高校野球・夏の佐賀予選 野中翔太、龍野瞳依の佐賀商が優勝候補筆頭か【2016年】

2016年7月9日(土)から開幕する高校野球選手権佐賀大会。昨年は龍谷が優勝し20年ぶり3回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

佐賀大会注目校へ
佐賀大会組み合わせへ

2015年秋季佐賀大会

ベスト8に進出したのは唐津南、塩田工、神埼清明、有田工、佐賀商、佐賀北、鳥栖工、鹿島実。唐津南−塩田工は、塩田工が初回に2点を先制。唐津南も3回表に3点を返し逆転に成功。4回以降はお互いに得点を挙げることができず3-2で唐津南が勝利。神埼清明−有田工は、神埼清明が3回表に2点を先制。無得点が続いた有田工は9回裏に反撃し1点を返すも2-1で神埼清明が逃げ切り勝ち。

佐賀商−佐賀北は、初回に2点を先制しその後も得点を重ねた佐賀商が、佐賀北に反撃のチャンスを与えず11-0の6回コールド勝ち。鳥栖工−鹿島実は、鳥栖工が初回に1点を先制。鹿島実も3回裏に1点を返し同点にすると7回裏に1点を挙げ勝ち越しに成功。ゲームはこのまま動かず2-1で鹿島実が勝ちました。

準決勝の神埼清明−唐津南は、2回までに3点を挙げた神埼清明に対し、唐津南も4回裏と6回裏に1点ずつ返し1点差に。しかし追い上げられた神埼清明はこのまま逃げ切って2-1で勝ち、決勝進出を決めました。佐賀商−鹿島実は、3回裏に鹿島実が2点を先制。追いかける佐賀商は7回表に2点を挙げ同点に。試合は2-2のまま延長戦に入り、迎えた12回表に佐賀商が1点を勝ち越し。これが決勝点となり3-2で佐賀商が勝ちました。

佐賀商−神埼清明の決勝戦は、神埼清明が初回に1点を先制しますが、佐賀商も2回表に1点を返して同点に。5回表に2点を挙げて勝ち越した佐賀商は6回表にも2点を追加。最後までリードを守った佐賀商5-1で勝ち、優勝しました。佐賀商と神埼清明は九州大会に出場しましたがともに初戦敗退でした。

2016年春季佐賀大会

ベスト8に進出したのは佐賀商、多久、鳥栖工、佐賀西、神埼清明、龍谷、佐賀学園、鹿島実、佐賀商−多久と鳥栖工−佐賀西は試合経過が分からなかったので結果のみ。佐賀商は10-0の5回コールド勝ち、鳥栖工は4-2の接戦を制し、それぞれ準決勝に進出しました。

神埼清明−龍谷は、2回裏に3点を先制した龍谷が神埼清明の反撃を4回表の1点だけに抑え3-1で決勝進出を決めました。佐賀学園−鹿島実は、2回表に1点を先制した佐賀学園が6回表に4点、7回表にも2点を追加し7-0に。コールド負け寸前の鹿島実も粘りを見せ7回裏に3点を返しましたが、7-3で佐賀学園が勝ちました。

準決勝の佐賀商−鳥栖工は、6回を終了して2-1と1点リードで迎えた佐賀商が7回表に4点を挙げ突き放すと、8回表にも3点を追加し9-1の8回コールド勝ち。佐賀学園−龍谷は、投手戦となり、両チーム無得点のまま迎えた8回裏に1点を先制した龍谷が逃げ切って1-0の完封勝ちで決勝進出を決めました。

佐賀商−龍谷の決勝戦は、2回表に4点、4回表に2点を奪った佐賀商が6-0とリードしますが、龍谷も4回〜6回の3イニングで6点を返し同点に。7回以降は中盤までの点の取り合いから一転して投手戦に。6-6のまま迎えた延長13回表に1点を勝ち越した佐賀商がこの1点を守り抜き7-6で勝ち、秋に続いて優勝しました。佐賀商は九州大会に出場しベスト8に進出しました。

龍谷(私立・佐賀市)

昨年代表校。昨秋は2回戦敗退も今春は準優勝。いずれの大会でも優勝した佐賀商に僅差で敗れていますので実力は十分あると思われます。池田智浩、石橋優希、北村大空ら昨夏の甲子園を経験した選手が残っているのはプラス材料。失点も少なく優勝候補の一角になるでしょう。優勝すれば2年連続4回目の甲子園。

佐賀商(公立・佐賀市)

昨秋、今春ともに優勝。打撃力がありともに注目選手として名前の挙がっている野中将太選手と龍野瞳依選手が中心となる攻撃陣の破壊力は抜群で春の県大会は5試合で40得点。投手陣が安定してくれば3季連続優勝の可能性も高そう。優勝すれば8年ぶり16回目の甲子園。

神埼清明(公立・神埼市)

昨秋準優勝、今春ベスト8。秋春ともにロースコアの接戦を制して勝ち上がってきましたが、得点力不足の感じがあり暑さの中の連戦で投手陣が踏ん張れるかがカギになりそう。ドラフト候補などに名前が挙がる選手はいませんが総合力で初の甲子園出場を狙います。

鳥栖工(公立・鳥栖市)

昨秋ベスト8、今春ベスト4。春の準決勝、佐賀商戦では6回までは1-2と接戦を展開するも終盤に失点を重ね、終わってみれば1-9のコールド負け。優勝を狙うには佐賀商や龍谷など上位陣との対戦でどれだけ粘り強い戦いができるかが課題となりそう。優勝すれば初の甲子園です。

鹿島実(公立・鹿島市)

昨秋ベスト4、今春ベスト8。秋の準決勝では延長戦で負けましたが、優勝した佐賀商を最後まで苦しめ互角の戦いを展開。失点も少なく、決して多くない得点を投手陣が守り抜きチーム一丸となって初の甲子園出場を目指します。

佐賀学園(私立・佐賀市)

今春ベスト4。昨秋は佐賀北に敗れて初戦敗退でしたが、春は巻き返しを見せベスト4。名前が挙がっている注目選手はいませんが侮れない存在になりそう。1998年、2004年、2010年と6年間隔で甲子園出場を決めており、2016年もこのパターンに当てはまるのか。優勝すれば6年ぶり7回目の甲子園。

唐津南(公立・唐津市)

昨秋はベスト4まで進出し、選抜の21世紀枠県推薦校に選出。秋の準決勝や春の初戦も僅差での敗退。快進撃を見せた秋の県大会のように接戦を確実にモノにできると上位進出の可能性も十分ありそうです。春夏ともに甲子園出場経験はなく初の甲子園を狙います。

佐賀商を龍谷、神埼清明などが追いかける展開か

打撃の評価が高い野中翔太選手と龍野瞳依選手を擁し、秋春の県大会を制覇した佐賀商が優勝候補筆頭になりそう。その佐賀商に秋春の決勝で敗れた神埼清明と龍谷も投手陣が安定しているのでチャンスは十分。初の甲子園出場を狙う鹿島実や唐津南、チーム力としては少し劣るが高評価を得ている伊万里商の緒方隆太投手や鹿島の坂口蒼投手のピッチングにも注目です。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権佐賀大会 組み合わせ

【抽選日】6月23日(木)
【使用球場】みどりの森県営球場・佐賀ブルースタジアム

【1回戦】
7/9 佐賀西 4-2 唐津東
7/9 佐賀北 4-0 唐津工
7/10 致遠館 5-1 佐賀工
7/10 武雄 0-2 敬徳
7/10 唐津西 0-6 伊万里農林
7/10 高志館 4-5 塩田工
7/10 佐賀東 0-1 鳥栖工
7/10 三養基 4-7 神埼
7/12 杵島商 2-2 佐賀農
7/14 杵島商 9-1 佐賀農
【2回戦】
7/14 東明館 5-4 佐賀西
7/12 鳥栖商 3-6 佐賀商
7/14 伊万里商 0-5 佐賀学園
7/14 佐賀北 6-1 白石
7/14 伊万里 2-0 致遠館
7/15 敬徳 9-2 唐津青翔
7/15 太良 0(没収試合)9 鹿島実
7/15 伊万里農林 3-2 有田工
7/15 小城 9-2 塩田工
7/15 唐津南 2-7 鹿島
7/15 龍谷 3-2 鳥栖
7/16 鳥栖工 2-4 早稲田佐賀
7/16 嬉野 0-10 神埼
7/16 厳木 5-9 多久
7/17 神埼清明 10-4 北陵
7/17 杵島商 0-3 唐津商
【3回戦】
7/18 東明館 2-5 佐賀商
7/18 佐賀学園 2-3 佐賀北
7/18 伊万里 8-1 敬徳
7/19 鹿島実 5-7 伊万里農林
7/19 小城 1-6 鹿島
7/19 龍谷 10-0 早稲田佐賀
7/20 神埼 10-0 多久
7/20 神埼清明 3-7 唐津商
【準々決勝】
7/21 佐賀商 9-7 佐賀北
7/22 伊万里 5-1 伊万里農林
7/21 鹿島 4-6 龍谷
7/22 神埼 1-5 唐津商
【準決勝】
7/24 佐賀商 5-2 伊万里
7/24 龍谷(不戦勝で唐津商の勝ち)唐津商
【決勝】
7/25 佐賀商 5-16 唐津商
※唐津商は5年ぶり5回目


◆九州地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【福岡】梅野雄吾や濱地真澄などドラフト候補の好投手に注目
⇒【長崎】海星、長崎日大、大村工が実力上位か
⇒【熊本】鍛冶舎巧監督率いる秀岳館と村上宗隆の九州学院の一騎打ちか
⇒【大分】注目選手の多い明豊がリードか
⇒【宮崎】富島が初の甲子園切符を手にできるか
⇒【鹿児島】鹿実や樟南が有力もれいめい・太田龍投手に注目
⇒【沖縄】大混戦?八重山や美来工科にも注目

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク