高校野球・夏の香川予選 センバツ準優勝の高松商と高松商に強い小豆島の2強か【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権香川大会。昨年は寒川が優勝し6年ぶり2回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

香川大会注目校へ
香川大会組み合わせへ

2015年秋季香川大会

ベスト8に進出したのは高松商、高松北、小豆島、大手前高松、寒川、英明、尽誠学園、志度。高松商−高松北は、1回裏に高松北が2点を先制。高松商は6回表に1点を返すと7回表に同点に追いつき8回表には2点を勝ち越し。9回表にも1点を追加した高松商が5-2で勝ちました。小豆島−大手前高松は、3回裏に大手前高松が1点を先制。追いかける小豆島は8回表に1点を返し同点に。9回表も1点を奪い、勝ち越しに成功した小豆島が2-1の接戦を制しました。

寒川−英明は、英明のペースで試合は進み7回を終わって5-0と英明リード。しかし、寒川が8回表に一挙5点を挙げて同点にすると9回表にも2点を奪い勝ち越し。5点差を逆転された英明は9回裏に3点を奪い返し8-7で逆転サヨナラ勝ち。尽誠学園−志度は、2回表に1点を先制した尽誠学園は4回表にも1点を追加。志度も5回裏に1点を返しますが、9回裏にも1点を追加した尽誠学園が3-1で勝利。

準決勝の小豆島−尽誠学園は、小豆島が1点を取れば尽誠学園も1点を返す展開となり2-2の同点で迎えた8回表、2点を勝ち越した小豆島がこのリードを守り切って4-2で勝ちました。高松商−英明は、2回表に高松商が1点を先制。その後は投手戦となり試合は膠着状態に。結局、両チームとも点を奪うことができず1-0で高松商が勝ちました。

小豆島−高松商の決勝戦は、小豆島が2回表に1点を先制。以降、両チーム無得点のまま迎えた9回裏、完封負け寸前の高松商が1点を返して延長戦に。そして延長12回表、小豆島が1点を勝ち越し。これが決勝点となり2-1で勝った小豆島が優勝しました。小豆島と高松商、3位決定戦で勝った英明が四国大会に出場。英明は1回戦敗退。小豆島も初戦の準々決勝で敗れてしまいましたが、21世紀枠で選出され選抜出場。四国大会を制した高松商は明治神宮大会も制し、選抜出場を決めました。

2016年春季香川大会

選抜に出場した高松商と小豆島は春季香川大会には参加せず、四国大会出場決定戦で直接対決し勝った方が四国大会に出場できます。ベスト8に進出したのは英明、丸亀城西、高松北、志度、尽誠学園、丸亀、大手前高松、寒川。英明−丸亀城西は、5回表に英明が1点を先制するも5回裏に丸亀城西も1点を返しすぐさま同点に。追いつかれた英明は7回表に1点を勝ち越すと8回表には5点を奪い7-1。このまま逃げ切った英明が勝ちました。

高松北−志度は、初回に高松北が2点を先制。しかし、そこから志度の猛攻が始まり終わってみれば12-2の6回コールドで志度が圧勝。尽誠学園−丸亀は、5-2と尽誠学園がリードで迎えた7回裏、丸亀が一気に5点を奪い逆転に成功。8回にも追加点を挙げた丸亀が9-6で勝ちました。大手前高松−寒川は、大手前高松が5回表に2点を先制すると最後までこの2点を守り切り2-0で完封勝ち。

準決勝の英明−大手前高松は、大手前高松が3回までに7点を奪い大量リード。英明も中盤以降反撃し、得点を返しますが9-6で大手前高松が勝ちました。志度−丸亀は、1回表に志度が2点を先制。丸亀も1回裏と6回裏に1点ずつ返し同点としますが、7回表に2点を勝ち越し8回にも追加点を挙げた志度が6-2で勝ち、決勝進出を決めました。

大手前高松−志度の決勝戦は、1回裏に志度が1点を先制しましたが4回表、大手前高松が一挙7点のビッグイニングを作り逆転。その後も追加点を重ねた大手前高松が12-3で勝ち、優勝しました。高松商−小豆島の四国大会出場決定戦は、4点のリードを許した高松商は5回表に1点を返しますが、小豆島も6回裏に3点を追加。高松商も9回表に2点を返して意地を見せますが7-3で勝った小豆島が四国大会出場を決めました。

この結果、大手前高松と小豆島が四国大会に出場。小豆島は川之江(愛媛)に1-2で敗れて初戦敗退でしたが、大手前高松は富岡西(徳島)に2-1で勝ち。ベスト4進出。準決勝では高知に1-3で惜しくも負けてしまいました。

寒川(私立・さぬき市)

昨年代表校で昨秋、今春ともにベスト8。秋の大会後、3ヶ月間の対外試合禁止処分を受けてしまいました。処分明けの春の大会では準々決勝で大手前高松に0-2の完封負け。2年連続出場を狙うチームにとっては少し厳しい状況か。優勝すれば2年連続3回目の甲子園。

高松商(公立・高松市)

昨秋の県大会準優勝で四国大会と明治神宮大会で優勝。選抜でも準優勝。選抜の決勝では智辯学園(奈良)に延長戦の末、1-2で敗れてしまい惜しくも優勝は逃しましたが優勝候補筆頭。選抜で好投した浦大輝投手をはじめ安西翼、米麦圭造、植田響介、美濃晃成選手など評価の高い好選手がズラリと並ぶラインナップ。普段通りの実力を発揮すれば春夏連続出場の可能性は十分。ただ一つ気がかりなのは、秋、春ともに小豆島に敗れていることか。小豆島と対戦があった場合、長谷川大矩投手を攻略できるかがカギになりそう。高松商のチャンスマーチであるオフスプリングの『プリティフライ』が再び甲子園に響き渡るのか楽しみです。優勝すれば20年ぶり20回目の夏の甲子園です。

小豆島(公立・小豆島町)

昨秋の県大会優勝で選抜にも21世紀枠で出場。選抜では1回戦で釜石(岩手)に1-2で負けてしまいましたが、その大会で準優勝だった高松商には秋、春の県大会で勝っているように実力は上位で優勝候補の一角。2017年4月からは土庄との統合で小豆島中央に校名変更されるので小豆島として戦う最後の夏。エースの長谷川大矩投手を中心とした守りの野球で夏は初めての甲子園を狙います。

英明(私立・高松市)

昨秋、今春ともにベスト4。秋の四国大会や春の県大会準決勝では序盤に大量失点を許して負けていますが、全体的には2失点以内に抑えている試合が多く、藤井拓海投手を中心とする投手陣の出来がポイントとなりそう。春の大会では4試合で33得点と攻撃力もありますので投打がかみ合えば5年ぶり3回目の甲子園も見えてきそうです。

大手前高松(私立・高松市)

昨秋ベスト8、今春は優勝。秋は準々決勝で小豆島に敗れましたが春は、その小豆島に順位決定戦で勝ってリベンジを果たしています。高松商と小豆島が参加していない中での優勝なので評価は難しいところですが、四国大会では高知相手に1-3と善戦するなど確実に力をつけてきていると思われます。優勝すれば初の甲子園出場です。

尽誠学園(私立・善通寺市)

昨秋ベスト4、今春ベスト8。秋は6試合で8失点と投手陣が安定していましたが春は3試合で15失点。それでもエースで主将の渡辺悠投手は、独特のカーブを投げ前評判も高いので楽しみにしたいです。優勝すれば9年ぶり11回目の甲子園。

志度(公立・さぬき市)

昨秋ベスト4、今春準優勝。春の決勝では大手前高松に大敗を喫してしまいましたが、昨夏から3季連続ベスト8以上で楽しみなチーム。注目選手として名前の挙がっている選手はいませんが、チームワークで志度商時代以来31年ぶり4回目の甲子園を狙います。

選抜出場の高松商と小豆島が一歩リードか

過去5年間は違う学校が優勝し混戦模様の香川大会ですが、今年は春の選抜出場を果たした高松商と小豆島の2校を中心とした戦いとなりそう。優勝の最有力候補はセンバツで甲子園を沸かし、準優勝に輝いた高松商。豊富なタレントを擁し、夏の全国優勝も視野に入っていますが唯一の不安要素は小豆島に連敗していることか。その小豆島はロースコアの接戦を勝ち切る展開が多いので、序盤に大量失点をしないことが重要。この2強に次ぐのが春優勝の大手前高松、英明、志度、尽誠学園あたりか。波乱の大会になることも多い香川大会ですが、今年は高松商と小豆島が勝ち上がりそうな気がします。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権香川大会 組み合わせ

【抽選日】7月1日(金)
【使用球場】レクザムスタジアム・四国コカコーラボトリングスタジアム丸亀
【入場料金】大人500円・中高生200円

【1回戦】
7/10 高松南 0-1 坂出
7/12 高松桜井 3-5 土庄
7/11 高松東 2-11 丸亀
7/11 飯山 0-6 四国学院大香川西
7/10 三本松 6-2 香川中央
7/10 英明 9-2 高松中央
7/10 尽誠学園 10-0 笠田
7/10 多度津 2-0 三豊工
【2回戦】
7/12 大手前高松 2-1 寒川
7/16 坂出 2-3 琴平
7/17 観音寺一 8-4 土庄
7/14 三木 4-8 高松一
7/16 高瀬 1-11 坂出工
7/17 丸亀 2-1 香川高専高松
7/17 高松工芸 0-5 四国学院大香川西
7/14 高松北 0-12 高松商
7/11 志度 5-7 津田
7/14 三本松 2-4 観音寺中央
7/16 高松西 1-5 英明
7/12 高松 2-1 石田
7/12 丸亀城西 6-1 香川高専詫間
7/16 尽誠学園 9-1 坂出商
7/14 善通寺一 1-8 多度津
7/11 藤井 0-1 小豆島
【3回戦】
7/18 大手前高松 3-1 琴平
7/20 観音寺一 6-5 高松一
7/19 坂出工 1-8 丸亀
7/19 四国学院大香川西 1-8 高松商
7/18 津田 1-9 観音寺中央
7/19 英明 14-0 高松
7/20 丸亀城西 4-7 尽誠学園
7/18 多度津 0-3 小豆島
【準々決勝】
7/21 大手前高松 6-3 観音寺一
7/22 丸亀 0-16 高松商
7/22 観音寺中央 10-8 英明
7/21 尽誠学園 7-4 小豆島
【準決勝】
7/24 大手前高松 1-9 高松商
7/24 観音寺中央 3-10 尽誠学園
【決勝】
7/25 高松商 1-5 尽誠学園
※尽誠学園は9年ぶり11回目


◆四国地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【徳島】5年連続の甲子園を狙う鳴門を軸に生光学園、城南の優勝争いか
⇒【愛媛】アドゥワ誠を擁する松山聖陵、初の甲子園出場なるか
⇒【高知】明徳義塾が大本命。高知、土佐、高知商が追いかける展開か

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク