高校野球・夏の徳島予選 5年連続の甲子園を狙う鳴門を軸に生光学園、城南の優勝争いか【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権徳島大会。昨年は鳴門が優勝し4年連続10回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

徳島大会注目校へ
徳島大会組み合わせへ

2015年秋季徳島大会

ベスト8に進出したのは城南、新野、科学技術、生光学園、鳴門、徳島商、小松島西、池田。城南−新野は、新野が2回裏に3点を先制すると3回裏にも1点を追加し4-0に。一方、城南も4回表、7回表に1点ずつを返し2点差で迎えた8回表に2点を奪い4-4の同点。追いつかれた新野は8回裏に2点を挙げて突き放しましたが、粘る城南は9回表に一挙4点を奪い再び逆転。これが決勝点となり8-6で城南が勝ちました。

科学技術−生光学園は、3回裏に2点を先制した生光学園が、科学技術打線に1点も奪われることなく7-0の8回コールド勝ち。鳴門−徳島商は、1回表に鳴門が3点を先制するも1回裏に徳島商が2点を返し1点差に。しかし、その後は鳴門がジワジワと突き放し10-2の7回コールド勝ちを収めました。小松島西−池田は、序盤から池田打線が爆発。小松島西もなんとか1点は返しますが10-1の7回コールドで池田が圧勝しました。

準決勝の池田−城南は、3回裏に2点を先制した城南が4回裏に一挙6点のビッグイニングを作り勝負あり。池田も6回表に1点を返しましたが10-1の7回コールドで城南が決勝に進出しました。鳴門−生光学園は、3回表に鳴門が1点を先制。5回表にも1点を追加した鳴門が2-0とリードで迎えた8回裏、生光学園も1点を返し反撃しますが鳴門投手陣を打ち崩せずゲームセット。2-1で勝った鳴門が決勝に進出を決めました。

鳴門−城南の決勝戦は、鳴門が初回に3点を先制しますが、城南も2回裏と3回裏に1点ずつ返し1点差に。追い上げられた鳴門は4回表に1点を挙げ突き放すと5回表に5点、6回表に2点、7回表に5点と大量得点を挙げて一方的な展開に。16-2で勝った鳴門が優勝しました。鳴門、城南と3位決定戦で勝った池田が四国大会に出場しましたが、残念ながら3校とも初戦敗退に終わってしまいました。

2016年春季徳島大会

ベスト8に進出したのは鳴門、鳴門渦潮、生光学園、徳島北、城南、徳島商、富岡西、徳島市立。鳴門−鳴門渦潮は、1回裏に4点、2回裏にも2点を挙げた鳴門渦潮が6点をリード。鳴門も4回表に1点、5回表に4点を返して1点差で迎えた8回表、鳴門は2点を奪いついに7-6と逆転。しかし、鳴門渦潮も土壇場の9回裏に1点を返して試合は延長戦に。追いつかれた鳴門は10回表に1点を勝ち越し。これが決勝点となって8-7で鳴門が勝ちました。

生光学園−徳島北は、徳島北が2回裏に1点を先制しましたが、3回以降は生光学園のペース。8-1と生光学園がリードで迎えた9回裏に徳島北も2点を返しますが反撃もここまで。8-3で生光学園が勝ちました。城南−徳島商は、5回までに11点を奪った城南が11-3の7回コールド勝ち。富岡西−徳島市立は、3-0と富岡西がリードして迎えた5回裏、徳島市立が一気に3点を返して試合は振り出しに。しかし6回表に3点を奪い勝ち越した富岡西が、その後も得点を重ね10-3で勝ちました。

準決勝の鳴門−生光学園は、4回裏に生光学園が1点を先制。リードされた鳴門は6回表に2点を奪い逆転すると8回表にも2点を追加。9回裏に1点を失ったものの4-2で逃げ切った鳴門が決勝進出を決めました。富岡西−城南は、序盤から取り合い。5-3とリードで迎えた富岡西は6回表に3点を奪い城南を突き放すと8回表にも1点を追加。城南の反撃を許さなかった富岡西が9-3で勝ち、決勝へコマを進めました。

鳴門−富岡西の決勝戦は、初回に1点を先制した鳴門は4回までに6得点。富岡西も3回裏に1点を返しますが、それ以降は得点することができず8-1で勝った鳴門が秋に続いて優勝しました。鳴門と富岡西は四国大会に出場しましたが、ともに初戦敗退で終わっています。

鳴門(公立・鳴門市)

昨年代表校で昨夏から3季連続で県大会優勝。伸びのある球を武器とする左腕の河野竜生投手と140キロ後半の速球が魅力の右腕の中山晶量投手。左右の好投手に加え、秋と春の県大会で見せた打撃の強さで5年連続11回目の甲子園を狙います。春の準々決勝、鳴門渦潮戦で6点ビハインドから逆転勝ちしたように不利な状況に追い込まれても簡単には負けない強さもあり。優勝候補筆頭です。

城南(公立・徳島市)

昨秋準優勝、今春ベスト4。昨夏は決勝まで進出し、惜しくも鳴門に敗れて甲子園出場は叶いませんでしたが実力は県内上位。ただ、秋の決勝の鳴門戦では16失点、春の準決勝の富岡西戦では9失点するなど大敗を喫する試合も。夏の大会までに投手陣が調子を上げてくれば優勝の可能性も十分にありそう。優勝すれば夏は初の甲子園です。

生光学園(私立・徳島市)

昨秋、今春ともにベスト4。秋、春ともに準決勝で鳴門に負けてしまいましたが、スコアは1-2と2-4。どちらの試合でも鳴門を苦しめており、これが自信に繋がれば一気に夏の頂点も見えてくるはずです。長打力と俊足が魅力の武岡大聖選手が野球を始めたのは小学校6年生から。中学1年の時にはカル・リプケン杯世界少年野球大会の日本代表に入り大会MVPも獲得。素晴らしい潜在能力を持つこのスラッガーが大暴れすることができれば春夏通じて初の甲子園も射程圏内。

池田(公立・三好市)

昨秋ベスト4。秋の四国大会では選抜で準優勝だった高松商(香川)を最後まで苦しめ、力のあるところを見せました。しかし、春は初戦で富岡西に0-3で完封負けしており不安要素も。選抜は2014年に出場しましたが夏は1992年を最後に甲子園から遠ざかっています。やまびこ打線復活で24年ぶり10回目の優勝を狙います。

富岡西(公立・阿南市)

昨秋は2回戦敗退でしたが、今春は池田や城南を倒すなど快進撃を見せ準優勝で四国大会にも出場。総合力は未知数ですが、春のような戦いができれば再び上位進出も。四国大会出場で得た自信もプラスされれば楽しみな存在になりそうです。優勝すれば初の甲子園です。

徳島商(公立・徳島市)

昨秋、今春ともにベスト8。接戦をモノにして準々決勝まで勝ち上がるも秋は鳴門に2-10、春は城南に3-11でともに7回コールドで大敗しています。増田将馬選手を軸とする投手陣の踏ん張りが上位に進出するためのポイントとなりそう。優勝すれば5年ぶり24回目の甲子園。

鳴門渦潮(公立・鳴門市)

今春ベスト8。春の準々決勝の鳴門戦では6点リードからまさかの逆転負け。注目選手として名前の挙がっている近藤壱来投手が本来の投球をすることができるかがカギになりそう。鳴門渦潮(鳴門第一と鳴門工が2012年4月に統合)として初の甲子園出場なるか。

板野(公立・板野町)

昨秋は2回戦、今春は1回戦敗退も2年生の森井紘斗投手に注目です。すでに最速144キロをマークし、まだまだ伸びしろのありそうな森井投手は2017年のドラフト候補としても名前が挙がるほどの好素材。有名校ではありませんがアッと驚くような快進撃を期待したいです。優勝すれば初の甲子園。

5年連続の甲子園を狙う鳴門がリードか

左右の好投手を擁し3季連続で県大会を制している鳴門が優勝候補筆頭となりそう。得点力やリードされても逆転できる強さもあり、相手になかなかスキを与えない。その鳴門を追いかけるのが城南と生光学園か。城南は秋の決勝で鳴門に大敗しているので多少の不安は残りますが、生光学園は秋春ともに鳴門に僅差での敗戦。この差を埋めることができれば鳴門の連続出場を阻止できるかも。この3チーム以外では池田や鳴門渦潮、富岡西も力がありそうなので注目したいです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権徳島大会 組み合わせ

【抽選日】6月27日(月)
【使用球場】鳴門オロナミンC球場

【1回戦】
7/10 板野 9-6 名西
7/10 城東 2-3 徳島北
7/14 池田 6-3 海部
7/17 富岡西 8-5 城西
7/18 那賀 10-5 徳島市立
7/18 吉野川 5-18 穴吹
7/18 辻 4-6 小松島
7/14 城南 7-5 徳島商
7/15 小松島西 5-4 阿波
7/15 阿南高専 13-2 阿波西
7/16 城北 1-9 鳴門渦潮
7/16 生光学園 6-1 脇町
7/16 川島 3-4 新野
7/17 阿南工 7-3 徳島科学技術
7/17 城ノ内 11-4 つるぎ
【2回戦】
7/21 鳴門 6-1 板野
7/21 徳島北 11-1 池田
7/23 富岡西 15-1 那賀
7/23 穴吹 1-14 小松島
7/21 城南 12-2 小松島西
7/22 阿南高専 2-9 鳴門渦潮
7/22 生光学園 10-0 新野
7/22 阿南工 10-1 城ノ内
【準々決勝】
7/24 鳴門 5-2 徳島北
7/25 富岡西 9-1 小松島
7/24 城南 1-5 鳴門渦潮
7/25 生光学園 7-0 阿南工
【準決勝】
7/27 鳴門 5-3 富岡西
7/27 鳴門渦潮 4-2 生光学園
【決勝】
7/28 鳴門 2-1 鳴門渦潮
※鳴門は5年連続11回目


◆四国地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【香川】センバツ準優勝の高松商と高松商に強い小豆島の2強か
⇒【愛媛】アドゥワ誠を擁する松山聖陵、初の甲子園出場なるか
⇒【高知】明徳義塾が大本命。高知、土佐、高知商が追いかける展開か

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク