高校野球・夏の千葉予選 選抜出場の木更津総合が最有力。成田や習志野も不気味な存在【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権千葉大会。昨年は専大松戸が優勝し初の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

千葉大会注目校へ
千葉大会組み合わせへ

2015年秋季千葉大会

ベスト8に進出したのは千葉黎明、専大松戸、木更津総合、市船橋、稲毛、千葉明徳、東京学館浦安、千葉経大付。千葉黎明−専大松戸は、3回表に千葉黎明が1点を先制しますが、3回裏に3点を奪い逆転に成功した専大松戸は4回裏にも3点を追加。8回表に千葉黎明も1点を返しますが6-2で専大松戸が勝ちました。木更津総合−市船橋は、初回に5得点の猛攻を見せた木更津総合が市船橋を寄せつけず11-1の5回コールド勝ち。

稲毛−千葉明徳は、1回裏に1点を先制した千葉明徳が3回、4回、7回にも追加点。反撃したい稲毛でしたが、千葉明徳の投手陣に抑え込まれ無得点。6-0で千葉明徳が完封勝ちしました。東京学館浦安−千葉経大付は、序盤から両チームとも点を取り合い4-3と東京学館浦安がリードして迎えた8回表、東京学館浦安は2点を追加。追い込まれた千葉経大付も9回裏に2点を返して反撃をしましたが6-5で東京学館浦安が逃げ切り勝ち。

準決勝の専大松戸−木更津総合は投手戦に。0-0と両チーム無得点で迎えた7回裏に木更津総合がようやく1点を先制。追いつきたい専大松戸でしたが最後まで攻略できず1-0で木更津総合が完封勝ち。東京学館浦安−千葉明徳は、千葉明徳が4回裏に1点を先制。リードされた東京学館浦安は5回表に2点を返し逆転しますが、8回裏に3点を挙げた千葉明徳が再逆転。9回表に東京学館浦安も1点を返しますが4-3で千葉明徳が勝ち、決勝進出。

千葉明徳−木更津総合の決勝戦は、初回に3点を先制した木更津総合が5回に4点、6回に2点、7回に3点と猛打爆発。大量リードを許した千葉明徳も9回表に1点を返しますが12-1で圧勝した木更津総合が優勝しました。木更津総合と千葉明徳は関東大会に出場。千葉明徳は1回戦でコールド負けを喫してしまいましたが、木更津総合は1回戦からロースコアの接戦を制し決勝に進出。常総学院(茨城)との決勝戦では点の取り合いとなりましたが延長13回の末、8-7で勝った木更津総合が関東大会も制しました。木更津総合は選抜出場の切符も手にしています。

2016年春季千葉大会

ベスト8に進出したのは東京学館浦安、千葉経大付、木更津総合、東海大市原望洋、千葉明徳、成田、千葉黎明、松戸国際。東京学館浦安−千葉経大付は、1回表に東京学館浦安が1点を先制しますが、その裏に千葉経大付が2点を奪い逆転。さらに2回裏に4点、3回裏にも1点を追加した千葉経大付が9-2の7回コールド勝ち。

木更津総合−東海大市原望洋は、初回に1点を先制した東海大市原望洋が中盤以降も得点を重ね6-1で秋優勝の木更津総合を撃破。千葉明徳−成田は、1回裏に成田が1点を先制すると4回裏にも1点を追加。千葉明徳は最後まで得点を奪うことができず、2-0で成田が勝ちました。千葉黎明−松戸国際は、3回までに4-1とリードを奪った千葉黎明が6回と7回にも追加点を挙げ9-2の7回コールド勝ち。

準決勝の千葉経大付−東海大市原望洋は、2回表に千葉経大付が1点を先制も2回裏に3点を返した東海大市原望洋が逆転。その後ジワジワと千葉経大付を突き放した東海大市原望洋が8-1の8回コールド勝ち。千葉黎明−成田は、0-0で迎えた5回表に千葉黎明が1点を先制。8回表にも1点を追加した千葉黎明に対し、成田も9回裏に粘りを見せ1点を返しますが逃げ切った千葉黎明が2-1で勝ち、決勝進出を決めました。

千葉黎明−東海大市原望洋の決勝戦は、初回に千葉黎明が1点を先制すると2回表にも1点を追加。東海大市原望洋は3回裏、一気に4点を挙げ逆転しますが、7回表に千葉黎明も2点を返して4-4の同点に。8回裏に2点を挙げて勝ち越した東海大市原望洋が9回の千葉黎明の反撃を1点に抑え6-5で勝ち、優勝しました。

東海大市原望洋と千葉黎明は関東大会に出場。東海大市原望洋は石岡一(茨城)に3-2、千葉黎明は秋の関東大会準優勝の常総学院(茨城)に14-4の8回コールドで勝ち準々決勝に進出しましたが、両チームとも準々決勝で敗退してしまいました。

専大松戸(私立・松戸市)

昨年代表校で昨秋ベスト4。秋は東海大市原望洋や千葉黎明に勝ち、準決勝まで進出しましたが木更津総合の早川投手に打線が抑え込まれ0-1の4安打完封負け。春は3回戦で成田に13-14で敗れはしましたが攻撃力はトップクラス。投手陣が少し不安な部分もありますが、丸茂弘汰選手を中心とした打線で2年連続2回目の甲子園を狙います。

木更津総合(私立・木更津市)

昨秋優勝、今春ベスト8。選抜で好投し、チームをベスト8に導いた早川隆久投手の安定感は抜群。2番手の武田大慶投手も評価の高いピッチャーです。春の県大会、準々決勝では東海大市原望洋に1-6で負けましたが早川投手は登板しておらず、武田投手をはじめとする早川投手以外の投手陣の踏ん張りが、県大会を勝ち抜くためのカギとなりそう。優勝すれば3年ぶり5回目の甲子園。

東海大市原望洋(私立・市原市)

今春の県大会優勝、関東大会ベスト8。2016年4月より東海大望洋から校名変更。140キロ後半右腕の島孝明投手と2014年夏に1年生ながら甲子園を経験し、主軸を打つ峯尾京吾選手のバッテリーに注目です。木更津総合や千葉経大付を倒して優勝した春の県大会の勢いで2年ぶり2回目の甲子園出場を目指します。

千葉明徳(私立・千葉市)

昨秋準優勝、今春ベスト8。秋春の結果を見ても分かるようにチーム力は安定。しかし好成績を残せば選抜出場の可能性もあった秋の関東大会では0-7のコールド負けであっさりと初戦敗退。チーム力はあるだけに大一番でどれだけ力を発揮できるかがポイントか。優勝すれば春夏通じて初の甲子園です。

千葉黎明(私立・八街市)

昨秋ベスト8、今春準優勝。ピッチャーとして評価の高い川口廉選手が投打の中心。春の関東大会では選抜出場の常総学院(茨城)に14-4でコールド勝ちするなど爆発力もあり。この攻撃力で川口投手の負担を減らすことができれば面白い存在になりそう。優勝すれば春夏通じて初の甲子園となります。

千葉経大付(私立・千葉市)

昨秋ベスト8、今春ベスト4。ベスト4に進出した春の県大会では4試合で32得点で1試合平均8得点と攻撃力は高い。しかし失点も19と多いのが課題か。好投手擁するチームとの対戦でいかに失点を少なくできるかがチームの成績を左右しそう。優勝すれば8年ぶり4回目の甲子園。

習志野(公立・習志野市)

昨秋は県大会3回戦で稲毛に5-6で、今春は地区大会で船橋に2-3で負けてしまいましたが、昨夏準優勝メンバーの加藤駿、内山京祐、吉野海都選手らが残っており優勝争いに絡んでくる可能性は十分にありそう。投手力もあるので上位まで進出してくれば他のチームからすると嫌な存在となるでしょう。優勝して5年ぶり9回目の甲子園のスタンドでレッツゴー習志野を大音量で響き渡らせることができるか。

成田(私立・成田市)

昨秋は県大会1回戦で千葉敬愛に3-4で敗れましたが、今春は銚子商、専大松戸、千葉明徳などに勝ち準決勝まで進出。専大松戸戦は14-13の打撃戦で打ち勝ち、次の千葉明徳戦は2-0の完封勝利。打ち合っても守り合っても簡単には負けない強さがあります。優勝すれば6年ぶり8回目の甲子園です。

千葉敬愛(私立・四街道市)

昨秋は2回戦敗退、今春は3回戦敗退も敗れた相手は専大松戸と木更津総合の強豪校。秋の2回戦では4-3で成田に競り勝っており侮れないチーム。昨夏も5回戦まで進出するなど虎視眈々と優勝を狙っています。優勝すれば関東中時代以来、84年ぶり3回目の甲子園となります。

早川隆久投手を擁する木更津総合が最有力か

昨夏から3季連続で決勝進出チームが違うなど混戦となりそうな千葉大会。その中でも頭一つリードしているのはセンバツで素晴らしいピッチングを披露した早川隆久投手を擁する木更津総合か。それを追うのが昨年代表校の専大松戸や秋春連続でベスト8以上の千葉明徳、千葉経大付、千葉黎明、東京学館浦安に春優勝の東海大市原望洋。

ただ千葉明徳、千葉黎明、東京学館浦安は春夏通じて甲子園経験がないのが不安要素になるかも。甲子園経験校で言えば、秋は1回戦敗退だった成田や秋春ともにベスト8に残れなかった習志野は実力もあり不気味な存在になりそうです。早川投手がセンバツの時のようなピッチングを見せるのか、それとも打ち崩すチームが出てくるのか楽しみな大会となりそうです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権千葉大会 組み合わせ

【抽選日】6月17日(金)
【使用球場】千葉県野球場・青葉の森野球場・習志野秋津野球場・船橋市民球場・市川国府台球場・柏の葉公園野球場・ナスパスタジアム・ゼットエーボールパーク・袖ケ浦市営球場・長生の森公園野球場・QVCマリンフィールド
【入場料金】大人600円・中高生100円

【1回戦】
7/12 千葉日大一 2-1 八街
7/12 長狭 1-4 津田沼
7/12 成東 2-3 県千葉
7/12 姉崎 1-2 東邦大東邦
7/12 生浜 2-10 多古
7/12 県松戸 0-10 八千代
7/12 小金 9-5 市川
7/12 佐倉南 0-8 東総工
7/12 二松学舎柏 1-11 敬愛学園
7/12 松戸馬橋 2-1 千葉工
7/12 市柏 4-1 船橋二和
7/12 鶴舞桜が丘 1-11 市原八幡
7/12 四街道北 0-10 横芝敬愛
7/12 薬園台 1-2 翔凜
7/12 昭和学院 4-2 君津商
7/12 白井・船橋豊富(連合) 0-16 我孫子東
7/12 印旛明誠 0-10 成田国際
7/12 流山 1-16 八千代西
7/12 市千葉 1-4 四街道
7/12 茂原 11-1 市川昴
7/12 松戸六実 8-1 麗澤
7/13 千城台 3-10 芝浦工大柏
7/13 柏の葉 13-0 大原
7/13 日大習志野 8-1 沼南高柳
7/12 鎌ケ谷西 5-2 桜林
7/12 流通経大柏 3-2 秀明八千代
7/12 流山南 5-8 八千代東
7/13 野田中央 1-4 志学館
7/12 千葉学芸 11-1 上総
7/12 稲毛 3-6 長生
7/13 磯辺 0-3 検見川
7/13 柏南 4-1 銚子商
7/13 京葉工 1-2 柏陵
7/13 安房 9-1 市川工
7/12 東京学館 4-6 木更津
7/12 流山北 2-1 佐原白楊
7/12 市松戸 3-5 船橋芝山
7/13 市川東 1-8 我孫子
7/12 佐原 7-9 あずさ第一
7/13 一宮商 10-0 佐倉西
7/13 東葛飾 0-2 犢橋
7/13 袖ヶ浦 8-5 茂原樟陽
【2回戦】
7/14 成田 6-5 千葉日大一
7/14 津田沼 7-2 士気
7/14 渋谷幕張 13-1 県千葉
7/13 佐倉 10-0 下総
7/13 九十九里 3-10 日体大柏
7/14 東邦大東邦 2-0 小見川
7/14 習志野 3-0 多古
7/14 八千代 7-4 国分
7/14 千葉敬愛 3-2 小金
7/13 成田西陵 0-10 我孫子二階堂
7/14 船橋 1-3 東総工
7/13 天羽 7-11 昭和秀英
7/13 鎌ケ谷 4-2 船橋啓明
7/14 敬愛学園 6-0 大多喜
7/14 東金商 1-8 松戸馬橋
7/14 市柏 4-14 東京学館浦安
7/14 千葉明徳 10-0 市原八幡
7/14 横芝敬愛 7-2 木更津高専
7/14 行徳 0-9 翔凜
7/13 大綱 0-7 船橋東
7/13 千葉南 2-1 暁星国際
7/13 東京学館船橋 7-0 千葉東
7/14 千葉商 8-0 昭和学院
7/14 我孫子東 1-7 中央学院
7/14 市船橋 5-2 成田国際
7/13 市原 5-7 実籾
7/16 市原中央 6-0 八千代西
7/13 国府台 1-8 拓大紅陵
7/13 松戸向陽 1-8 柏
7/14 四街道 9-1 船橋法典
7/14 浦安南 1-14 茂原
7/14 松戸六実 0-3 千葉黎明
7/16 東海大市原望洋 10-0 芝浦工大柏
7/16 柏の葉 2-1 銚子
7/16 わせがく 0-19 日大習志野
7/14 君津青葉 8-4 清水
7/14 船橋古和釜 4-8 館山総合
7/14 鎌ケ谷西 3-2 関宿
7/16 安房拓心 1-2 流通経大柏
7/16 八千代東 3-1 東金
7/16 専大松戸 4-2 志学館
7/16 東海大浦安 2-1 君津
7/14 沼南 4-5 千葉学芸
7/13 船橋北 7-0 市銚子
7/15 千葉英和 2-3 旭農
7/15 長生 0-1 幕張総合
7/16 東葉 2-9 検見川
7/16 柏南 1-2 木更津総合
7/15 松戸国際 10-6 柏陵
7/15 安房 4-8 柏中央
7/14 流山おおたかの森 4-3 木更津
7/13 富里 7-0 佐倉東
7/13 匝瑳 11-3 明聖
7/13 柏井 3-4 千葉北
7/16 京葉 3-1 流山北
7/16 船橋芝山 3-2 西武台千葉
7/15 八千代松陰 6-5 我孫子
7/16 千葉西 2-8 千葉商大付
7/14 若松 2-5 あずさ第一
7/13 泉 0-17 市川南
7/15 茂原北陵 13-0 市原緑
7/15 一宮商 2-5 成田北
7/15 浦安 9-0 犢橋
7/16 袖ヶ浦 2-5 千葉経大付
【3回戦】
7/17 成田 8-2 津田沼
7/17 渋谷幕張 3-7 佐倉
7/17 日体大柏 1-0 東邦大東邦
7/17 習志野 4-3 八千代
7/17 千葉敬愛 7-0 我孫子二階堂
7/17 東総工 4-1 昭和秀英
7/17 鎌ケ谷 2-4 敬愛学園
7/17 松戸馬橋 2-4 東京学館浦安
7/17 千葉明徳 3-2 横芝敬愛
7/17 翔凜 4-1 船橋東
7/17 千葉南 5-6 東京学館船橋
7/17 千葉商 2-5 中央学院
7/17 市船橋 11-1 実籾
7/17 市原中央 4-7 拓大紅陵
7/17 柏 3-0 四街道
7/17 茂原 0-7 千葉黎明
7/18 東海大市原望洋 7-0 柏の葉
7/18 日大習志野 19-0 君津青葉
7/18 館山総合 12-1 鎌ケ谷西
7/18 流通経大柏 3-1 八千代東
7/18 専大松戸 10-1 東海大浦安
7/18 千葉学芸 3-4 船橋北
7/18 旭農 3-1 幕張総合
7/18 検見川 0-3 木更津総合
7/18 松戸国際 3-2 柏中央
7/18 流山おおたかの森 8-3 富里
7/18 匝瑳 3-0 千葉北
7/18 京葉 0-2 船橋芝山
7/18 八千代松陰 8-1 千葉商大付
7/18 あずさ第一 1-3 市川南
7/18 茂原北陵 10-9 成田北
7/18 浦安 4-6 千葉経大付
【4回戦】
7/19 成田 8-1 佐倉
7/19 日体大柏 0-7 習志野
7/19 千葉敬愛 3-0 東総工
7/19 敬愛学園 0-6 東京学館浦安
7/19 千葉明徳 1-3 翔凜
7/19 東京学館船橋 5-4 中央学院
7/19 市船橋 8-2 拓大紅陵
7/19 柏 0-11 千葉黎明
7/19 東海大市原望洋 11-0 日大習志野
7/19 館山総合 0-7 流通経大柏
7/19 専大松戸 7-0 船橋北
7/19 旭農 0-11 木更津総合
7/19 松戸国際 4-1 流山おおたかの森
7/19 匝瑳 1-6 船橋芝山
7/19 八千代松陰 11-7 市川南
7/19 茂原北陵 1-11 千葉経大付
【5回戦】
7/22 成田 1-3 習志野
7/22 千葉敬愛 0-5 東京学館浦安
7/22 翔凜 1-6 東京学館船橋
7/22 市船橋 6-4 千葉黎明
7/22 東海大市原望洋 10-0 流通経大柏
7/22 専大松戸 3-4 木更津総合
7/22 松戸国際 6-8 船橋芝山
7/22 八千代松陰 0-5 千葉経大付
【準々決勝】
7/23 習志野 4-3 東京学館浦安
7/23 東京学館船橋 1-4 市船橋
7/23 東海大市原望洋 0-1 木更津総合
7/23 船橋芝山 1-6 千葉経大付
【準決勝】
7/25 習志野 1-5 市船橋
7/25 木更津総合 6-5 千葉経大付
【決勝】
7/26 市船橋 2-3 木更津総合
※木更津総合は3年ぶり5回目


◆関東地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【茨城】優勝争いに名乗りを上げてきた石岡一の戦いに注目
⇒【栃木】上位チームの力は拮抗。真岡工や矢板中央もチャンスか
⇒【群馬】桐生第一、前橋育英、健大高崎、樹徳が4強か
⇒【埼玉】急成長の山村学園の戦いに注目!花咲徳栄と浦和学院が軸か
⇒【東東京】秋春の都大会優勝の関東一と準優勝の二松学舎大付がリードか
⇒【西東京】清宮幸太郎擁する早稲田実、2年連続の甲子園なるか
⇒【神奈川】藤平尚真、石川達也を擁する横浜が一歩リードか
⇒【山梨】◎本命は東海大甲府〇対抗は日本航空

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク