高校野球・夏の神奈川予選 藤平尚真、石川達也を擁する横浜が一歩リードか【2016年】

2016年7月10日(日)から開幕する高校野球選手権神奈川大会。昨年は東海大相模が優勝し2年連続10回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

神奈川大会注目校へ
神奈川大会組み合わせへ

2015年秋季神奈川大会

ベスト8に進出したのは桐光学園、横浜隼人、日大高、川崎北、川和、藤沢翔陵、横浜、東海大相模。桐光学園−横浜隼人は、1回表に桐光学園が4点を先制。2回表に2点、4回表にも1点を追加した桐光学園に対し、横浜隼人も4回裏に1点を返しますが、9回表に2点を追加した桐光学園が9-1で勝ちました。

日大高−川崎北は、序盤から得点を重ねた日大高が、終盤の川崎北の反撃を3点で抑えて9-3で勝利。川和−藤沢翔陵は、2回裏に藤沢翔陵が2点を先制すると3回裏に2点を追加。川和も5回表と6回表に1点ずつ返し反撃しますが、終盤突き放した藤沢翔陵が8-2で勝ちました。横浜−東海大相模は、6回を終わって2-1とリードした横浜が7回表に3点、8回表に5点を挙げ10-1の8回コールド勝ち。

準決勝の桐光学園−日大高は、2回表に桐光学園が1点を先制。日大高も4回裏に1点を返し同点としますが、5回表と8回表に追加点を挙げた桐光学園が4-1で勝ち、決勝進出。横浜−藤沢翔陵は、6回までに8点を奪った横浜に対し、藤沢翔陵も4点を返し粘りますが9回表に横浜が一挙6点を奪い勝負あり。14-4で勝った横浜が決勝へコマを進めました。

桐光学園−横浜の決勝戦は、3回裏に横浜が1点を先制。4回裏に1点、6回裏にも2点を追加した横浜が、桐光学園打線に1点も与えず4-0の完封勝ちで優勝しました。横浜と桐光学園は関東大会に出場しましたが、横浜は常総学院(茨城)に1-3、桐光学園は木更津総合(千葉)に1-2で敗れ、ともに初戦敗退となってしまいました。

2016年春季神奈川大会

ベスト8に進出したのは慶應義塾、桐光学園、横浜、東海大相模、横浜隼人、藤沢翔陵、日大高、桐蔭学園。慶應義塾−桐光学園は、1回裏に桐光学園が1点を先制。リードされた慶應義塾は5回表に3点を奪って逆転しますが、6回裏に桐光学園も2点を返し同点に。8回表に慶應義塾が2点を奪って勝ち越し。8回裏に桐光学園も1点を返して詰め寄りますが、5-4で慶應義塾が逃げ切りました。

横浜−東海大相模は、横浜がリードすれば東海大相模が追いつくといった展開で試合が進み、4-4のまま延長戦に。11回表に横浜が1点を挙げて勝ち越しに成功。11回裏の東海大相模の攻撃をしのいだ横浜が5-4で勝ちました。横浜隼人−藤沢翔陵は、3回表に横浜隼人が4点を先制。しかし、藤沢翔陵も小刻みに得点を返し4-4の同点に。追いつかれた横浜隼人は9回表に2点を勝ち越し、勝負あったかと思われましたが9回裏に藤沢翔陵が3点を奪い7-6の逆転サヨナラ勝ち。日大高−桐蔭学園は、初回に3点を先制した日大高が得点を重ね8-0とリード。桐蔭学園も8回裏にようやく3点を返しますが8-3で日大高が勝ちました。

準決勝の横浜−慶應義塾は、1回表に2点を先制した横浜が中盤にも追加点。慶應義塾の反撃を9回裏の1点に抑え5-1で横浜が決勝進出を決めました。藤沢翔陵−日大高は、1回表に藤沢翔陵が3点を先制。1回裏に1点を返した日大高は、3回裏に3点を奪い逆転に成功。しかし、5回表に2点を挙げた藤沢翔陵が再逆転。その後、同点に追いついた日大高が8回裏に4点を奪って9-5で勝ちました。

横浜−日大高の決勝戦は、2回表に1点を先制した横浜が、5回表にも4点を挙げて5-0とリード。日大高も6回裏に1点を返しますが、7回以降も得点を重ねた横浜が11-1で勝ち、秋に続いて優勝しました。横浜と日大高は関東大会に出場。日大高は初戦敗退となってしまいましたが、横浜は勝ち進み決勝進出。決勝では前橋育英(群馬)に1-5で負けてしまいましたが準優勝の好成績を残しました。

東海大相模(私立・相模原市)

昨夏代表校で全国制覇を達成。昨秋、今春ともにベスト8でいずれも横浜に敗れました。秋は1-10でコールド負けを喫しましたが、春は4-5で惜敗。しかし延長戦まで持ち込み上り調子か。得点力は今年もありそうなので北村朋也投手をはじめとする投手陣の出来がポイントとなりそう。昨年のチームと比べると少し見劣りするかもしれませんが3年連続11回目の甲子園と全国2連覇を狙います。

横浜(私立・横浜市)

昨秋、今春とも県大会優勝。ドラフト候補の中でも注目度の高い藤平尚真投手と石川達也投手の2枚看板に、公家響、村田雄大、福永奨選手など攻撃陣のタレントも豊富。ここにコンゴ共和国の父と日本人の母を持ち、怪物と言われる1年生の万波中正選手も加わり選手層は厚い。秋春の県大会は苦しんだ試合も少なく、投打において実力は全国レベル。優勝候補筆頭になりそうです。優勝すれば3年ぶり16回目の甲子園です。

日大高(私立・横浜市)

昨秋ベスト4、今春準優勝。春は決勝で横浜に1-11で完敗しましたが、桐蔭学園や藤沢翔陵に打ち勝つなど決勝までの5試合で奪った得点は42と攻撃力が魅力のチーム。関東大会では関東一(東京)に1-2で敗れ初戦敗退でしたが、森井徹平投手が5安打2失点と好投。投手陣が安定してくれば初の甲子園出場も見えてきそうです。

藤沢翔陵(私立・藤沢市)

昨秋、今春ともにベスト4。強豪校との対戦で失点が多いのは課題になりそうだが、投手陣の出来次第で秋春の成績超えの可能性も。注目選手として名前の挙がっている四番の森山孔介選手のバッティングにも注目です。優勝すれば藤沢商時代以来、43年ぶり2回目の甲子園。

桐光学園(私立・川崎市)

昨秋準優勝、今春ベスト8。秋の大会以降は失点も少ないので、接戦となった試合をどう勝ちきるかがカギになりそう。182cmのサブマリン中川颯投手は注目投手として名前の挙がっている好投手。最近では少なくなってきているアンダースローからの投球も楽しみです。優勝すれば4年ぶり5回目の甲子園出場。

慶應義塾(私立・横浜市)

昨秋は横浜隼人に敗れ2回戦敗退も、今春はベスト4まで進出。得点力は決して高いとは言えないが、木沢尚文投手を中心に投手陣が踏ん張り、接戦に強い印象。得点力がもう少し上がってくれば優勝も見えてくると思われます。優勝すれば8年ぶり18回目の甲子園。

横浜隼人(私立・横浜市)

昨秋、今春ともにベスト8。県内上位の力があるものの2014年の秋季大会から5季連続でベスト8の壁に阻まれています。得意の継投策でこの壁を破ることができれば一気に頂点まで駆け上がる可能性も。まずは確実にベスト8まで進出することが重要となりそうです。優勝すれば7年ぶり2回目の甲子園です。

川崎北(公立・川崎市)

公立校ながら昨秋はベスト8まで進出。しかしここ最近の大会では強豪私立校との対戦で大量失点を許すケースが目立つなど私立の壁に跳ね返されています。優勝までは厳しいかと思われますが、期待の公立校の1校としてどこまで勝ち上がるのか楽しみにしたいです。優勝すれば春夏通じて初の甲子園。

平塚学園(私立・平塚市)

今春は4回戦で敗れはしましたが桐蔭学園と延長13回で2-3と互角の戦いを展開し、上位に食い込む力は十分ありそう。威力のあるストレートを投げ、注目選手としても名前の挙がる高田孝一投手が活躍すれば優勝争いに食い込む可能性もありそうです。優勝すれば18年ぶり2回目の甲子園。

タレントが豊富な横浜を軸に優勝争いか

最激戦区の神奈川大会ではありますが、昨秋、今春のベスト8のうち6校が同じ顔ぶれとなっており上位チームは安定した力を持っていると言えるでしょう。その中でも優勝の最有力候補になりそうなのがプロ注目の藤平尚真投手や石川達也投手を擁する横浜ではないでしょうか。そこに昨夏、全国制覇を達成した東海大相模、日大高、藤沢翔陵、桐光学園などが優勝を争うレベルの高い大会となりそうです。その他にも藤嶺藤沢や武相、相洋、相模原などの戦いにも注目したいです。また、出場機会があるか分かりませんが横浜のスーパー1年生・万波中正選手が活躍すれば話題性も高くなりそうです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権神奈川大会 組み合わせ

【抽選日】6月11日(土)
【使用球場】横浜スタジアム・サーティーフォー保土ヶ谷球場・バッティングパレス相石スタジアムひらつか・大和スタジアム・サーティーフォー相模原球場・横須賀スタジアム・藤沢八部球場・秦野球場・小田原球場・いせはらサンシャインスタジアム・俣野公園横浜薬大スタジアム

【1回戦】
7/10 川崎商 9-5 中央農
7/12 森村学園 2-8 秦野
7/12 高津 0-3 座間
7/12 横須賀総合 6-4 鶴見
7/12 横浜旭陵 1-4 横浜翠嵐
7/12 市ヶ尾 3-0 厚木東
7/12 慶應藤沢 9-19 鎌倉学園
7/12 上鶴間 2-7 アレセイア湘南
7/12 大和南 5-1 海洋科学
7/12 柏陽 7-0 上溝
7/12 日大藤沢 3-0 西湘
7/12 七里ガ浜 5-1 横浜サイエンスフロンティア
7/12 横浜学園 3-7 綾瀬西
7/12 横須賀大津 7-6 新城
7/12 深沢 2-9 住吉
7/12 桜丘 3-4 津久井浜
7/12 上溝南 3-2 旭
7/12 舞岡 7-9 旭丘
7/12 相洋 2-3 秦野曽屋
7/12 麻溝台 3-1 鶴嶺
7/12 横浜桜陽 8-0 大磯
7/13 南 3-4 横浜商
7/13 大和西 3-5 瀬谷西
7/13 神奈川工 4-2 秀英
7/13 湘南学園 7-8 生田
7/13 岸根 2-5 平塚工科
7/13 平塚湘風 4-11 平塚江南
7/13 二宮 3-10 元石川
7/13 神奈川総産 1-7 横須賀学院
7/13 横須賀 11-2 愛川
7/13 サレジオ学院 2-8 向の岡工
7/13 橋本 14-1 伊勢原
7/13 相模原中等教育 6-2 市川崎
7/13 金沢 6-9 山手学院
7/13 城山 5-8 百合丘
7/13 逗子開成 5-2 横浜翠陵
7/13 逗子 12-2 吉田島総合
7/13 三浦学苑 3-0 川崎総合科学
7/13 柏木学園 4-3 鶴見大付
7/13 氷取沢 9-2 大楠
7/13 橘学苑 5-1 磯子
7/14 橘 3-1 湘南台
7/14 相模田名 5-2 新栄
7/14 相模原総合 9-8 霧が丘
7/14 希望ヶ丘 5-11 藤沢清流
7/14 茅ヶ崎北陵 13-4 平塚農
7/14 中大横浜 2-6 横浜平沼
7/14 追浜 2-3 城郷
7/14 藤沢西 8-0 藤沢工科
7/14 足柄 0-9 星槎国際湘南
7/14 厚木西 3-4 茅ヶ崎西浜
7/14 秦野総合 3-3 逗葉
7/16 秦野総合 6-5 逗葉
7/14 有馬 0-9 湘南学院
7/14 厚木北 11-1 大和
7/14 茅ヶ崎 7-0 相原
7/14 横浜商大 6-7 横浜創学館
7/14 関東学院 3-1 麻布大付
7/14 多摩 1-8 湘南
7/14 県商工 10-0 高浜・大井(連合)
7/14 横浜明朋 0-10 伊志田
【2回戦】
7/14 慶應義塾 11-1 川崎商
7/14 海老名 14-1 横浜清陵総合
7/14 金井 7-6 秦野
7/16 県相模原 9-1 座間
7/16 藤嶺藤沢 7-4 横須賀総合
7/16 生田東 2-12 横浜翠嵐
7/16 東 0-11 市ヶ尾
7/16 小田原 3-4 鎌倉学園
7/16 東海大相模 10-0 アレセイア湘南
7/16 瀬谷 8-1 大和南
7/16 荏田 2-6 柏陽
7/16 湘南工大付 1-4 日大藤沢
7/16 川崎北 11-0 七里ガ浜
7/16 厚木 7-6 綾瀬西
7/16 保土ヶ谷 6-7 横須賀大津
7/16 神奈川大付 0-1 住吉
7/16 日大高 11-1 津久井浜
7/16 釜利谷・永谷・三浦臨海・横須賀明光(連合) 0-2 麻生総合
7/16 寒川 2-7 上溝南
7/16 川崎工科 2-0 旭丘
7/16 平塚学園 8-0 秦野曽屋
7/16 港北 0-8 麻溝台
7/16 藤沢総合 0-10 横浜桜陽
7/17 光陵 2-5 横浜商
7/17 桐蔭学園 7-0 瀬谷西
7/17 白山 2-3 神奈川工
7/17 上矢部 4-5 生田
7/17 座間総合 3-2 平塚工科
7/17 武相 1-2 平塚江南
7/17 川和 7-2 元石川
7/17 新羽 2-5 横須賀学院
7/17 県川崎 2-13 横須賀
7/17 横浜 8-0 向の岡工
7/17 横浜立野 1-8 松陽
7/17 横浜緑園総合 0-7 橋本
7/17 横浜栄 0-4 相模原中等教育
7/17 弥栄 6-7 山手学院
7/17 磯子工 5-6 百合丘
7/17 向上 10-0 逗子開成
7/17 戸塚 10-3 逗子
7/17 横浜隼人 6-1 三浦学苑
7/17 法政二 3-2 柏木学園
7/17 金沢総合 5-9 氷取沢
7/17 鎌倉 1-6 橘学苑
7/18 菅 1-0 橘
7/18 横浜南陵 1-7 相模田名
7/18 綾瀬 8-1 相模原総合
7/18 関東六浦 6-9 藤沢清流
7/18 藤沢翔陵 10-3 茅ヶ崎北陵
7/18 山北 7-6 横須賀工
7/18 浅野 5-6 横浜平沼
7/18 横浜緑ヶ丘 7-4 城郷
7/18 光明相模原 2-1 藤沢西
7/18 立花学園 2-4 星槎国際湘南
7/18 相模原青陵 2-13 茅ヶ崎西浜
7/18 麻生 0-2 秦野総合
7/18 桐光学園 7-0 湘南学院
7/18 小田原城北工 1-8 厚木北
7/18 津久井 1-8 茅ヶ崎
7/18 大船 2-11 横浜創学館
7/18 大師 5-3 関東学院
7/18 相模向陽館 0-12 湘南
7/18 大和東 1-8 県商工
7/18 田奈 1-6 伊志田
【3回戦】
7/19 慶應義塾 11-0 海老名
7/19 金井 1-8 県相模原
7/19 藤嶺藤沢 4-1 横浜翠嵐
7/19 市ヶ尾 1-13 鎌倉学園
7/19 東海大相模 7-6 瀬谷
7/19 柏陽 1-7 日大藤沢
7/19 川崎北 2-5 厚木
7/19 横須賀大津 2-5 住吉
7/19 日大高 17-0 麻生総合
7/19 上溝南 0-3 川崎工科
7/19 平塚学園 2-1 麻溝台
7/19 横浜桜陽 1-5 横浜商
7/19 桐蔭学園 10-0 神奈川工
7/19 生田 3-10 座間総合
7/19 平塚江南 9-6 川和
7/19 横須賀学院 9-7 横須賀
7/19 横浜 12-0 松陽
7/19 橋本 2-5 相模原中等教育
7/21 山手学院 8-1 百合丘
7/21 向上 7-0 戸塚
7/22 横浜隼人 12-2 法政二
7/21 氷取沢 1-6 橘学苑
7/22 菅 7-3 相模田名
7/21 綾瀬 4-7 藤沢清流
7/22 藤沢翔陵 3-2 山北
7/21 横浜平沼 3-7 横浜緑ヶ丘
7/22 光明相模原 3-5 星槎国際湘南
7/21 茅ヶ崎西浜 7-1 秦野総合
7/22 桐光学園 4-0 厚木北
7/22 茅ヶ崎 1-4 横浜創学館
7/22 大師 1-3 湘南
7/22 県商工 5-2 伊志田
【4回戦】
7/23 慶應義塾 10-0 県相模原
7/23 藤嶺藤沢 3-4 鎌倉学園
7/23 東海大相模 8-0 日大藤沢
7/23 厚木 3-2 住吉
7/23 日大高 5-2 川崎工科
7/23 平塚学園 3-2 横浜商
7/23 桐蔭学園 11-1 座間総合
7/23 平塚江南 3-1 横須賀学院
7/24 横浜 10-0 相模原中等教育
7/24 山手学院 1-4 向上
7/24 横浜隼人 6-2 橘学苑
7/24 菅 1-2 藤沢清流
7/24 藤沢翔陵 4-2 横浜緑ヶ丘
7/24 星槎国際湘南 2-5 茅ヶ崎西浜
7/24 桐光学園 9-6 横浜創学館
7/24 湘南 6-0 県商工
【5回戦】
7/25 慶應義塾 7-6 鎌倉学園
7/25 東海大相模 11-3 厚木
7/25 日大高 5-3 平塚学園
7/25 桐蔭学園 7-0 平塚江南
7/25 横浜 2-0 向上
7/25 横浜隼人 9-2 藤沢清流
7/25 藤沢翔陵 4-0 茅ヶ崎西浜
7/25 桐光学園 10-3 湘南
【準々決勝】
7/27 慶應義塾 11-2 東海大相模
7/27 日大高 2-7 桐蔭学園
7/28 横浜 16-3 横浜隼人
7/28 藤沢翔陵 2-3 桐光学園
【準決勝】
7/30 慶應義塾 10-5 桐蔭学園
7/30 横浜 8-4 桐光学園
【決勝】
7/31 慶應義塾 3-9 横浜
※横浜は3年ぶり16回目


◆関東地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【茨城】優勝争いに名乗りを上げてきた石岡一の戦いに注目
⇒【栃木】上位チームの力は拮抗。真岡工や矢板中央もチャンスか
⇒【群馬】桐生第一、前橋育英、健大高崎、樹徳が4強か
⇒【埼玉】急成長の山村学園の戦いに注目!花咲徳栄と浦和学院が軸か
⇒【千葉】選抜出場の木更津総合が最有力。成田や習志野も不気味な存在
⇒【東東京】秋春の都大会優勝の関東一と準優勝の二松学舎大付がリードか
⇒【西東京】清宮幸太郎擁する早稲田実、2年連続の甲子園なるか
⇒【山梨】◎本命は東海大甲府〇対抗は日本航空

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク