高校野球・夏の福岡予選 梅野雄吾や濱地真澄などドラフト候補の好投手に注目【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権福岡大会。昨年は九州国際大付が優勝し2年連続6回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

福岡大会注目校へ
福岡大会組み合わせへ

2015年秋季福岡大会

ベスト8に進出したのは九産大九州、東筑、小倉、祐誠、福岡大大濠、自由ケ丘、希望が丘、九産大九産。九産大九州−東筑は、九産大九州が2回表に1点を先制すると4回表にも1点を追加。終盤にも得点を重ねた九産大九州が9-0で勝ちました。小倉−祐誠は、投手戦となり両チーム得点を挙げることができず0-0のまま延長戦に。10回表に2点を先制した小倉が2-0の完封勝ち。

福岡大大濠−自由ケ丘は、初回に2点を先制した福岡大大濠が最後まで2点を守り抜いて2-0で勝利。希望が丘−九産大九産は、1回表に希望が丘が2点を先制。1回裏に九産大九産も1点を返しますが、3回表に希望が丘が1点を追加し3-1に。しかし九産大九産もすぐさま反撃し3回裏に2点を返して同点。ここから試合は動かず3-3のまま延長戦に突入。12回裏に1点を勝ち越した九産大九産が4-3でサヨナラ勝ち。

準決勝の九産大九州−小倉は、序盤から小倉打線が爆発し4回までに10得点。九産大九州も5回表に1点、7回表に2点を返しますが10-3の7回コールドで小倉が勝ち、決勝に進出。福岡大大濠−九産大九産は、初回に1点を先制した九産大九産がこの1点を守り抜き1-0の完封勝ち。先発した梅野雄吾投手が福岡大大濠打線に1本のヒットも許さずノーヒットノーランを達成しました。

小倉−九産大九産の決勝戦は、九産大九産が2回裏に1点を先制すると7回裏にも2点を追加。8回まで無安打に抑えられた小倉は9回表に1点を返し意地を見せるも3-1で九産大九産が勝ち、優勝しました。九産大九産と小倉は九州大会に出場。小倉は初戦敗退でしたが九産大九産はベスト8進出。しかし、準々決勝では鹿児島実(鹿児島)に1-13で大敗してしまいました。

2016年春季福岡大会

ベスト8に進出したのは西日本短大付、自由ケ丘、小倉、九産大九州、東筑、福岡工大城東、門司学園、福岡大大濠。西日本短大付−自由ケ丘は、3-0と西日本短大付がリードして迎えた5回裏に自由ケ丘も1点を返し2点差としましたが、6回表に2点を追加し突き放した西日本短大付が5-1で勝ちました。小倉−九産大九州は、0-0で迎えた8回裏に2点を先制した九産大九州が2-0の完封勝ち。

東筑−福岡工大城東は、初回に1点を先制した福岡工大城東が3-1とリードで迎えた6回表に東筑が一気に3点を奪い逆転に成功。このまま4-3で逃げ切った東筑が準決勝進出を決めました。門司学園−福岡大大濠は、6回裏に福岡大大濠が1点を先制。門司学園は最後まで得点を奪えず、1-0で福岡大大濠が勝ちました。

準決勝の九産大九州−西日本短大付は、1回表に九産大九州が2点を先制。西日本短大付は3回裏に1点を返すと5回裏にも1点を返し同点に。さらに7回裏にも1点を挙げ逆転した西日本短大付が3-2で勝ちました。東筑−福岡大大濠は、3回表に東筑が1点を先制するも4回裏に福岡大大濠が1点を返し同点。6回裏に勝ち越し、7回裏にも追加点を挙げた福岡大大濠が3-1の逆転勝ちで決勝進出を決めました。

福岡大大濠−西日本短大付の決勝戦は、福岡大大濠が3回表に1点を先制しましたが4回裏に追いつき、5回裏に勝ち越した西日本短大付が2-1で逃げ切り、優勝しました。3位決定戦は延長の末、九産大九州が3-2で東筑に勝ちました。

西日本短大付、福岡大大濠、九産大九州が九州大会に出場。九産大九州は2回戦で敗退してしまいましたが、西日本短大付と福岡大大濠は決勝に進出。福岡大大濠が7-4で勝ち県大会のリベンジを果たし九州大会を制しました。

九州国際大付(私立・北九州市)

昨年代表校。昨夏の甲子園ではベスト8まで勝ち進みましたが、新チームとなった後の秋季大会、春季大会ではともに5回戦で敗退。秋に比べると得点力が低下しているのが気になり、少し厳しい状況かもしれませんが、身体能力の高い中山竜秀選手らが残っており豊富な経験で3年連続7回目の甲子園を狙います。

九産大九産(私立・筑紫野市)

昨秋の県大会優勝。150キロ近い速球を投げ、ドラフト候補として注目度の高い梅野雄吾投手の出来がカギとなりそう。秋の準決勝、福岡大大濠戦でノーヒットノーランを達成する完璧な投球を見せると、決勝の小倉戦でも8回までノーヒットに抑える圧巻のピッチング。2試合連続ノーヒットノーランこそ逃しましたが能力は抜群。ただ、選抜出場がかかった九州大会準々決勝の鹿児島実(鹿児島)戦では被安打13、13失点で6回コールド負け。1つも負けられないプレッシャーの中で実力を発揮できれば優勝も射程圏内。優勝すれば九州産業時代以来39年ぶり2回目の甲子園です。

福岡大大濠(私立・福岡市)

昨秋ベスト4、今春準優勝で出場した九州大会では見事に優勝を飾っています。エースの濱地真澄投手は140キロ台後半のストレートとキレ味鋭いスライダーなどを武器とするプロ注目のピッチャー。高校通算30本以上の田中力哉選手を中心とする攻撃陣と投打がかみ合えばチーム力では九産大九産より上かも。優勝すれば27年ぶり4回目の甲子園。

九産大九州(私立・福岡市)

昨秋、今春ともにベスト4。エースの岩田将貴投手はストレートは130キロ台ながらスライダーやシンカーなどクセ球を投げる変則左腕。甲子園も経験しており安定感もあります。チームとしての失点も非常に少なく、春の県大会では4試合で完封勝ち。優勝候補の一角として名前も挙がっています。優勝すれば15年ぶり2回目の甲子園です。

西日本短大付(私立・八女市)

昨秋は4回戦で敗退しましたが今春は優勝。出場した九州大会でも準優勝するなど実力は上位。接戦に強く、九州大会を含めた春の大会ではほとんどが3点差以内での勝利。九産大九州や福岡大大濠を倒した春に続き、夏も福岡を制して6年ぶり6回目の甲子園出場を狙います。

小倉(公立・北九州市)

昨秋準優勝で今春もベスト8。同校OBで甲子園でホームランを放った父親を持ち、スラッガーとして注目も集めている土田天洋選手を中心とした攻撃力が魅力のチーム。得点力も非常に高いですが、秋は九産大九産に1-3、春は九産大九州に0-2で敗れており、好投手をいかに攻略するかが課題となりそう。60年ぶり11回目の甲子園出場を決め古豪復活となるか。

東筑(公立・北九州市)

昨秋ベスト8、今春ベスト4。秋は九州国際大付に4-3、春には福岡工大城東に4-3に競り勝ち、敗れた春の準決勝と3位決定戦でも福岡大大濠に1-3、九産大九州に2-3といずれもあと一歩まで追い詰めました。大崩れする試合が少なく、安定しているので対戦相手にとっては嫌な存在になってくるでしょう。優勝すれば20年ぶり6回目の甲子園。

自由ケ丘(私立・北九州市)

昨秋、今春ともにベスト8まで進出し戦力は県内上位クラス。春の大会では昨夏代表の九州国際大付に9-4と快勝。好調を維持したまま夏を迎えることができれば面白い存在になりそう。優勝すれば3年ぶり2回目の甲子園。

梅野雄吾や濱地真澄など好投手が多い福岡を制するのは

今年の福岡は梅野雄吾投手(九産大九産)や濱地真澄投手(福岡大大濠)をはじめ岩田将貴投手(九産大九州)、藤本海斗投手(九州国際大付)など注目の好投手が非常に多くレベルの高い戦いになりそうです。投手だけでなく古川祐大選手(久留米商)、土田天洋選手(小倉)、大塚健司選手(大牟田)、橋本龍二選手(真颯館)など評価の高い野手も多く揃っています。

順当にいけば注目投手がいる九産大九産や福岡大大濠、九産大九州、そして春を制した西日本短大付などの優勝争いになりそうですが、連投の疲れなどが出てくると東筑や小倉、自由ケ丘、祐誠、福岡工大城東、東福岡、福岡第一などにもチャンスがありそうです。どの高校が制するのか想像もつきませんが、熱い戦いになるのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権福岡大会 組み合わせ

【抽選日】6月24日(金)
【使用球場】北九州市民球場・桃園球場・中間球場・大谷球場・筑豊緑地野球場・光陵グリーンスタジアム・春日公園野球場・小郡市野球場・久留米市野球場・大牟田延命球場

【1回戦】
7/10 中村三陽 1-8 三潴
7/10 城南 7-1 久留米学園
7/10 筑紫 2-0 大牟田北
7/10 三池 7-5 福翔
7/10 福岡中央 5-4 純真
7/10 福岡講倫館 1-2 明善
【2回戦】
7/11 飯塚 10-3 小倉東
7/14 東鷹 1-7 近大福岡
7/11 高稜 4-6 嘉穂東
7/14 宇美商 5-18 門司大翔館
7/14 福岡大大濠 3-6 福岡第一
7/14 南筑 3-2 東福岡
7/12 朝倉光陽 1-21 八女
7/14 三潴 8-0 八女農
7/14 希望が丘 7-0 苅田工
7/14 福岡魁誠 2-1 八幡工
7/14 築上西 10-12 嘉穂総合
7/14 戸畑工 14-0 若松商
7/14 祐誠 8-6 朝倉
7/12 春日 2-0 柏陵
7/15 筑陽学園 12-2 大宰府
7/15 城南 2-5 福岡工
7/14 東筑 1-2 小倉工
7/14 青豊 2-6 折尾愛真
7/14 慶成 2-0 稲築志耕館
7/14 玄界 2-13 育徳館
7/15 福岡工大城東 13-3 三池工
7/15 香椎工 2-0 博多
7/14 山門 8-2 福岡農
7/15 筑紫 0-6 福岡舞鶴
7/14 門司学園 14-4 筑豊行橋
7/14 八幡南 9-2 田川
7/15 星琳 10-3 宗像
7/15 中間 4-20 八幡
7/15 九産大九産 6-1 浮羽究真館
7/14 香住丘 4-6 福島
7/15 筑紫台 8-7 福岡
7/15 三池 13-0 大川樟風
7/10 小倉 7-4 小倉商
7/10 北九州市立 6-1 小倉西
7/10 真颯館 4-1 鞍手
7/10 光陵 10-0 古賀竟成館
7/10 沖学園 5-6 筑前
7/10 武蔵台 4-0 ありあけ新世
7/10 小郡 4-8 久留米高専
7/10 浮羽工 1-11 筑紫丘
7/10 常磐 5-0 田川科学技術
7/10 北九州 8-4 小倉南
7/10 折尾 2-1 北筑
7/10 直方 5-3 京都
7/10 九産大九州 12-2 伝習館
7/10 福岡西陵 2-5 柳川
7/14 福岡常葉 2-9 八女工
7/14 輝翔館 2-6 糸島
7/10 九州国際大付 9-2 北九州高専
7/10 大和青藍 4-0 須恵
7/11 若松 2-5 嘉穂
7/10 東筑紫学園 4-6 豊国学園
7/14 西日本短大付 7-0 博多工
7/12 修猷館 10-1 久留米
7/15 三井 6-1 久留米筑水
7/15 福岡中央 6-3 筑紫中央
7/11 自由ヶ丘 15-0 西田川
7/11 戸畑 4-12 東海大福岡
7/11 新宮 2-12 八幡中央
7/11 福岡水産 2-9 鞍手竜徳
7/14 久留米商 0-7 大牟田
7/14 玄洋 6-12 早良
7/14 有明高専 1-20 香椎
7/15 明善 4-7 西南学院
【3回戦】
7/16 飯塚 12-1 近大福岡
7/16 嘉穂東 11-18 門司大翔館
7/17 福岡第一 3-2 南筑
7/17 八女 0-7 三潴
7/16 希望が丘 6-0 福岡魁誠
7/16 嘉穂総合 0-10 戸畑工
7/17 祐誠 8-0 春日
7/17 筑陽学園 13-6 福岡工
7/16 小倉工 13-4 折尾愛真
7/16 慶成 2-3 育徳館
7/17 福岡工大城東 7-2 香椎工
7/17 山門 3-2 福岡舞鶴
7/16 門司学園 4-8 八幡南
7/16 星琳 10-2 八幡
7/17 九産大九産 4-6 福島
7/17 筑紫台 9-2 三池
7/15 小倉 6-2 北九州市立
7/15 真颯館 7-6 光陵
7/16 筑前 8-0 武蔵台
7/16 久留米高専 2-9 筑紫丘
7/15 常磐 2-3 北九州
7/15 折尾 6-4 直方
7/16 九産大九州 5-1 柳川
7/16 八女工 3-0 糸島
7/15 九州国際大付 13-0 大和青藍
7/15 嘉穂 4-7 豊国学園
7/16 西日本短大付 4-1 修猷館
7/16 三井 7-4 福岡中央
7/15 自由ヶ丘 3-1 東海大福岡
7/15 八幡中央 9-10 鞍手竜徳
7/16 大牟田 14-5 早良
7/16 香椎 5-4 西南学院
【4回戦】
7/18 飯塚 11-0 門司大翔館
7/19 福岡第一 12-1 三潴
7/18 希望が丘 8-3 戸畑工
7/19 祐誠 6-3 筑陽学園
7/18 小倉工 7-8 育徳館
7/19 福岡工大城東 10-0 山門
7/18 八幡南 7-11 星琳
7/19 福島 5-2 筑紫台
7/17 小倉 2-4 真颯館
7/18 筑前 4-0 筑紫丘
7/17 北九州 6-1 折尾
7/18 九産大九州 0-1 八女工
7/17 九州国際大付 7-3 豊国学園
7/18 西日本短大付 5-0 三井
7/17 自由ヶ丘 4-1 鞍手竜徳
7/18 大牟田 0-2 香椎
【5回戦】
7/24 飯塚 6-7 福岡第一
7/24 希望が丘 8-12 祐誠
7/25 育徳館 2-5 福岡工大城東
7/25 星琳 10-3 福島
7/22 真颯館 6-5 筑前
7/22 北九州 10-4 八女工
7/23 九州国際大付 8-3 西日本短大付
7/23 自由ヶ丘 9-2 香椎
【準々決勝】
7/27 福岡第一 7-4 祐誠
7/27 福岡工大城東 7-6 星琳
7/26 真颯館 4-1 北九州
7/26 九州国際大付 12-11 自由ヶ丘
【準決勝】
7/29 福岡第一 1-2 福岡工大城東
7/29 真颯館 0-8 九州国際大付
【決勝】
7/30 福岡工大城東 3-4 九州国際大付
※九州国際大付は3年連続7回目


◆九州地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【佐賀】野中翔太、龍野瞳依の佐賀商が優勝候補筆頭か
⇒【長崎】海星、長崎日大、大村工が実力上位か
⇒【熊本】鍛冶舎巧監督率いる秀岳館と村上宗隆の九州学院の一騎打ちか
⇒【大分】注目選手の多い明豊がリードか
⇒【宮崎】富島が初の甲子園切符を手にできるか
⇒【鹿児島】鹿実や樟南が有力もれいめい・太田龍投手に注目
⇒【沖縄】大混戦?八重山や美来工科にも注目

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク