですが、機動破壊で3年連続4回目の甲子園を狙います。

前橋育英(私立・前橋市)

昨秋は前橋工に敗れてベスト8止まりでしたが、今春は秋に敗れた前橋工や樹徳、健大高崎に競り勝ち優勝。関東大会でもその勢いは落ちることなく頂点まで駆け上がりました。注目選手としても名前の挙がっている佐藤優人投手をはじめとする投手陣は安定感があり、リードする捕手の森田健斗選手も高い評価を受けています。高橋光成(西武)を擁して全国制覇を達成した2013年以来、3年ぶり2回目の甲子園を目指します。

樹徳(私立・桐生市)

昨秋優勝、今春ベスト8。優勝する力はありそうなのに1992年を最後に甲子園から遠ざかっている不思議なチーム。秋の県大会でも前橋商、健大高崎、桐生第一に勝っており優勝候補の一角になりそう。春の準々決勝では前橋育英に3-4で惜しくも敗れましたが、昨夏は勝っていますしライバルとなりそうなチームに決して分が悪い訳ではありません。プロ注目選手として名前が挙がり、主軸を打つキャッチャーの嶋田翔選手を中心に24年ぶり3回目の甲子園を狙います。

桐生第一(私立・桐生市)

昨秋準優勝。今春のセンバツでは滋賀学園(滋賀)打線に打ち込まれてしまいましたが、エースの内池翔投手はドラフト候補としても名前の挙がっている好投手。春の県大会では4回戦で高崎経大付に負けましたが、センバツ出場の経験を活かすことができれば優勝も十分に射程圏内。優勝すれば8年ぶり10回目の甲子園です。

前橋工(公立・前橋市)

昨秋、今春ともに県大会ベスト4。秋の準々決勝では八野田龍司投手が前橋育英打線を完封。春はその前橋育英に4-6で敗れてしまいましたが、チームとしても相手打線を3点以内に抑える試合が多く、接戦に持ち込んで勝ち切ることができるかがポイントとなりそう。序盤の大量失点だけは避けたいところです。優勝すれば15年ぶり10回目の甲子園。

伊勢崎清明(公立・伊勢崎市)

昨秋、今春ともにベスト8。秋春ともに準々決勝で健大高崎に負けはしましたが1-4、1-2の惜敗。過去数年の県大会の結果を見ても敗戦試合の多くが桐生第一や前橋育英などの強豪校。しかも僅差での敗戦が多く実力で劣っている感じはない。この強豪校の壁を破るようなことがあれば勢いに乗って優勝する可能性も。優勝すれば春夏通じて初の甲子園出場です。

桐生市商(公立・桐生市)

今春ベスト8。春の県大会では4試合で失点は僅かに4。しかし得点も少なく8得点と打線が課題となりそう。敗れた準々決勝の前橋工戦も0-1と1点が遠かった。夏の大会までに攻撃力が強化されれば面白い存在になるかもしれません。優勝すれば14年ぶり2回目の甲子園です。

東農大二(私立・高崎市)

昨秋は3回戦、今春は4回戦敗退でしたがいずれも1-2とロースコアでの1点差負け。実力はあるだけに侮れないチーム。名前の挙がっている注目選手などはいませんが総合力で優勝を狙います。甲子園での大根踊りを楽しみにしている人も多いのでは?優勝すれば7年ぶり6回目の甲子園です。

秋春の県大会決勝進出チームが4強か

昨年代表校で春の県大会準優勝の健大高崎、今春のセンバツに出場し秋の県大会準優勝の桐生第一、春の県大会を制し関東大会でも優勝した前橋育英、昨秋の県大会優勝で先に挙げた3校に強い樹徳の4校が優勝争いの中心となりそう。この4チームの中から優勝するチームが出る可能性が高そうだが、甲子園初出場を狙う伊勢崎清明や桐生南なども楽しみなチーム。順当に4強が勝ち上がるのか、大会序盤から波乱の展開になるのか見どころの多い大会となりそうです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権群馬大会 組み合わせ

【抽選日】6月17日(金)
【使用球場】上毛新聞敷島球場・高崎城南球場・桐生球場

【1回戦】
7/10 太田東 4-1 前橋東
【2回戦】
7/11 前橋育英 8-3 常磐
7/11 尾瀬 2-12 渋川
7/11 群馬高専 2-3 勢多農林
7/10 桐生第一 7-0 富岡
7/14 藤岡中央 11-4 下仁田・万場・長野原(連合)
7/14 太田東 4-1 新田暁
7/12 四ツ葉 6-3 桐生工
7/12 高崎東 2-11 桐生市商
7/13 樹徳 9-2 前橋商
7/13 明和県央 5-3 高崎北
7/13 市前橋 6-5 西邑楽
7/13 中央中等 5-1 前橋南
7/13 利根実 7-3 館林商工
7/12 東農大二 12-2 大泉
7/12 中之条 4-5 沼田
7/12 伊勢崎工 2-6 前橋工
7/12 前橋 7-2 伊勢崎商
7/12 嬬恋 5-6 館林
7/12 前橋西 1-2 桐生西
7/12 富岡実 20-0 玉村
7/14 高崎商 5-3 市太田
7/14 藤岡北 1-11 関東学園大付
7/13 渋川工 1-8 高崎商大付
7/13 高崎 0-7 伊勢崎清明
7/11 高崎経大付 10-3 伊勢崎興陽
7/11 高崎工 5-2 藤岡工
7/10 利根商 7-0 松井田
7/10 桐生 3-4 太田
7/11 吉井 7-5 安中総合
7/11 太田工 1-9 桐生南
7/11 渋川青翠 0-7 伊勢崎
7/11 榛名 0-16 健大高崎
【3回戦】
7/16 前橋育英 3-1 渋川
7/16 勢多農林 0-4 桐生第一
7/17 藤岡中央 0-2 太田東
7/16 四ツ葉 1-3 桐生市商
7/17 樹徳 12-0 明和県央
7/18 市前橋 0-7 中央中等
7/18 利根実 7-3 東農大二
7/17 沼田 2-5 前橋工
7/17 前橋 0-2 館林
7/18 桐生西 4-0 富岡実
7/18 高崎商 7-2 関東学園大付
7/17 高崎商大付 3-8 伊勢崎清明
7/16 高崎経大付 4-7 高崎工
7/17 利根商 4-1 太田
7/16 吉井 1-3 桐生南
7/16 伊勢崎 2-10 健大高崎
【4回戦】
7/21 前橋育英 3-0 桐生第一
7/21 太田東 2-3 桐生市商
7/22 樹徳 10-2 中央中等
7/22 利根実 2-14 前橋工
7/22 館林 2-5 桐生西
7/22 高崎商 2-3 伊勢崎清明
7/21 高崎工 0-2 利根商
7/21 桐生南 5-7 健大高崎
【準々決勝】
7/23 前橋育英 3-0 桐生市商
7/24 樹徳 2-9 前橋工
7/24 桐生西 2-6 伊勢崎清明
7/23 利根商 0-9 健大高崎
【準決勝】
7/26 前橋育英 3-1 前橋工
7/27 伊勢崎清明 0-3 健大高崎
【決勝】
7/28 前橋育英 8-4 健大高崎
※前橋育英は3年ぶり2回目


◆関東地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【茨城】優勝争いに名乗りを上げてきた石岡一の戦いに注目
⇒【栃木】上位チームの力は拮抗。真岡工や矢板中央もチャンスか
⇒【埼玉】急成長の山村学園の戦いに注目!花咲徳栄と浦和学院が軸か
⇒【千葉】選抜出場の木更津総合が最有力。成田や習志野も不気味な存在
⇒【東東京】秋春の都大会優勝の関東一と準優勝の二松学舎大付がリードか
⇒【西東京】清宮幸太郎擁する早稲田実、2年連続の甲子園なるか
⇒【神奈川】藤平尚真、石川達也を擁する横浜が一歩リードか
⇒【山梨】◎本命は東海大甲府〇対抗は日本航空

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク