高校野球・夏の鹿児島予選 鹿実や樟南が有力もれいめい・太田龍投手に注目【2016年】

2016年7月2日(土)から開幕する高校野球選手権鹿児島大会。昨年は鹿児島実が優勝し5年ぶり18回目の甲子園出場を決めましたが2016年度はどのような大会になるのでしょうか。2015年秋季大会、2016年春季大会の振り返りと2016年夏の注目校、組み合わせを見ていきたいと思います。

鹿児島大会注目校へ
鹿児島大会組み合わせへ

2015年秋季鹿児島大会

ベスト8に進出したのは池田、樟南、鹿児島実、れいめい、鹿児島南、大島、尚志館、鹿児島城西。池田−樟南は、池田に1点も与えることなく6-0で樟南が完勝。鹿児島実−れいめいは、5回表に2点先制した鹿児島実に対し、れいめいも6回裏に1点を返して終盤勝負に。8回はお互いに1点ずつ取り合いましたが最後は鹿児島実が逃げ切って2-1で勝利。

鹿児島南−大島は、初回に3点を先制した大島が攻撃の手を緩めず10-0の5回コールド勝ち。尚志館−鹿児島城西は、1回裏に4点を先制したのは鹿児島城西。2回表に尚志館も1点を返しますが、追加点を重ねていった鹿児島城西が8-1の7回コールド勝ち。

準決勝の鹿児島実−樟南は、7回終了時で5-4と1点リードしていた鹿児島実が、8回表に3点、9回表にも1点を追加し樟南を振り切り9-5で勝ち決勝進出を決めました。大島−鹿児島城西は、前の試合で10点を取り勢いに乗る大島打線に1点も与えなかった鹿児島城西が6-0で完勝し、決勝進出を決めました。

鹿児島実−鹿児島城西の決勝戦は、6回表に鹿児島実が2点を先制。先制を許した鹿児島城西もすぐさま6回裏に2点を返し同点に。延長戦も見えてきた9回表、鹿児島実が1点を勝ち越すと、これが決勝点となり3-2で鹿児島実が夏に続いて優勝しました。

ベスト4以上の鹿児島実、鹿児島城西、樟南、大島が九州大会に出場。鹿児島城西と大島は2回戦敗退、樟南も準々決勝で敗退しましたが鹿児島実がベスト4に進出し、今春の選抜切符を手にしました。選抜では優勝した智弁学園(奈良)に2回戦で対戦し1-4と惜敗しています。

2016年春季鹿児島大会

選抜に出場した鹿児島実は春季鹿児島大会には出場せず九州大会から参加しています。ベスト8に進出したのはれいめい、神村学園、鶴丸、鹿児島城西、鹿児島玉龍、樟南、加治木、大島。れいめい−神村学園は初回にれいめいが1点を先制するも、その後は神村学園の打線が爆発。11-1の5回コールドで神村学園が勝ちました。

鶴丸−鹿児島城西は、鹿児島城西が有利に試合を進め一度もリードを許すことなく9-2の7回コールド勝ち。鹿児島玉龍−樟南は、1回裏に樟南が一気に11得点の猛攻を見せ勝負あり。鹿児島玉龍も5回表に1点は返しましたが13-1の5回コールドで樟南が圧勝しました。加治木−大島は、3回裏に大島が2点を先制しましたが5回表に加治木が3点を取り逆転に成功。そのまま逃げ切った加治木が3-2で勝ちました。

準決勝の鹿児島城西−神村学園は、3回までに8得点を挙げた神村学園が鹿児島城西の反撃を許さず9-2で8回コールド勝ち。加治木−樟南は、初回に2点、3回裏にも1点を挙げた樟南がそのまま逃げ切って3-0の完封勝ちで決勝進出を決めました。

神村学園−樟南の決勝戦は、樟南が3-2でリードして迎えた3回表に6得点のビッグイニングを作ると4回表にも3得点。終わってみれば13-4の大差で神村学園が勝ち、優勝しました。選抜に出場した鹿児島実と神村学園、樟南が九州大会に出場しましたが3校とも2回戦敗退となってしまいました。

鹿児島実(私立・鹿児島市)

昨年代表校。昨秋の県大会も制し、センバツにも出場。秋の公式戦で打率6割超えの驚異的な数字を残し、九州大会でも11打数8安打と大当たりだった綿屋樹選手を中心に、選抜にも出場した板越夕桂選手、追立壮輝選手、中村天選手らの打撃陣が活躍すれば最有力候補になりそうです。投手陣の踏ん張りにも注目。優勝すれば2年連続19回目の甲子園。

樟南(私立・鹿児島市)

昨秋ベスト4、今春準優勝の実力校。春の決勝戦では神村学園に4-13と大敗を喫しましたが、決勝までの5試合の失点はわずか1。浜屋将太、畠中優大の両投手と河野勝丸選手や宮下賢選手らを中心とする打撃陣が実力を発揮すれば優勝を狙えそう。優勝すれば3年ぶり19回目の甲子園。

鹿児島城西(私立・日置市)

昨夏準優勝、昨秋準優勝、今春ベスト4と安定した成績を残し戦力は十分。俊足選手も多く、足でかき回し、140km/h超えの平将太投手らがしっかりと抑えれば春夏通じて初の甲子園出場の可能性もありそう。

神村学園(私立・いちき串木野市)

今春優勝校。昨秋の4回戦ではれいめいに2-4で敗れましたが、今春はそのれいめい相手に11-1と圧勝しリベンジに成功。決勝でも樟南に13-4と圧勝しています。ただ、九州大会の初戦の福岡大大濠戦では140km/h前後をコンスタントに投げる内田雅輝投手が打ち込まれ、チームも1-11でコールド負け。投手陣の踏ん張りが課題になってくるかもしれません。優勝すれば4年ぶり4回目の甲子園。

大島(公立・奄美市)

昨秋ベスト4、今春ベスト8。クリーンアップも任されるキャッチャー上原勇人選手は、強肩強打が売りで県内の注目選手の一人でもあります。上原選手の好リードでチームが乗ってくれば上位進出の可能性も。優勝すれば夏は初めての甲子園。

れいめい(私立・薩摩川内市)

昨秋、今春ともにベスト8。県内No.1右腕と言われておりプロ注目選手でもあるのが太田龍投手。190cmの長身から投げ下ろされる直球は140km/h後半で球威もあり楽しみな存在。評判通りの実力を発揮すれば一気に夏の頂点に駆け上がる可能性も。優勝すれば川内実時代以来、36年ぶり2回目の甲子園。

鹿児島情報(私立・鹿児島市)

昨夏は樟南や鹿児島工を破りベスト4まで進出。昨秋、今春は4回戦と3回戦で敗退していますが、昨夏のマウンドも経験し評価も高い、肝付大昌投手の好投に期待。昨年のベスト4を超えることができるかにも注目したいです。優勝すれば初の甲子園出場です。

加治木工(公立・姶良市)

おそらくノーマークであると思われる公立高校。昨秋は2回戦で敗退ですが樟南に0-3、今春も4回戦敗退ながら鹿児島城西に3-4とともに惜敗なのが気になるところです。夏の一発勝負の舞台で金星を挙げるようなことがあれば台風の目になるかもしれません。優勝すれば初の甲子園。

れいめい・太田龍投手に注目

3季連続で甲子園を狙う鹿児島実や樟南、鹿児島城西、神村学園を大島、れいめいなどが追いかける展開になりそうですが、注目したいのは太田龍投手(れいめい)です。太田投手は長身で右腕であることなどから大谷翔平投手(日本ハム)を彷彿させるとの評価もありますが、まだまだ伸びしろがあり未完成のようです。春から夏にかけてに成長し、甲子園に出場できれば一気に注目を集める選手になる可能性もありそうなので要チェックです。

スポンサーリンク

2016年高校野球選手権鹿児島大会 組み合わせ

【抽選日】6月18日(土)
【使用球場】県立鴨池野球場・鴨池市民野球場

【1回戦】
7/2 修学館・特別支援・加世田常潤・鹿児島第一(連合) 3-9 鹿屋農
7/2 曽於 4-2 喜界
7/3 鹿児島南 7-3 加治木工
7/3 鹿児島玉龍 10-3 指宿
7/3 鹿屋 3-7 国分中央
7/3 川薩清修館 11-0 伊佐農林
7/3 川内 5-0 鹿屋工
7/2 ラサール 0-7 鹿児島水産
7/2 志學館 3-10 種子島中央
【2回戦】
7/4 鹿児島実 7-0 奄美
7/4 鹿児島 2-4 枕崎
7/4 霧島 0-7 鹿屋農
7/5 国分 1-7 池田
7/5 薩摩中央 2-3 市来農芸
7/5 曽於 0-10 出水中央
7/6 薩南工 8-7 松陽
7/6 出水商 1-6 加治木
7/6 れいめい 4-1 尚志館
7/7 武岡台 6-11 吹上
7/7 大口 0-18 鹿児島南
7/7 古仁屋 3-10 川辺
7/12 鹿児島中央 3-6 志布志
7/12 鹿児島玉龍 7-8 川内商工
7/12 樟南第二 0-10 甲南
7/15 沖永良部 2-1 鹿児島城西
7/15 神村学園 14-4 蒲生
7/12 明桜館 4-8 種子島
7/12 鶴丸 0-14 国分中央
7/12 鹿児島商 3-1 鹿児島高専
7/7 錦江湾 4-2 出水
7/7 川薩清修館 13-6 串良商
7/7 屋久島 0-7 川内
7/6 鶴翔 1-5 大島
7/6 鹿屋中央 11-0 与論
7/6 鹿児島東・開陽・串木野(連合) 0-7 伊集院
7/5 隼人工 11-1 鹿児島水産
7/5 頴娃 0-8 鹿児島工
7/5 指宿商 9-1 垂水
7/4 種子島中央 3-2 加世田
7/4 徳之島 3-2 出水工
7/4 鹿児島情報 0-5 樟南
【3回戦】
7/15 鹿児島実 6-1 枕崎
7/15 鹿屋農 5-6 池田
7/16 市来農芸 3-17 出水中央
7/16 薩南工 5-2 加治木
7/16 れいめい 7-0 吹上
7/17 鹿児島南 6-5 川辺
7/17 志布志 2-1 川内商工
7/17 甲南 17-7 沖永良部
7/17 神村学園 5-1 種子島
7/17 国分中央 2-5 鹿児島商
7/17 錦江湾 11-0 川薩清修館
7/17 川内 2-1 大島
7/16 鹿屋中央 6-5 伊集院
7/16 隼人工 3-5 鹿児島工
7/15 指宿商 5-3 種子島中央
7/15 徳之島 0-7 樟南
【4回戦】
7/18 鹿児島実 10-3 池田
7/18 出水中央 0-5 薩南工
7/19 れいめい 6-5 鹿児島南
7/19 志布志 4-2 甲南
7/19 神村学園 10-0 鹿児島商
7/19 錦江湾 1-3 川内
7/18 鹿屋中央 4-6 鹿児島工
7/18 指宿商 0-4 樟南
【準々決勝】
7/20 鹿児島実 10-3 薩南工
7/20 れいめい 3-4 志布志
7/21 神村学園 5-6 川内
7/21 鹿児島工 0-2 樟南
【準決勝】
7/23 鹿児島実 10-0 志布志
7/23 川内 3-5 樟南
【決勝】
7/24 鹿児島実 1-1 樟南
7/26 鹿児島実 2-3 樟南
※樟南は3年ぶり19回目


◆九州地区の注目校や組み合わせはコチラ
⇒【福岡】梅野雄吾や濱地真澄などドラフト候補の好投手に注目
⇒【佐賀】野中翔太、龍野瞳依の佐賀商が優勝候補筆頭か
⇒【長崎】海星、長崎日大、大村工が実力上位か
⇒【熊本】鍛冶舎巧監督率いる秀岳館と村上宗隆の九州学院の一騎打ちか
⇒【大分】注目選手の多い明豊がリードか
⇒【宮崎】富島が初の甲子園切符を手にできるか
⇒【沖縄】大混戦?八重山や美来工科にも注目

◆その他の地区はコチラから
高校野球 夏の選手権予選・各地方大会の日程


スポンサーリンク