高校野球・夏の長崎予選 海星、長崎日大、大村工が実力上位か【2016年】

2016年7月8日(金)から開幕する高校野球選手権長崎大会。昨年は創成館が優勝し初の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

長崎大会注目校へ
長崎大会組み合わせへ

2015年秋季長崎大会

ベスト8に進出したのは島原農、長崎北陽台、鹿町工、長崎日大、長崎北、長崎総科大付、佐世保北、海星。島原農−長崎北陽台は、長崎北陽台が1点を取れば島原農が追いつく展開。2-2で迎えた7回裏、長崎北陽台が1点を勝ち越すと8回裏にも4点を追加。7-2で長崎北陽台が勝ちました。

鹿町工−長崎日大は、初回から7得点のビッグイニングを作った長崎日大のワンサイドゲーム。鹿町工も1点は返しましたが13-1の5回コールドで長崎日大が準決勝へ。長崎北−長崎総科大付は、4回裏に2点を先制した長崎総科大付がその後も得点を重ね8-1の7回コールドで勝利。佐世保北−海星は、4-1と海星リードで迎えた6回裏に海星が2点を追加。8回裏にも2点を追加し8-1の8回コールドで試合終了。

準決勝の長崎総科大付−長崎北陽台は、初回に1点、4回表にも3点を追加した長崎総科大付が長崎北陽台の反撃を1点に抑え、5-1で勝ち決勝進出を決めました。海星−長崎日大は、4-1と海星リードで迎えた9回表に海星が1点を追加し5-1に。粘る海星は9回裏に2点を奪うが反撃もここまで。5-3で逃げ切った海星が決勝進出。

長崎総科大付−海星の決勝戦は、1回裏に海星が9点を奪い一方的な展開に。長崎総科大付も1点を返しますが終わってみれば17-1と海星が圧勝で優勝を決めました。海星と長崎総科大付は九州大会に出場。長崎総科大付は初戦で日南学園(宮崎)に0-11と大敗を喫してしまいましたが、海星は決勝で敗れたものの準優勝で選抜切符を手にしました。

2016年春季長崎大会

選抜に出場した海星は春季長崎大会には出場せず九州大会から出場です。ベスト8に進出したのは大村工、長崎総科大付、清峰、長崎南山、長崎日大、波佐見、佐世保高専、長崎商。大村工−長崎総科大付は、初回に4点を先制した大村工が3回から6回まで毎回得点を積み重ね12-2の6回コールド勝ち。

清峰−長崎南山は、3-3で迎えた5回表に清峰が2点を勝ち越すも、その裏に長崎南山も2点を挙げ5-5の同点に。今度は長崎南山が7回裏に1点を勝ち越すも8回表に清峰が2点を奪い逆転。粘る長崎南山は9回裏に2点を取り8-7でサヨナラ勝ち。長崎日大−波佐見は、5-3と波佐見がリードして迎えた7回表、4点を挙げ逆転に成功した長崎南山が逃げ切って7-5で勝利。佐世保高専−長崎商は、序盤は0-0で進みましたが4回裏に3点を先制した長崎商が7-0で勝ちました。

準決勝の大村工−長崎南山は、序盤から点を取り合い8回を終了して5-5の同点で最終回へ。9回表に一気に4点を挙げた大村工が9-5で勝ち、決勝にコマを進めました。長崎商−長崎日大は、1-1の同点で迎えた5回裏に長崎日大が1点を勝ち越し。長崎商も8回表に1点を返し同点にしましたが9回裏に1点を挙げた長崎日大が3-2でサヨナラ勝ち。

大村工−長崎日大の決勝戦は、1回表に大村工が1点を先制するも、その後逆転に成功した長崎日大が5-2とリードして迎えた7回表に大村工が2点を返し反撃開始。8回表に同点に追いつくと延長10回表に2点を勝ち越し。これが決勝点となり7-5で勝った大村工が優勝しました。

選抜に出場した海星と大村工、長崎日大、長崎南山、長崎商が九州大会に出場。長崎南山と長崎商は初戦敗退でしたが大村工と海星がベスト8、長崎日大がベスト4の結果を残しました。

創成館(私立・諫早市)

昨年代表校。2年連続で甲子園を狙う創成館ですが、昨秋は3回戦で島原農に延長の末敗れ、今春も3回戦で長崎総科大付に1点差で負けるなど苦戦中です。昨夏の甲子園にも出場した三遊間コンビの中島巧喜選手と宇土憲伸郎選手らが経験を活かしたいところ。特に宇土選手は好守と俊足が魅力の注目選手でもあります。優勝すれば2年連続2回目の甲子園。

海星(私立・長崎市)

昨秋の県大会優勝、九州大会でも準優勝し選抜にも出場。選抜では準々決勝で高松商に8-17で大敗しましたが終盤までは接戦を演じており現状では優勝候補筆頭。ミート力に優れた島原勇樹選手を中心とした攻撃陣が実力を発揮すれば春夏連続出場の可能性が高そうです。優勝すれば2年ぶり18回目の甲子園。

大村工(公立・大村市)

昨秋は3回戦敗退も今春は優勝し、九州大会でもベスト8進出。一気に優勝候補の一角に割り込んできました。春の県大会では佐世保実や長崎日大にも勝ち、九州大会でも日南学園(宮崎)を破るなどしており勢いはNo.1かもしれません。失点は少し多めですが得点力が魅力です。優勝すれば初の甲子園となります。

長崎日大(私立・諫早市)

昨秋ベスト4、今春準優勝。春の九州大会でもベスト4の好成績を残し、いい状態で夏を迎えられそうです。経験豊富な馬場健一朗投手がしっかりと試合をつくり、優位な展開で試合を進められれば優勝の可能性も十分あると思われます。優勝すれば6年ぶり10回目の甲子園。

長崎商(公立・長崎市)

今春ベスト4。昨秋は2回戦で長崎日大に0-2で惜しくも敗れましたが実力は上位。投手陣が安定しており失点が少ないのも特徴。ロースコアの接戦をモノにできるかがポイントとなりそう。優勝すれば1987年以来29年ぶり7回目の甲子園。

長崎総科大付(私立・長崎市)

昨秋準優勝、今春ベスト8。秋は大村工や長崎北陽台に、春も創成館に勝つなど力はありそうなチームです。ただ、九州大会も含めた秋冬の敗戦試合はいずれも序盤に大量失点を許し大敗しているように脆い一面も。優勝を狙うには序盤の試合の入り方がカギとなってきそうです。優勝すれば初の甲子園です。

島原農(公立・島原市)

昨秋は波佐見、創成館に競り勝ちベスト8と躍進。今春は3回戦敗退でしたが、秋に見せたような粘り強さを発揮すれば面白い存在になりそうです。春夏ともに甲子園経験はなく初出場を狙います。

長崎西(公立・長崎市)

チームは秋春ともに初戦敗退でしたが、ドラフト候補として名前も挙がっている井崎光次郎選手に注目。肩も強く走攻守の三拍子が揃ったポテンシャルの高い選手。チームがどこまで勝ち上がることができるのかも楽しみです。優勝すれば35年ぶり4回目の甲子園。

海星、長崎日大、大村工が実力上位か

昨秋優勝で選抜に出場した海星を筆頭に秋ベスト4、春準優勝の長崎日大、春優勝の大村工が実力的に一歩リードしている感じです。大村工は甲子園未経験ですが九州大会を経験し、さらなる成長に期待。昨年代表の創成館や長崎総科大付、島原農、長崎商なども力がありそう。170cmと決して大きくはありませんがパワーもある浦里凌平選手がいる九州文化学園の戦いにも注目です。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権長崎大会 組み合わせ

【抽選日】6月17日(金)
【使用球場】長崎県営野球場・佐世保市総合グラウンド野球場
【入場料金】大人500円・高校生200円・試合をしている学校の生徒100円

【1回戦】
7/10 佐世保実 5-12 西陵
7/10 北松西 10-3 島原翔南
7/10 長崎北 8-3 大崎
7/9 諫早東 13-9 上対馬
7/9 壱岐 0-7 島原農
7/9 五島海陽 3-5 佐世保商
7/12 長崎工 2-3 創成館
7/12 平戸 3-4 長崎南
7/13 松浦 3-0 鎮西学院
7/9 上五島 3-2 西海学園
7/12 口加 3-2 西彼杵
7/11 鹿町工 8-12 諫早
7/10 五島 2-6 九州文化学園
7/10 猶興館 18-2 諫早商
7/12 長崎明誠 2-7 佐世保北
7/12 島原中央 1-5 瓊浦
7/9 壱岐商 3-1 島原工
7/14 長崎西 6-4 佐世保西
7/9 川棚 3-1 対馬
7/9 小浜 3-6 長崎東
7/14 国見 10-0 長崎鶴洋
7/14 佐世保高専 4-0 島原
7/14 長崎南山 4-5 佐世保工
7/12 諫早農 3-2 長崎北陽台
7/10 佐世保南 8-3 大村
【2回戦】
7/14 海星 5-0 西陵
7/16 北松西 0-11 長崎北
7/16 諫早東 1-3 島原農
7/16 佐世保商 2-7 創成館
7/15 大村工 11-4 長崎南
7/16 松浦 11-4 上五島
7/15 口加 8-10 諫早
7/15 九州文化学園 8-9 長崎日大
7/15 長崎総科大付 7-0 猶興館
7/16 佐世保北 7-6 瓊浦
7/17 壱岐商 0-4 長崎西
7/15 川棚 2-5 清峰
7/14 波佐見 7-3 長崎東
7/17 国見 6-4 佐世保高専
7/16 佐世保工 5-4 諫早農
7/15 佐世保南 2-6 長崎商
【3回戦】
7/18 海星 2-1 長崎北
7/19 島原農 0-7 創成館
7/19 大村工 2-1 松浦
7/18 諫早 5-19 長崎日大
7/18 長崎総科大付 3-4 佐世保北
7/19 長崎西 0-9 清峰
7/19 波佐見 10-1 国見
7/18 佐世保工 0-4 長崎商
【準々決勝】
7/21 海星 4-6 創成館
7/21 大村工 7-4 長崎日大
7/21 佐世保北 0-10 清峰
7/21 波佐見 1-6 長崎商
【準決勝】
7/23 創成館 3-4 大村工
7/23 清峰 2-3 長崎商
【決勝】
7/24 大村工 0-1 長崎商
※長崎商は29年ぶり7回目


◆九州地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【福岡】梅野雄吾や濱地真澄などドラフト候補の好投手に注目
⇒【佐賀】野中翔太、龍野瞳依の佐賀商が優勝候補筆頭か
⇒【熊本】鍛冶舎巧監督率いる秀岳館と村上宗隆の九州学院の一騎打ちか
⇒【大分】注目選手の多い明豊がリードか
⇒【宮崎】富島が初の甲子園切符を手にできるか
⇒【鹿児島】鹿実や樟南が有力もれいめい・太田龍投手に注目
⇒【沖縄】大混戦?八重山や美来工科にも注目

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク