2018ワールドカップ(W杯)ロシア大会・各大陸予選の方法(ルール)と現在の状況は?【サッカー】

2018年に開催されるFIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会。本大会出場をかけた各大陸(各地区)の予選が2015年から順次スタートしています。各大陸によって予選の方法(ルール)が違うため、大陸(地区)別に予選の方法(ルール)と現在の状況をまとめてみました。

日本国内では日本の予選の試合や結果以外はあまり報道されることがありません。ワールドカップ本大会はもちろん面白いのですが、予選からの熱い戦いの流れを知っている方がもっと楽しめると思っていますので作ってみました。

多少、見にくい部分もあるかもしれませんが予選の結果などは随時更新していこうと思っていますので、よかったらまたご覧ください。

アジア予選
オセアニア予選
北中米カリブ海予選
アフリカ予選
南米予選
ヨーロッパ予選

スポンサーリンク

アジア予選

アジア予選に参加する国と地域は46で、2018FIFAワールドカップロシア大会への出場枠4.5をかけて2015年3月15日〜2017年10月10日まで戦うことになります。

1次予選
全46チーム中2015年1月のFIFAランキング下位12チームが参加。12チームの中でランキング上位6チームをポット1、下位6チームをポット2とし、ポット1VSポット2の組み合わせを6つ作りそれぞれホームアンドアウェイ方式で試合をします。

●ポット1
インド・スリランカ・イエメン・カンボジア・チャイニーズタイペイ・東ティモール
●ポット2
ネパール・マカオ・パキスタン・モンゴル・ブルネイ・ブータン

勝った6チームが2次予選に進出し、負ければ1次予選敗退となってしまいます。開催期間は2015年3月12日〜3月17日。

◆1次予選結果
インド 2-0 ネパール
ブータン 3-1 スリランカ
イエメン 3-1 パキスタン
カンボジア 4-1 マカオ
チャイニーズタイペイ 2-1 ブルネイ
東ティモール 5-1 モンゴル

※試合結果は2戦合計

インド、ブータン、イエメン、カンボジア、チャイニーズタイペイ、東ティモールは2次予選に進出。

2次予選
1次予選を突破した6チームと残りの34チームの計40チームが参加。2015年4月9日のFIFAランキングの上位から8チームずつをポット1〜ポット5に振り分け。

●ポット1
イラン・日本・韓国・オーストラリア・UAE・ウズベキスタン・中国・イラク
●ポット2
サウジアラビア・オマーン・カタール・ヨルダン・バーレーン・ベトナム・シリア・クウェート
●ポット3
アフガニスタン・フィリピン・パレスチナ・モルディブ・タイ・タジキスタン・レバノン・インド
●ポット4
東ティモール・キルギス・北朝鮮・ミャンマー・トルクメニスタン・インドネシア・シンガポール・ブータン
●ポット5
マレーシア・香港・バングラデシュ・イエメン・グアム・ラオス・カンボジア・チャイニーズタイペイ

ポット1〜ポット5のチームが1チームずつ入った8つのグループ(組)を作り、それぞれのグループでホームアンドアウェイ方式による総当たり戦を行う。

各グループで1位になった8チームと各グループの2位のうち成績上位の4チーム、計12チームが3次予選(最終予選)に進出。勝ち点が並んだ場合は(1)総得失点差(2)総得点(3)当該チーム間の勝ち点(4)当該チーム間の得失点差(5)当該チーム間の得点数(6)当該チーム間のアウェイゴール数(7)中立地での試合の順番で決定されます。

各グループの2位チーム同士の順位決定方法は、各グループでの成績をそのまま比較し勝ち点で並んだ場合は(1)得失点差(2)得点数(3)中立地での一発勝負の順番で決定されることになっています。

※グループFのインドネシアが除外処分となり、各グループ2位同士の順位決定方式に変更がありました。グループFのみ4チームでのリーグ戦となるため、グループF以外のグループ2位チームの成績は対5位チームとの成績を除外して比較することになりました。

2次予選の開催期間は2015年6月11日〜2016年3月29日。

◆2次予選結果

グループA 勝点
サウジアラビア 6 2 0 +24 20
UAE 5 2 1 +21 17
パレスチナ 3 3 2 +16 12
マレーシア 1 1 6 -27 4
東ティモール 0 2 6 -34 2

※サウジアラビア、UAE(アラブ首長国連邦)は3次予選(最終予選)進出

グループB 勝点
オーストラリア 7 0 1 +25 21
ヨルダン 5 1 2 +14 16
キルギス 4 2 2 +2 14
タジキスタン 1 2 5 -11 5
バングラデシュ 0 1 7 -30 1

※オーストラリアは3次予選(最終予選)進出

グループC 勝点
カタール 7 0 1 +25 21
中国 5 2 1 +26 17
香港 4 2 2 +8 14
モルディブ 2 0 6 -12 6
ブータン 0 0 8 -47 0

※カタール、中国は3次予選(最終予選)進出

グループD 勝点
イラン 6 2 0 +23 20
オマーン 4 2 2 +4 14
トルクメニスタン 4 1 3 -1 13
グアム 2 1 5 -13 7
インド 1 0 7 -13 3

※イランは3次予選(最終予選)進出

グループE 勝点
日本 7 1 0 +27 22
シリア 6 0 2 +15 18
シンガポール 3 1 4 0 10
アフガニスタン 3 0 5 -16 9
カンボジア 0 0 8 -26 0

※日本、シリアは3次予選(最終予選)進出

グループF 勝点
タイ 4 2 0 +8 14
イラク 3 3 0 +7 12
ベトナム 2 1 3 -1 7
チャイニーズ
タイペイ
0 0 6 -14 0
インドネシア
※除外処分
0 0 0 0 0

※タイ、イラクは3次予選(最終予選)進出

グループG 勝点
韓国 7 0 0 +24 21
レバノン 3 2 3 +6 11
クウェート 3 1 2 +8 10
ミャンマー 2 2 4 -12 8
ラオス 0 1 6 -26 1

※韓国は3次予選(最終予選)進出

グループH 勝点
ウズベキスタン 7 0 1 +13 21
北朝鮮 5 1 2 +6 16
フィリピン 3 1 4 -4 10
バーレーン 3 0 5 0 9
イエメン 1 0 7 -15 3

※ウズベキスタンは3次予選(最終予選)進出

3次予選(最終予選)
2次予選を勝ち抜いた12チームがワールドカップ本大会の出場権をかけて争う。12チームを2016年4月7日発表のFIFAランキング上位から2チームずつ6つのポットに振り分け。

●ポット1
イラン・オーストリア
●ポット2
韓国・日本
●ポット3
サウジアラビア・ウズベキスタン
●ポット4
UAE・中国
●ポット5
カタール・イラク
●ポット6
シリア・タイ

ポット1〜6のそれぞれ1チームずつが入った2つのグループ(組)を作り、それぞれのグループでホームアンドアウェイ方式による総当たり戦を行う。

各グループの2位以内、計4チームはワールドカップ本大会の出場権を獲得。各グループの3位チームは大陸間プレーオフの出場権をかけた4次予選(アジア地区プレーオフ)にまわることになります。

勝ち点で並んだ場合は(1)総得失点差(2)総得点(3)当該チーム間の勝ち点(4)当該チーム間の得失点差(5)当該チーム間の得点数(6)当該チーム間のアウェイゴール数(7)中立地での試合の順番で決定されます。

3次予選(最終予選)の開催期間は2016年9月1日〜2017年9月5日となっています。

3次予選(最終予選)順位表(2017年6月12日現在)

グループA 勝点
イラン 6 2 0 +8 20
韓国 4 1 2 +2 13
ウズベキスタン 4 0 4 0 12
シリア 2 2 3 -1 8
中国 1 2 4 -4 5
カタール 1 1 5 -5 4

※イランはワールドカップ出場決定

グループB 勝点
日本 5 1 1 +9 16
サウジアラビア 5 1 2 +7 16
オーストラリア 4 4 0 +6 16
UAE 3 0 4 -3 9
イラク 1 1 5 -3 4
タイ 0 1 6 -16 1

4次予選(アジア地区プレーオフ)
3次予選(最終予選)で各グループの3位だった2チームがホームアンドアウェイ方式で対戦。第1戦は2017年10月5日、第2戦は10月10日に行われ、勝者は大陸間プレーオフに出場します。

大陸間プレーオフ
4次予選(アジア地区プレーオフ)に勝ったチームは、北中米カリブ海予選4位のチームとワールドカップ本大会の出場権をかけてホームアンドアウェイ方式で対戦します。2017年11月に開催が予定されていますが日にちは未定です。

オセアニア予選

オセアニア予選に参加する国と地域は11で、2018FIFAワールドカップロシア大会への出場枠0.5をかけて2015年8月31日〜2017年10月10日まで戦うことになります。

1次予選
全11チーム中FIFAランキング下位4チーム(アメリカ領サモア、クック諸島、サモア、トンガ)が参加。1回戦総当たりのリーグ戦を行い1位のチームのみ2次予選に進出。開催期間は2015年8月31日〜9月4日。

◆1次予選結果

勝点
サモア 2 0 1 +3 6
アメリカ領サモア 2 0 1 +2 6
クック諸島 2 0 1 +2 6
トンガ 0 0 3 -7 0

サモアは2次予選に進出。

2次予選
1次予選を勝ち抜いたサモアと2次予選から参加の7チームの計8チームによって行われます。ランキング上位の4チームをポット1、下位3チームと1次予選突破のサモアをポット2に振り分けます。

●ポット1
ニュージーランド・ニューカレドニア・タヒチ・ソロモン諸島
●ポット2
バヌアツ・フィジー・パプアニューギニア・サモア

各ポットから2チームずつ入った4チームによるグループ(組)を2つ作り、それぞれのグループで1回戦総当たりのリーグ戦を行う。各チームの3位以内に入った計6チームが3次予選に進出。2次予選の敗退は2チームのみとなっています。開催期間は2016年5月28日〜となっています。

◆2次予選結果

グループA 勝点
パプアニューギニア 1 2 0 +8 5
ニューカレドニア 1 2 0 +7 5
タヒチ 1 2 0 +4 5
サモア 0 0 3 -19 0

※パプアニューギニア、ニューカレドニア、タヒチは3次予選進出。

グループB 勝点
ニュージーランド 3 0 0 +8 9
ソロモン諸島 1 0 2 -1 3
フィジー 1 0 2 -2 3
バヌアツ 1 0 2 -5 3

※ニュージーランド、ソロモン諸島、フィジーは3次予選進出。

3次予選(最終予選)
2次予選を勝ち抜いた6チームを3チームずつ2つのグループ(組)に分け、それぞれのグループでホームアンドアウェイ方式による総当たり戦を行います。

2次予選の各組2位以内の4チームで行われたOCFネイションズカップ2016の優勝、準優勝チームがシード。準決勝敗退の2チームがポット1。2次予選の各組3位の2チームがポット2に振り分けられます。

●シード
ニュージーランド・パプアニューギニア
●ポット1
ニューカレドニア・ソロモン諸島
●ポット2
フィジー・タヒチ

シード、ポット1、ポット2から1チームずつ入った3チームによるグループ(組)を2つ作り、それぞれのグループで1回戦総当たりのリーグ戦を行う。各グループの1位チームが代表決定戦に進出。開催期間は2016年11月7日〜2017年6月13日となっています。

リーグ戦を終えて勝ち点で並んだ場合は、(1)総得失点差(2)総得点(3)当該チーム間の勝ち点(4)当該チーム間の得失点差(5)当該チーム間の得点数(6)当該チーム間のアウェイゴール数(7)中立地での試合の順で決定します。

◆3次予選(2017年6月12日現在)

グループA 勝点
ニュージーランド 3 1 0 +6 10
ニューカレドニア 1 2 1 -1 5
フィジー 0 1 3 -5 1

※ニュージーランドは代表決定戦進出

グループB 勝点
タヒチ 2 0 2 +3 6
ソロモン諸島 2 0 1 -1 6
パプアニューギニア 1 0 2 -2 3

代表決定戦
3次予選の各組1位の2チームが対戦。勝者が大陸間プレーオフに進出します。

大陸間プレーオフ
代表決定戦を勝ち抜いた1チームはワールドカップ本大会の出場権をかけて南米予選5位のチームとホームアンドアウェイ方式で対戦します。開催期間は2017年11月に予定されていますが日にちは未定です。オセアニアのチームが負けるとオセアニア地区の本大会出場チームは0となってしまいます。

北中米カリブ海予選

北中米カリブ海予選に参加する国と地域は35で、2018FIFAワールドカップロシア大会への出場枠3.5をかけて2015年3月23日〜2017年10月10日まで戦うことになります。

1次予選
北中米カリブ海地区35チームの中でFIFAランキング下位の14チーム(22位〜35位)が参加。2チームずつ7つのグループ(組)に分けて、それぞれホームアンドアウェイ方式で対戦。勝者が2次予選に進出します。開催期間は2015年3月23日〜3月31日。

◆1次予選結果
セントクリストファー・ネイビス 12−4 タークス・カイコス諸島
ベリーズ 1-1 ケイマン諸島
キュラソー島 4-3 モントセラト
ドミニカ国 3-2 イギリス領ヴァージン諸島
バルバドス 4-1 アメリカ領ヴァージン諸島
バミューダ諸島 8-0 バハマ
ニカラグア 8-0 アンギラ

※試合結果は2戦合計。ベリーズはアウェイゴール数での勝利。

セントクリストファー・ネイビス、ベリーズ、キュラソー島、ドミニカ国、バルバドス、バミューダ諸島、ニカラグアは2次予選に進出。

2次予選
1次予選を突破した7チームと北中米カリブ海地区の中でランキングが9位〜21位の計20チームが参加。2チームずつ10のグループ(組)に分けて、ホームアンドアウェイ方式で対戦。勝者が3次予選へ進出します。開催期間は2015年5月8日〜5月16日。

◆2次予選結果
カナダ 6-0 ドミニカ国
キュラソー島 1-1 キューバ
アルバ 3-2 バルバドス
ベリーズ 5-1 ドミニカ共和国
エルサルバドル 6-3 セントクリストファー・ネイビス
ニカラグア 4-1 スリナム
グアテマラ 1-0 バミューダ諸島
セントビンセント・グレナディーン 6-6 ガイアナ
アンティグア・バーブーダ 5-4 セントルシア
グレナダ 2-1 プエルトリコ

※試合結果は2戦合計。キュラソー島、セントビンセント・グレナディーンはアウェイゴール数での勝利。

カナダ、キュラソー島、アルバ、ベリーズ、エルサルバドル、ニカラグア、グアテマラ、セントビンセント・グレナディーン、アンティグア・バーブーダ、グレナダは3次予選進出。

3次予選
2次予選を勝ち抜いた10チームと北中米カリブ海地区の中でランキングが7位〜8位の計12チームが参加。2チームずつ6つのグループ(組)に分けて、ホームアンドアウェイ方式で対戦。勝者は4次予選に進出。開催期間は2015年8月31日〜9月8日。

◆3次予選結果
ジャマイカ 4-3 ニカラグア
ハイチ 6-1 グレナダ
カナダ 4-1 ベリーズ
エルサルバドル 2-0 キュラソー島
グアテマラ 2-1 アンティグア・バーブーダ
セントビンセント・グレナディーン 3-2 アルバ

※試合結果は2戦合計。

ジャマイカ、ハイチ、カナダ、エルサルバドル、グアテマラ、セントビンセント・グレナディーンは4次予選進出。

4次予選
3次予選を突破した6チームと北中米カリブ海地区の中でランキングが1位〜6位の計12チームが参加。4チームずつの3グループ(組)に分けて、ホームアンドアウェイ方式で総当たりのリーグ戦を行う。各グループの上位2チーム、計6チームが5次予選に進出。開催期間は2015年11月9日〜2016年9月6日。

リーグ戦を終えて勝ち点で並んだ場合は、(1)総得失点差(2)総得点(3)当該チーム間の勝ち点(4)当該チーム間の得失点差(5)当該チーム間の得点数(6)当該チーム間のアウェイゴール数(7)中立地での試合の順で決定します。

◆4次予選結果

グループA 勝点
メキシコ 5 1 0 +12 16
ホンジュラス 2 2 2 0 8
カナダ 2 1 3 -3 7
エルサルバドル 0 2 4 -9 2

※メキシコ、ホンジュラスは5次予選進出

グループB 勝点
コスタリカ 5 1 0 +8 16
パナマ 3 1 2 +2 10
ハイチ 1 1 4 -2 4
ジャマイカ 1 1 4 -8 4

※コスタリカ、パナマは5次予選進出

グループC 勝点
アメリカ 4 1 1 +17 13
トリニダード
・トバゴ
3 2 1 +4 11
グアテマラ 3 1 2 +7 10
セントビンセント
・グレナディーン
0 0 6 -28 0

アメリカ、トリニダード・トバゴは5次予選進出

5次予選(最終予選)
4次予選を勝ち抜いた6チームが参加。この6チームでホームアンドアウェイ方式の総当たりのリーグ戦を行い、上位3チームが2018FIFAワールドカップロシア大会への出場権を獲得。4位のチームは大陸間プレーオフに進出。開催期間は2016年11月11日〜2017年10月10日。

リーグ戦を終えて勝ち点で並んだ場合は、(1)総得失点差(2)総得点(3)当該チーム間の勝ち点(4)当該チーム間の得失点差(5)当該チーム間の得点数(6)当該チーム間のアウェイゴール数(7)中立地での試合の順で決定します。

5次予選(最終予選)順位表(2017年6月12日現在)

5次予選 勝点
メキシコ 4 1 0 +7 13
コスタリカ 2 2 1 +4 8
アメリカ 2 1 2 +3 7
パナマ 1 3 1 0 6
ホンジュラス 1 1 3 -8 4
トリニダード
・トバゴ
1 0 4 -6 3

大陸間プレーオフ
5次予選4位のチームはワールドカップ本大会の出場権をかけてアジア4次予選(アジア地区プレーオフ)勝者とホームアンドアウェイ方式で対戦。開催期間は2017年11月の予定ですが日にちは未定です。

アフリカ予選

アフリカ予選に参加する国と地域は53で、2018FIFAワールドカップロシア大会への出場枠5をかけて2015年10月5日から戦いが始まります。当初は54チームの参加予定でしたが、元代表監督への給与未払いによりジンバブエが予選から追放されました。

1次予選
アフリカ予選に参加する53チームの中で2015年7月現在、FIFAランキングが下位の26チーム(28位〜53位)が参加。2チームずつ13のグループ(組)に分けて、ホームアンドアウェイ方式で対戦。勝った13チームが2次予選に進出。開催期間は2015年10月5日〜10月13日。

◆1次予選結果
ニジェール 6-0 ソマリア
エチオピア 3-1 サントメ・プリンシペ
タンザニア 2-1 マラウイ
チャド 2-2 シエラレオネ
ナミビア 3-2 ガンビア
ケニア 5-2 モーリシャス
ボツワナ 5-1 エリトリア
マダガスカル 5-2 中央アフリカ
モーリタニア 5-1 南スーダン
ブルンジ 3-0 セーシェル
コモロ 1-1 レソト
リベリア 4-2 ギニアビサウ
ジブチ 1-8 スワジランド

ニジェール、エチオピア、タンザニア、チャド、ナミビア、ケニア、ボツワナ、マダガスカル、モーリタニア、ブルンジ、コモロ、リベリア、スワジランドは2次予選進出。チャド、コモロはアウェイゴール数で勝利。

2次予選
1次予選を突破した13チームとアフリカ地区の中で2015年7月現在、ランキングが上位の27チーム(1位〜27位)の計40チームが参加。2チームずつ20グループ(組)に分けて、ホームアンドアウェイ方式で対戦。勝者となった20チームが3次予選へと駒を進める。開催期間は2015年11月9日〜11月17日。

◆2次予選結果
モザンビーク 1−1 ガボン
トーゴ 0−4 ウガンダ
ブルンジ 4−5 コンゴ民主共和国
スーダン 0−3 ザンビア
モロッコ 2−1 赤道ギニア
ニジェール 0−3 カメルーン
モーリタニア 2−4 チュニジア
ナミビア 0−3 ギニア
エチオピア 4−6 コンゴ共和国
チャド 1−4 エジプト
コモロ 0−2 ガーナ
スワジランド 0−2 ナイジェリア
ボツワナ 2−3 マリ
リベリア 0−4 コートジボワール
マダガスカル 2−5 セネガル
ケニア 1−2 カーボベルデ
タンザニア 2−9 アルジェリア
リビア 4−1 ルワンダ
ベナン 2−3 ブルキナファソ
アンゴラ 1−4 南アフリカ共和国

ガボン、ウガンダ、コンゴ民主共和国、ザンビア、モロッコ、カメルーン、チュニジア、ギニア、コンゴ共和国、エジプト、ガーナ、ナイジェリア、マリ、コートジボワール、セネガル、ガーボベルデ、アルジェリア、リビア、ブルキナファソ、南アフリカ共和国は3次予選進出。ガボンはPK戦4-3で勝利。

3次予選(最終予選)
2次予選を突破した20チームが参加。4チームずつの5グループ(組)に分けて、それぞれのグループでホームアンドアウェイ方式の総当たり戦を行う。3次予選に進出した20チームを2016年6月8日発表のFIFAランキング上位から5チームずつ4つのポットに振り分け。

●ポット1
アルジェリア・コートジボワール・ガーナ・セネガル・チュニジア
●ポット2
カーボベルデ・エジプト・コンゴ民主共和国・ナイジェリア・マリ
●ポット3
カメルーン・モロッコ・ギニア・南アフリカ共和国・コンゴ共和国
●ポット4
ウガンダ・ブルキナファソ・ザンビア・ガボン・リビア

ポット1〜4からそれぞれ1チームずつ入った5つのグループ(組)を作り、それぞれのグループでホームアンドアウェイ方式の総当たり戦を行う。

各グループ1位の計5チームが2018FIFAワールドカップロシア大会への出場権を獲得。開催期間は2016年10月7日〜2017年11月6日。

リーグ戦を終えて勝ち点で並んだ場合は、(1)総得失点差(2)総得点(3)当該チーム間の勝ち点(4)当該チーム間の得失点差(5)当該チーム間の得点数(6)当該チーム間のアウェイゴール数(7)中立地での試合の順で決定します。

◆3次予選(最終予選)順位表(2017年6月12日現在)

グループA 勝点
コンゴ民主共和国 2 0 0 +5 6
チュニジア 2 0 0 +3 6
ギニア 0 0 2 -3 0
リビア 0 0 2 -5 0

グループB 勝点
ナイジェリア 2 0 0 +3 6
カメルーン 0 2 0 0 2
ザンビア 0 1 1 -1 1
アルジェリア 0 1 1 -2 1

グループC 勝点
コートジボワール 1 1 0 +2 4
ガボン 0 2 0 0 2
モロッコ 0 2 0 0 2
マリ 0 1 1 -2 1

グループD 勝点
ブルキナファソ 1 1 0 +2 4
南アフリカ共和国 1 1 0 +1 4
セネガル 1 0 1 +1 3
カーボベルデ 0 0 2 -4 0

グループE 勝点
エジプト 2 0 0 +3 6
ウガンダ 1 1 0 +1 4
ガーナ 0 1 1 -2 1
コンゴ共和国 0 0 2 -2 0

南米予選

南米予選には10ヶ国が参加し、2018FIFAワールドカップロシア大会への出場枠4.5をかけて2015年10月8日〜2017年10月10日に行われます。

参加10チームによるホームアンドアウェイ方式の総当たり戦を行い、上位4チームがワールドカップ本大会への出場権を獲得。5位のチームは大陸間プレーオフに進むことになります。

リーグ戦において勝ち点が並んだ場合は、(1)総得失点差(2)総得点(3)当該チーム間の勝ち点(4)当該チーム間の得失点差(5)当該チーム間の得点数(6)当該チーム間のアウェイゴール数(7)中立地での試合の順に決定されます。

◆南米予選順位表(2017年6月12日現在)

勝点
ブラジル 10 3 1 +25 33
コロンビア 7 3 4 +3 24
ウルグアイ 7 2 5 +10 23
チリ 7 2 5 +5 23
アルゼンチン 6 4 4 +1 22
エクアドル 6 2 6 +2 20
ペルー 5 3 6 -1 18
パラグアイ 5 3 6 -8 18
ボリビア 3 1 10 -20 10
ベネズエラ 1 3 10 -17 6

※ブラジルはワールドカップ出場決定

大陸間プレーオフ
南米予選5位のチームはオセアニア予選1位のチームとワールドカップ本大会の出場権をかけてホームアンドアウェイ方式で対戦します。開催期間は2017年11月の予定となっていますが、日にちは未定です。

ヨーロッパ予選

ヨーロッパ予選に参加する国と地域は52で、2018FIFAワールドカップロシア大会の出場枠13をかけて2016年9月4日〜2017年11月14に行われます。

グループリーグ
ヨーロッパ予選に参加する52チームを2015年7月現在のFIFAランキング上位チームから順にポット1〜ポット6に振り分けます。

●ポット1
ドイツ、ベルギー、オランダ、ポルトガル、ルーマニア、イングランド、ウェールズ、スペイン、クロアチア
●ポット2
スロバキア、オーストリア、イタリア、スイス、チェコ、フランス、アイスランド、デンマーク、ボスニア・ヘルツェゴビナ
●ポット3
ウクライナ、スコットランド、ポーランド、ハンガリー、スウェーデン、アルバニア、北アイルランド、セルビア、ギリシャ
●ポット4
トルコ、スロベニア、イスラエル、アイルランド、ノルウェー、ブルガリア、フェロー諸島、モンテネグロ、エストニア
●ポット5
キプロス、ラトビア、アルメニア、フィンランド、ベラルーシ、マケドニア、アゼルバイジャン、リトアニア、モルドバ
●ポット6
カザフスタン、ルクセンブルク、リヒテンシュタイン、ジョージア、マルタ、サンマリノ、アンドラ

ポット1〜ポット6のチームが1チームずつ入った9つのグループ(組)を作り、それぞれのグループでホームアンドアウェイ方式による総当たり戦を行う。(ポット6は2チーム少ないため、6チームのグループ7つと5チームのグループ2つになります)

各グループ(組)の1位チーム、計9チームは2018FIFAワールドカップロシア大会の出場権を獲得。各グループ2位チームのうち成績上位の8チームはプレーオフへと進む。開催期間は2016年9月4日〜2017年10月10日。

グループリーグで勝ち点が並んだ場合は(1)総得失点差(2)総得点(3)当該チーム間の勝ち点(4)当該チーム間の得失点差(5)当該チーム間の得点数(6)当該チーム間のアウェイゴール数(7)中立地での試合の順で決定されます。

プレーオフ進出チームを決定する各2位チーム同士の順位決定方法は、6チームで争うグループA〜Gは最下位チームとの対戦成績を除外したもの。5チームで争うグループHとIは全成績が対象。各グループ2位の9チームで比較し、上位8チームはプレーオフに進出。

◆グループリーグ順位表(2017年6月12日現在)

グループA 勝点
スウェーデン 4 1 1 +8 13
フランス 4 1 1 +6 13
オランダ 3 1 2 +7 10
ブルガリア 3 0 3 -3 9
ベラルーシ 1 2 3 -7 5
ルクセンブルク 0 1 5 -11 1

グループB 勝点
スイス 6 0 0 +9 18
ポルトガル 5 0 1 +19 15
ハンガリー 2 1 3 +1 7
フェロー諸島 1 2 3 -8 5
アンドラ 1 1 4 -11 4
ラトビア 1 0 5 -10 3

グループC 勝点
ドイツ 6 0 0 +26 18
北アイルランド 4 1 1 +9 13
チェコ 2 3 1 +4 9
アゼルバイジャン 2 1 3 -6 7
ノルウェー 1 1 4 -4 4
サンマリノ 0 0 6 -29 0

グループD 勝点
セルビア 3 3 0 +6 12
アイルランド 3 3 0 +4 12
ウェールズ 1 5 0 +4 8
オーストリア 2 2 2 +1 8
ジョージア 0 3 3 -4 3
モルドバ 0 2 4 -11 2

グループE 勝点
ポーランド 5 1 0 +8 16
モンテネグロ 3 1 2 +7 10
デンマーク 3 1 2 +4 10
ルーマニア 1 3 2 0 6
アルメニア 2 0 4 -7 6
カザフスタン 0 2 4 -12 2

グループF 勝点
イングランド 4 2 0 +8 14
スロバキア 4 0 2 +8 12
スロベニア 3 2 1 +3 11
スコットランド 2 2 2 -1 8
リトアニア 1 2 3 -5 5
マルタ 0 0 6 -13 0

グループG 勝点
スペイン 5 1 0 +19 16
イタリア 5 1 0 +14 16
アルバニア 3 0 3 -1 9
イスラエル 3 0 3 -3 9
マケドニア 1 0 5 -6 3
リヒテンシュタイン 0 0 6 -23 0

グループH 勝点
ベルギー 5 1 0 +22 16
ギリシャ 3 3 0 +7 12
ボスニア・
ヘルツェゴビナ
3 2 1 +8 11
キプロス 2 1 3 -4 7
エストニア 1 1 4 -12 4
ジブラルタル 0 0 6 -21 0

グループI 勝点
クロアチア 4 1 1 +9 13
アイスランド 4 1 1 +3 13
トルコ 3 2 1 +5 11
ウクライナ 3 2 1 +4 11
フィンランド 0 1 5 -6 1
コソボ 0 1 5 -13 1

プレーオフ
各グループ2位チームのうち成績上位の8チームが参加。2チームずつの4グループ(組)に分け、ホームアンドアウェイ方式で対戦。勝者はワールドカップ本大会の出場権を獲得。


スポンサーリンク