高校野球・夏の埼玉予選 急成長の山村学園の戦いに注目!花咲徳栄と浦和学院が軸か【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権埼玉大会。昨年は花咲徳栄が優勝し4年ぶり3回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

埼玉大会注目校へ
埼玉大会組み合わせへ

2015年秋季埼玉大会

ベスト8に進出したのは川越東、浦和学院、狭山ヶ丘、山村学園、上尾、花咲徳栄、春日部共栄、西武台。川越東−浦和学院は、2点をリードした川越東が5回表にも2点を追加して4-0。浦和学院は5回裏に2点を返すと土壇場の9回裏に2点を奪って同点とし延長戦に。延長戦に入ってから両チーム無得点で迎えた13回裏に浦和学院が1点を挙げ5-4でサヨナラ勝ちしました。

狭山ヶ丘−山村学園は、3点ビハインドで迎えた4回裏に山村学園が一気に3点を返し同点。しかし、追いつかれた狭山ヶ丘は6回表に勝ち越すと9回表にも追加点。7-3で狭山ヶ丘が勝ちました。上尾−花咲徳栄は、初回に1点を先制した花咲徳栄が中盤、終盤にも追加点を挙げ、上尾にホームベースを踏ますことなく6-0の完封勝ち。春日部共栄−西武台は、1回表に春日部共栄が1点を先制すると3回表にも3点を追加。西武台も4回裏に1点を返しますが、逃げ切った春日部共栄が5-1で勝利しました。

準決勝の狭山ヶ丘−浦和学院は、1回から3回まで1点ずつを挙げた浦和学院。狭山ヶ丘も4回表に1点を返して2点差としますが8回裏に1点を追加した浦和学院が4-1で勝ち、決勝進出を決めました。花咲徳栄−春日部共栄は、6回までに6-2とリードした花咲徳栄が8回表にも3点を追加。春日部共栄の8回裏の攻撃を0点で抑えた花咲徳栄が9-2の8回コールド勝ちで決勝進出。

花咲徳栄−浦和学院の決勝戦は、1回裏に浦和学院が1点を先制。3回表に花咲徳栄も1点を返し同点にしますが、その直後の3回裏、2点を挙げて勝ち越した浦和学院がその後も追加点を重ねて6-1に。花咲徳栄も8回表に3点を返して粘りましたが6-4で逃げ切った浦和学院が優勝しました。

浦和学院、花咲徳栄と3位決定戦で勝った春日部共栄が関東大会に出場。浦和学院と春日部共栄は初戦敗退。花咲徳栄は1回戦は勝ち、準々決勝で木更津総合(千葉)に1-2で敗れてベスト8止まりでしたが選抜出場の切符を手にしました。

2016年春季埼玉大会

ベスト8に進出したのは春日部東、浦和学院、西武文理、上尾、山村学園、春日部共栄、花咲徳栄、聖望学園。春日部東−浦和学院は、2回裏に2点を先制した浦和学院が最後までこの2点を守り切って2-0の完封勝ち。西武文理−上尾は、1回裏に2点を先制した上尾が5回裏にも1点を奪いリードを広げ、このまま逃げ切った上尾が3-0で勝ちました。

山村学園−春日部共栄は、序盤から小刻みに得点を重ねた山村学園が、春日部共栄の反撃を7回裏の1点だけに抑え6-1で快勝しました。花咲徳栄−聖望学園は、5-3と聖望学園が2点リードで迎えた7回表、花咲徳栄が1点を返すと続く8回表には一挙6点で逆転に成功。10-5で花咲徳栄が勝ちました。

準決勝の浦和学院−上尾は、1回裏に上尾が2点を先制。3回表に浦和学院は2点を返し同点にすると7回表に1点を追加し逆転。上尾も7回裏、すぐに1点を返し同点としましたが9回表に3点を挙げた浦和学院が6-3で勝ちました。花咲徳栄−山村学園は、2回表に先制点を挙げた花咲徳栄が8回を終えて3-1でリード。追い詰められた山村学園は9回裏に1点を返しましたが3-2で花咲徳栄が勝ち、決勝進出を決めました。

花咲徳栄−浦和学院の決勝戦は、浦和学院が3回裏に2点を先制しましたが、4回表に5点を奪った花咲徳栄がすぐに逆転。逆転を許した浦和学院も反撃し、5-6で迎えた7回裏に2点を挙げて再逆転。このまま7-6で勝った浦和学院が秋に続いて優勝しました。浦和学院と花咲徳栄は関東大会に出場しましたが、浦和学院は初戦敗退。花咲徳栄は1勝はしましたが準々決勝で敗退となってしまいました。

花咲徳栄(私立・加須市)

昨年代表校で昨秋、今春の県大会はともに準優勝。選抜では秀岳館(熊本)打線に打ち込まれてしまいましたが145キロ後半のストレートを投げ、非常に高い評価を得ているプロ注目の高橋昴也投手に加え、春の関東大会で東海大甲府(山梨)を完封した綱脇慧投手や清水達也投手など投手層は厚い。打者では中軸を打つ岡崎大輔選手の評価が高い。秋、春と2大会連続、決勝で浦和学院に敗れていますが力は互角。2年連続4回目の甲子園を狙います。

浦和学院(私立・さいたま市)

昨秋、今春ともに県大会優勝。昨夏は準決勝で白岡にまさかの敗戦でしたが、秋春ともに県大会を制し関東大会に出場。140キロ右腕、榊原翼投手に昨春の選抜を経験した諏訪賢吉、幸喜勇諮選手など投打のバランスもいい。2大会連続で決勝戦を戦った花咲徳栄がライバルとなりそうだが、3季連続優勝で3年ぶり13回目の甲子園を目指します。

山村学園(私立・川越市)

昨秋ベスト8、今春ベスト4。秋に初めてとなる県大会ベスト8まで進出すると春はベスト4まで勝ち上がり、勢いに乗るチーム。勢いだけじゃなく聖望学園や春日部共栄にも勝っており実力も十分。得点力もあり、夏の大会でも勢いに乗ると台風の目となって一気に甲子園出場の可能性もありそう。注目したい楽しみなチームです。優勝すれば春夏通じて初の甲子園です。

春日部共栄(私立・春日部市)

昨秋ベスト4、今春ベスト8。実力的には県内上位ですが、秋の県大会で花咲徳栄に9失点、関東大会でも東海大甲府(山梨)に11失点と大量失点を許した投手陣が不安要素か。花咲徳栄や浦和学院と比べると見劣りする感は否めない。注目選手としてキャッチャーの磯田歩甫選手の名前が挙がっています。優勝すれば2年ぶり6回目の甲子園。

聖望学園(私立・飯能市)

今春ベスト8。大野亮太、平柳圭汰選手らを中心とする攻撃力は魅力的だが、春の県大会準々決勝の花咲徳栄戦のように終盤に失点を繰り返すようだと苦しい戦いを強いられそう。投手陣が安定してくれば頂点も見えてくるはずです。優勝すれば7年ぶり4回目の甲子園。

上尾(公立・上尾市)

昨秋ベスト8、今春は準決勝で浦和学院に3-6で惜しくも敗れましたがベスト4まで進出。終盤まで互角の展開を見せるなど公立校でも私立校に対抗できる力はありそう。失点も非常に少なく、夏の連戦でも投手陣が安定していれば優勝争いに加わってくる可能性も。優勝すれば32年ぶり4回目の甲子園出場となります。

川越東(私立・川越市)

昨秋ベスト8も今春は地区予選で敗退。昨春は関東大会で準優勝。その時に一塁手として出場していた星野裕帆選手は投手としての評価も高く投打の中心となりそう。秋の県大会では逆転負けをしましたが、浦和学院と延長13回の死闘を演じるなど実力は上位クラス。初の甲子園出場を狙います。

西武文理(私立・狭山市)

今春は地区予選で、昨秋ベスト8の川越東を5-0の完封で下すなど県大会ベスト8まで進出。昨夏も花咲徳栄に敗れましたがベスト8まで勝ち上がっており、ひそかに優勝を狙っている感じです。優勝すれば春夏通じて初の甲子園です。

初の甲子園を狙う山村学園の戦いに注目

昨年代表校の花咲徳栄と秋春の県大会を制した浦和学院の戦力が充実している2校を中心に優勝争いが繰り広げられそうですが、秋ベスト8、春ベスト4の山村学園の戦いに注目したい。山村学園は2007年まで女子高でしたが、2008年度から男女共学に。2009年の夏の大会に初めて参加してから7年目の今年、春の県大会では準決勝で花咲徳栄を最後まで苦しめるなどチーム力は一気にアップ。優勝を狙える位置にまで成長しています。甲子園を意識しすぎて本来の力を発揮できないという不安要素もありますが、春のような戦いができれば花咲徳栄や浦和学院にとっても脅威となるでしょう。その他にも公立校の上尾の戦いぶりも楽しみにしたいです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権埼玉大会 組み合わせ

【抽選日】6月24日(金)
【使用球場】大宮公園球場・市営大宮球場・上尾市民球場・市営浦和球場・川越初雁球場・熊谷公園球場・越谷市民球場・朝霞市営球場・川口市営球場・所沢航空公園球場

【1回戦】
7/10 所沢商 13-3 栗橋北彩
7/10 鳩山 4-14 草加東
7/10 杉戸 0-3 八潮南
7/10 昌平 3-2 本庄一
7/10 早大本庄 10-0 浦和商
7/10 川越初雁 8-1 熊谷西
7/10 慶應志木 5-4 大宮武蔵野
7/10 富士見 10-12 久喜北陽
7/10 狭山工 1-6 星野
7/10 浦和実 18-0 寄居城北
7/10 熊谷 1-2 草加西
7/10 大宮 0-3 狭山ヶ丘
7/10 深谷 0-36 栄北
7/10 春日部工 0-1 春日部
7/10 埼玉栄 7-0 飯能
7/10 川越西 2-1 越谷南
7/9 新座柳瀬 10-3 越谷総合
7/10 新座 13-6 秀明
7/10 川越総合 4-5 三郷北
7/10 川越 36-0 自由の森
7/10 庄和 1-3 秩父
7/10 所沢中央 1-8 市川口
7/10 岩槻 9-2 志木
7/10 城北埼玉 10-1 越生
7/10 川口工 1-0 小川
7/10 いずみ 5-8 和光
7/10 羽生一 7-4 大宮南
7/10 白岡 3-0 本庄東
7/10 蓮田松韻 2-8 与野
7/10 埼玉平成 11-0 川越南
【2回戦】
7/11 浦和学院 9-0 鴻巣
7/11 坂戸 4-1 武蔵越生
7/12 越谷北 6-7 所沢商
7/11 市川越 10-3 草加南
7/11 本庄 10-0 三郷
7/12 草加東 7-0 上尾橘・上尾鷹の台・大宮商・岩槻北陵(連合)
7/12 北本 6-7 八潮南
7/11 狭山清陵 2-3 正智深谷
7/11 ふじみ野 8-1 栄東
7/12 昌平 9-0 所沢北
7/12 川口 4-9 早大本庄
7/11 深谷一 1-5 秩父農工科
7/11 西武台 11-1 所沢
7/12 川越初雁 9-0 松伏
7/12 久喜工 6-2 慶應志木
7/11 熊谷農 0-14 聖望学園
7/11 春日部東 5-3 川口青陵
7/13 久喜北陽 1-15 立教新座
7/13 三郷工技 1-14 星野
7/11 山村国際 8-1 浦和北
7/11 開智 9-4 児玉
7/13 浦和実 6-3 獨協埼玉
7/13 松山 7-0 草加西
7/11 児玉白楊 0-10 川越工
7/13 大宮東 8-0 細田学園
7/13 狭山ヶ丘 0-3 蕨
7/13 新座総合 1-12 栄北
7/11 浦和工 3-10 越谷西
7/11 宮代 4-7 八潮
7/13 春日部 24-0 羽生実
7/13 城西大川越 5-6 埼玉栄
7/11 川越東 4-2 山村学園
7/12 花咲徳栄 14-3 桶川西
7/12 大宮光陵 3-5 進修館
7/13 大宮北 1-2 川越西
7/12 市浦和 0-7 入間向陽
7/12 滑川総合 11-1 小鹿野
7/12 新座柳瀬 4-3 狭山経済
7/13 浦和 9-2 新座
7/12 所沢西 2-7 桶川
7/12 大宮西 2-4 上尾南
7/13 三郷北 7-2 日高
7/13 浦和東 7-6 川越
7/12 熊谷商 13-1 幸手桜
7/12 浦和西 2-3 秀明英光
7/13 秩父 2-3 武南
7/13 越谷東 0-7 市川口
7/12 東農大三 0-10 西武文理
7/12 春日部共栄 4-1 豊岡
7/13 岩槻 6-1 飯能南
7/13 叡明 7-5 城北埼玉
7/12 大宮開成 3-10 杉戸農
7/12 伊奈学園 0-7 大宮工
7/13 川口工 6-8 熊谷工
7/13 鷲宮 9-2 和光
7/13 国際学院 2-4 越ヶ谷
7/13 南稜 12-0 草加
7/13 羽生一 8-0 岩槻商
7/13 妻沼 0-28 白岡
7/11 坂戸西 4-2 不動岡
7/11 盈進東野 4-9 深谷商
7/13 与野 8-0 朝霞西
7/13 鶴ヶ島清風 1-13 埼玉平成
7/11 朝霞 6-10 上尾
【3回戦】
7/16 浦和学院 2-0 坂戸
7/16 所沢商 4-5 市川越
7/16 本庄 4-2 草加東
7/16 八潮南 2-2 正智深谷
7/17 八潮南 7-11 正智深谷
7/16 ふじみ野 0-1 昌平
7/16 早大本庄 8-1 秩父農工科
7/16 西武台 6-3 川越初雁
7/16 久喜工 3-8 聖望学園
7/17 春日部東 7-0 立教新座
7/17 星野 5-2 山村国際
7/17 開智 0-2 浦和実
7/17 松山 1-0 川越工
7/17 大宮東 3-0 蕨
7/17 栄北 1-2 越谷西
7/17 八潮 9-0 春日部
7/17 埼玉栄 5-3 川越東
7/16 花咲徳栄 15-0 進修館
7/16 川越西 4-5 入間向陽
7/16 滑川総合 7-2 新座柳瀬
7/16 浦和 1-7 桶川
7/16 上尾南 4-6 三郷北
7/16 浦和東 1-14 熊谷商
7/16 秀明英光 4-5 武南
7/16 市川口 0-5 西武文理
7/17 春日部共栄 3-1 岩槻
7/17 叡明 7-4 杉戸農
7/17 大宮工 6-3 熊谷工
7/17 鷲宮 8-1 越ヶ谷
7/17 南稜 3-3 羽生一
7/18 南稜 5-4 羽生一
7/17 白岡 6-0 坂戸西
7/17 深谷商 4-5 与野
7/17 埼玉平成 2-4 上尾
【4回戦】
7/18 浦和学院 0-1 市川越
7/18 本庄 5-6 正智深谷
7/18 昌平 6-9 早大本庄
7/18 西武台 0-7 聖望学園
7/19 春日部東 1-2 星野
7/19 浦和実 2-1 松山
7/19 大宮東 9-2 越谷西
7/19 八潮 1-8 埼玉栄
7/18 花咲徳栄 9-0 入間向陽
7/18 滑川総合 10-0 桶川
7/18 三郷北 1-5 熊谷商
7/18 武南 4-7 西武文理
7/19 春日部共栄 6-5 叡明
7/19 大宮工 5-4 鷲宮
7/19 南稜 5-3 白岡
7/19 与野 1-6 上尾
【5回戦】
7/23 市川越 9-2 正智深谷
7/23 早大本庄 0-7 聖望学園
7/23 星野 3-4 浦和実
7/23 大宮東 8-3 埼玉栄
7/23 花咲徳栄 10-0 滑川総合
7/23 熊谷商 3-2 西武文理
7/23 春日部共栄 7-0 大宮工
7/23 南稜 1-5 上尾
【準々決勝】
7/24 市川越 5-9 聖望学園
7/24 浦和実 1-4 大宮東
7/24 花咲徳栄 9-0 熊谷商
7/24 春日部共栄 8-0 上尾
【準決勝】
7/26 聖望学園 6-5 大宮東
7/26 花咲徳栄 5-0 春日部共栄
【決勝】
7/27 聖望学園 0-6 花咲徳栄
※花咲徳栄は2年連続4回目


◆関東地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【茨城】優勝争いに名乗りを上げてきた石岡一の戦いに注目
⇒【栃木】上位チームの力は拮抗。真岡工や矢板中央もチャンスか
⇒【群馬】桐生第一、前橋育英、健大高崎、樹徳が4強か
⇒【千葉】選抜出場の木更津総合が最有力。成田や習志野も不気味な存在
⇒【東東京】秋春の都大会優勝の関東一と準優勝の二松学舎大付がリードか
⇒【西東京】清宮幸太郎擁する早稲田実、2年連続の甲子園なるか
⇒【神奈川】藤平尚真、石川達也を擁する横浜が一歩リードか
⇒【山梨】◎本命は東海大甲府〇対抗は日本航空

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク