バレーボール世界最終予選 日本代表男子メンバーの経歴【2016リオ五輪予選】

リオデジャネイロオリンピックの出場権をかけて2016年5月14日から行われるバレーボール世界最終予選(男子は5月28日から)の男子日本代表のエントリーメンバー20人が発表されました。そこで選ばれた20人の経歴を簡単にではありますがまとめてみました。しかし、女子選手に比べて男子選手の情報が思ったより少なかったので微妙な感じになってしまいました。

今回のバレーボール世界最終予選では男子も女子同様にアジア4ヶ国中1位の成績かアジアの1位チームを除く上位3位以内に入ればリオ五輪の出場切符を手にすることができます。日本のFIVB世界ランキングは14位で参加8ヶ国中6位のランキングなので少し厳しい状況になるかもしれませんが、写真集が発売されるなど人気上昇中のNEXT4・石川選手や柳田選手など若手選手と中堅、ベテラン選手が上手くかみ合ってなんとしてもリオ五輪の出場を決めてほしいものです。

全日本男子バレー写真集 龍神NIPPON 

※エントリーメンバー20人の中から選抜された12人〜14人が本大会に出場できます。

※本大会に出場する登録メンバー14人が発表されました。名前の前に☆印がついている選手が登録メンバーです。

☆清水邦広(しみず くにひろ)29歳 背番号1

Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズに所属するウィングスパイカー。福井出身で福井工大福井から東海大に進学。大学時代の2007年に日本代表に初選出され2008年北京オリンピックにも出場しています。パナソニックに入団後はVプレミアリーグでベスト6を5回、スパイク賞を2回、MVP、最高殊勲選手賞、敢闘賞を1回ずつ獲得するなど活躍しています。愛称はゴリでテレビ中継などではサウスポーゴリと言われています。2014年には歌手の中島美嘉さんと結婚しました。

高橋健太郎(たかはし けんたろう)21歳 背番号2

筑波大学に所属するウィングスパイカー。山形出身で米沢中央高校(山形)に進学。中学では野球をしていましたが肘を故障し高校からバレーボールを始めています。2012年には全日本ユース代表に選ばれると2014年には全日本代表に初選出。2020年東京オリンピックの強化指定選手でNEXT4の一員でもあります。

☆永野健(ながの たけし)30歳 背番号3

Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズに所属するリベロ。長崎出身で佐世保南高校から筑波大学に進学。Vプレミアリーグでは新人だった2007-2008シーズンにベストリベロ賞を獲得すると、その後もベストリベロ賞2回、サーブレシーブ賞2回、レシーブ賞1回を受賞するなど活躍。日本代表には2009年に初選出されています。

☆福澤達哉(ふくざわ たつや)29歳 背番号4

Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズに所属するウィングスパイカー。京都出身で洛南高校(京都)から中央大学に進学。大学1年の2005年に日本代表初選出。パナソニック入団後のVプレミアリーグでも新人賞やMVP、ベスト6を獲得しています。

☆富松崇彰(とみまつ たかあき)31歳 背番号5

Vプレミアリーグの東レ・アローズに所属するミドルブロッカー。宮城出身で東北高校(宮城)から東海大学に進学。Vプレミアリーグでは2006-2007シーズンに新人賞、ブロック賞、ベスト6を受賞すると、その後もベスト6とブロック賞を4回ずつ獲得しています。日本代表初選出は2007年。

☆山内晶大(やまうち あきひろ)22歳 背番号6

Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズに所属するミドルブロッカー。愛知出身で名古屋市立工芸高校(愛知)から愛知学院大学に進学。中学までバスケットボールをしており高校からバレーボールを始めています。日本代表初選出は2014年。2020年東京オリンピックの強化指定選手でもありNEXT4の一員でもあります。

☆栗山雅史(くりやま まさし)27歳 背番号7

Vプレミアリーグ・サントリーサンバーズに所属するウィングスパイカー。佐賀出身で佐賀商から専修大学に進学。Vプレミアリーグの下部リーグであるVチャレンジリーグの東京ヴェルディに入団後、サントリーに移籍し現在は主将を務めています。

☆柳田将洋(やなぎだ まさひろ)23歳 背番号8

Vプレミアリーグ・サントリーサンバーズに所属するウィングスパイカー。東京出身で東洋高校(東京)から慶応義塾大に進学。高校時代は全国高等学校バレーボール選抜優勝大会に出場し優勝を経験しています。Vプレミアリーグでは2015-2016シーズンに最優秀新人賞を獲得しています。日本代表に初選出されたのは2013年で2020年東京オリンピックの強化指定選手です。また石川祐希選手らとともにNEXT4の一員として大活躍を期待される選手でもあります。

高橋慎治(たかはし しんじ)35歳 背番号9

Vプレミアリーグ・ジェイテクトSTINGSに所属するセッター。愛媛出身で松山工(愛媛)から松山大に進学。卒業後は旭化成スパーキッズに入団するも廃部となってしまいNECブルーロケッツに移籍。しかしNECも無期限休部となってしまい現在所属のジェイテクトSTINGSに移籍。日本代表初選出は2014年で遅咲きの経験豊富な選手です。

☆深津英臣(ふかつ ひでおみ)25歳 背番号10

Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズに所属するセッター。愛知出身で星城高校(愛知)から東海大に進学。高校時代はインターハイ、国体で優勝、春高バレーでは準優勝。大学時代にも全日本インカレで優勝を経験しています。Vプレミアリーグでは2013-2014シーズンに新人賞を獲得しています。日本代表初選出は2013年。キャラ的にも印象に残る選手です。

スポンサーリンク

☆石川祐希(いしかわ ゆうき)20歳 背番号11

中央大学に所属するウィングスパイカー。愛知出身で星城高校(愛知)から中央大に進学。高校時代は2年連続高校3冠を達成するなど大活躍。大学進学後の2014年に日本代表に初選出されるとNEXT4の一員にも指名され2015年のワールドカップで活躍すると一気にブレイクしスター選手に。2014年12月〜2015年3月にはイタリア・セリエAのモデナに留学し経験も積んでいます。2020年の東京オリンピックの強化指定選手でもあり今後の活躍にも期待したい選手の1人です。2015年のワールドカップ時に石川選手が試合中につけていたネックレスが気になって書いた石川祐希選手がつけているネックレス SEV(セブ)ネックレスの効果や価格は?もよかったらご覧ください。

☆出耒田敬(できた たかし)24歳 背番号12

Vプレミアリーグ・堺ブレイザーズに所属するミドルブロッカー。北海道出身で札幌第一高校(北海道)から筑波大に進学。大学時代はインターン選手としてVプレミアリーグの下部リーグであるチャレンジリーグのつくばユナイテッドSun GAIAに所属し2010-2011シーズンには最優秀新人賞とスパイク賞を受賞しています。2011年に日本代表に初選出され、2014年には2020年東京オリンピックの強化指定選手に選ばれています。

渡辺俊介(わたなべ しゅんすけ)28歳 背番号13

Vプレミアリーグの東レ・アローズに所属するリベロ。北海道出身で深谷高校から順天堂大に進学。2015-2016シーズンから東レ・アローズの主将を務めています。プロ野球・元ロッテの渡辺俊介選手と同姓同名。

☆酒井大祐(さかい だいすけ)34歳 背番号14

Vプレミアリーグ・サントリーサンバーズに所属するリベロ。福島出身で相馬高校(福島)から東海大に進学。大学時代は全日本インカレで優勝1回、準優勝2回、3位1回に貢献。大学卒業後、VプレミアリーグのJTサンダースに入団。2014-2015シーズン終了後に契約満了に伴いJTを退団しサントリーに入団しています。プレミアリーグではサーブレシーブ賞などを受賞しています。日本代表初選出は2004年ですがオリンピックの出場経験はありません。

小野寺太志(おのでら たいし)20歳 背番号15

東海大学に所属するミドルブロッカー。宮城出身で東北高校(宮城)から東海大に進学。身長は202cmあり、2020年の東京オリンピックの強化指定選手にもなっています。日本代表初選出は2015年。

八子大輔(やこ だいすけ)27歳 背番号16

VプレミアリーグのJTサンダースに所属するウィングスパイカー。埼玉出身で深谷高校(埼玉)から東海大に進学。高校時代は春高バレーで2連覇やインターハイ優勝を経験。大学では1年生からレギュラーを獲得し4年生で主将を務めました。日本代表初選出は2009年。

☆関田誠大(せきた まさひろ)22歳 背番号17

Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズに所属するセッター。東京出身で東洋高校(東京)から中央大学に進学。高校時代に春高バレーや大学時代に全日本大学選手権などで優勝しただけでなく中学時代にも全国制覇を経験しています。

☆米山祐太(よねやま ゆうた)31歳 背番号18

Vプレミアリーグの東レ・アローズに所属するウィングスパイカー。埼玉出身で坂戸西高校(埼玉)から日本体育大学に進学。2009年に日本代表に初選出され、世界選手権やワールドカップも経験しています。Vプレミアリーグでは敢闘賞やレシーブ賞を受賞しています。

☆傳田亮太(でんだ りょうた)24歳 背番号19

Vプレミアリーグの豊田合成トレフェルサに所属するミドルブロッカー。長野出身で創造学園高校(長野)から中央大に進学。2015-2016シーズンのVプレミアリーグでは豊田合成の初優勝に貢献し、自らもベスト6を獲得しました。日本代表には今回、初めて選ばれました。

星野秀知(ほしの ひでとも)25歳 背番号20

Vプレミアリーグの東レ・アローズに所属するウィングスパイカー。東京出身で東亜学園(東京)から東海大に進学。高校時代は春高バレー連覇を経験し、東海大に進学後も大学5冠に貢献しています。日本代表初選出は2010年です。

バレーボール世界最終予選 日本代表女子メンバーの経歴【2016リオ五輪予選】
バレーボール世界最終予選の日程とルールは?【2016リオ五輪予選】


スポンサーリンク